夜を駆け抜けろ! Entry : 古いPC設置・PC-9821Xa12編②

« 委員会でいいんかい | MainPage | 疲れましたが何か? »


古いPC設置・PC-9821Xa12編②

さぁて、この前の続きですよっと。
PC-9821の復活劇ですが、とにかくFDDの復活がキモですので、何とか汁。
ということで、溜め込んでいたジャンクパーツを漁ってみました。
すると、9821用の3.5InchFDDが、三つほど出てきました^^;
9821用3.5InchFDD・裏から見たところ
いつの間に保守用部品を買っていたんだろう…。
まぁこれはこれで故障対策にはなっていますので、問題ないかと。

問題は、FDを読み込まないことです。
画面にはFDを認識している様子があるのですが、どうも動作がおかしい。
色々サイトで調べてみると、取り敢えずヘッドをクリーニングしろとのことでしたので、早速3.5FDD用のクリーナーを買いに行きました。
昨日はこの買い物をしてから帰ってすぐリペアしようと息巻いてたのですが…。

…。

どこも売ってねぇYO(゚д゚;)!

時代の流れか、データの移動はUSBメモリに主役を奪われ、FDなんて使う人なんてもういないのね。
(´・ω・`)ションボリして帰ってきましたが、いろいろ実験してよくよく考えてみると予備のFDDでも同じ症状が出やがります。
これは…FDDコントローラの故障ですか?
…その割にはドライバも読み込んでるし、デバイスとして認識はしているようです。
そうなると…コントローラからドライブの間の問題かな?
ということで、ケーブルを確認。

何の変哲もないFD用ケーブルです。
NEC純正のものですが、特にコネクタにはケーブル抜けなどの問題はないようですし、マザーボードとFD本体のコネクタピンも特に折れなどはなさそうです。
FDD本体とケーブル
では何故…?

ここで何ヶ月に一回かのヤマカンが発動しました!
FDとケーブルの接続部には、向きを誤って差し込まないように、切り欠きとでっぱりがあるのですが…
切り欠きとでっぱり

ええい、試しに逆に差し込んでやれ!とご無体なことをやってしまいました。
上下対称の形ですので、問題なく差し込めます。

これで電源入れて、煙噴いたら笑うやろなぁ…と思いながらスイッチON。
一応文句は言わずに動くようです。
…あら^^;正常な動作をしやがりますね(゚д゚ )
正常に認識
FDの中身もちゃんと読んでおりますし、書き込みも出来るようです。

という訳で、切り欠きがあってもそれを無視して上下逆に設置せよというNECの陰謀によって、数日の時間が失われた訳です^^^^^^;;;;;;
試しにFDからMS-DOSを起動してみるぞ(#゚Д゚) ゴルァ!!
DOS画面起動OK!
まぁDOSと言っても純粋なMS-DOSではなく、Windows95の起動ディスクですけどね^^;
取り敢えずdirコマンドでも…
dirコマンド実行
おっおっおっ、懐かしのconfig.sysやautoexec.batが出てきましたね。
ということは…上手くいったようですね。
一件落着…orz

昔はデバイスを組み込むためにconfig.sysをいじったり、起動のオプションを付け加えるのにautoexec.batを書き換えたりしたものですが、ほんと最近のPCは楽になったもんですねぇ。
…こういう感慨を持つということは、やはりオサーンの証ですかwwwww


≪追記≫
そうそう、ネットで調べてみたら、恐ろしいことにこんなお店もあるのね。
いまだにNEC98シリーズを使っている人は多いんやなぁ。
ある意味感心し、ある意味呆れましたが^^;
足らんパーツがあったら、買ってみようかな…でも…高いな…orz


≪Trackback≫

このエントリーのトラックバックURL:





コメントを投稿