夜を駆け抜けろ! 2008年05月 Archives

« 2008年04月 | Main Page | 2008年06月 »

2008年05月31日

鯖移動・最終形

ついにケーブル敷設が完了しました。

わ、忘れてた訳じゃないんだからねっ!
ほんのちょっと、他の作業してただけなのよっ!

…ツンデレは置いといて、結局書斎…既にPC部屋と化しておりますが…にあるPCのために、16PortsのGigabit Hubを追加することになりました^^^^^^;;;;;;
19インチラックに収まった、小サーバ群
このため、LANケーブルが鬼のように、サーバラックの中でぐるぐるぐると渦を巻くことに…。
廃熱に影響してそうなので、エアフローを見直す必要があるかもしれませんorz
夏場、どないすっかねぇ…非常にヤバいような気がします…。

取り敢えず、以前から使っているサーバは動き続けていますが、もう一つ、WHSの方も、何とか外部からのリモート接続を行えるようにしたいところです。
ルータの設定から変えてゆかねばならぬので、結構いろいろ試す時間が必要です。
が、既に今後二週間は、毎火曜木曜に全身麻酔の手術が入っているため、忙しすぎですわ…。

仕方ない、もっと別の…小物整理でもしとくしかないのか…orz

2008年05月30日

じいちゃん大暴れ

…はしなかったので、助かりました^^;
何とかウトウトしてくれていた模様です。
おそらくは手術が終わって骨折したところの痛みがマシになったからだとは思いますが、麻酔は切れてるはずでして、傷の痛みがあるハズ…。
う~む、まぁいいか^^;
おじいちゃんがゆっくり眠れたのなら、それでヨシであります。
朝の回診でも爆睡したままでしたし、痛みが少ないのならOKでしょうね、きっと。たぶん。おそらく。

さて…昼からは自己血貯血が二件ありますが、今のうちにちょっと睡眠を取…

2008年05月29日

手術がいっぱいで

そして当直もありますが^^;
本日は、朝から足の指の粘液嚢胞の切除、大腿骨転子間骨折後の抜釘と続き、午後からは肘の拘縮乖離/授動術、大腿骨転子間骨折のORIFと、いろんな手術が並ぶことになりました。
まぁ、午前中のモノは、外来中のワタクシにとって、あって無きが如しなので、パスします。
抜釘だけ、Xp置いときますね。
左大腿骨転子間骨折術後抜釘前後正面

昼からの手術は、拘縮肘…この症例では、リウマチの炎症で関節が癒着し、硬くなってしまった肘…に対して軟部組織と神経血管系を十分に剥離し、肘を動かせるようにする授動術をまず行いました。
この手術の写真もパスね。
軟部組織の写真を載せても、ぶっちゃけ見慣れてない人にとってはよく分かりませんし、そもそも血を見たくない方にとっては非常に気分の悪い写真になりますので…。

もう一見は、火曜に入院した、大腿骨転子間骨折のおじいちゃん。
定型的にCHSを行いました。
Xpドン。
左大腿骨転子間骨折術前後正面

こんなもんか^^;
とはいえ、昨日じいちゃんが、大腿が折れてるにも関わらず頑張って歩こうとしたため、ものごっつい転位が骨折部にあり、手術は難儀しました。
おかげで全部が終わったのが、9時過ぎでしたよorz
四件しか手術がないのに、こんなに時間がかかっていてはいけないんですけどね…仕方なかばってん。

そして本日は久々の当直です。
ありがたいことに、今月から大学病院の若手(3~4年目の無いかDr.)が、日曜に当直してくれてるので、我々常勤医の当直回数が減っております。
…小遣いが減るのは致し方ありませんが、自由な時間が増えるのは嬉しい&有難いことであります。
当直してくれてる先生方に感謝しつつ、本日夜は何も起こらないことをキボンヌ(´・ω・`)。
じいちゃんs、どうか大暴れするなよいやしないで下さい。

2008年05月28日

出先で手術

といっても、ただの助手ですが^^;
しかしまぁ救急外来でぼけ~っとしてるよりも、遙かに良いですわ。
…ちょっとお疲れですけどネー。

という訳で寝るわノシ

2008年05月27日

大荒れwwwww

いや~、朝から外来が大荒れでした。
午前中に救急車が三台来るって…救急病院じゃないんですけどウチ^^;
腰椎圧迫骨折や大腿骨転子間骨折やら、たくさんいらっしゃいました。
おかげで木曜の手術が四件になったのは内緒でごいす。

ちぬ、木曜日はちぬwwwwwwwwww

2008年05月26日

グッピーと自然環境

タイトルから大きく出てみましたが、内容は大したことありませんので悪しからず(内容が無いようとは決して言わない)。

先日(05/17深夜~05/18未明)相方の家で増えたグッピーですが、その後、煮干しにも釜揚げにもなることなく、ぼちぼち大きくなってきておりました。
グッピーお子様方とオジサン方
網で囲まれた子供部屋の向こうに見えるのが、例のお子様部隊です。ただし網のせいで良く見えませんが、仕様です。
まだまだちみっちゃいですが、生まれたての頃に比べると倍くらい大きくなってるような…?
魚らしい形にもなってきてますし、エサをやるとよくつついております。というかメッチャ食べてるんですが…この分だとすぐ倍くらいのサイズにはなりそうですな。

でも、じ~っと見てると性格がありますなw
いそいそと上へ下へと泳ぎ回る奴、じっくりと一ヵ所に腰を据えてエサを食べてる奴、etc.etc.…。
たかがお魚、されどお魚、というところでしょうか。

昨日、水槽のドレスアップを兼ねて、水草向けの照明を設置しましたが、さてうまく育ってくれるといいのですけどね。
お母様方の水槽
写真はお母様方を入れてある水槽です。
オジサン方と女性陣を一緒に入れてると、無限に(!)増えるので、不純異性交遊禁止令が施行されまして、隔離されております(´・ω・`)。
しかしなかなか…(・∀・)/イイ!感じじゃないですか。
ふいんき(←何故か変換できない)がスバラスィと思います(`・ω・´)!

さて、日光の変わりに蛍光灯で照らしているのですが、ある程度の強さと特定の波長の光があれば、植物は光合成を行います。
水槽の中で水草が育てば、自動的に有機物の循環が始まりますので、高頻度の水替えをしなくてよくなるという寸法です。
そもそも閉鎖系で静物を育てるには、こういった有機物の循環を基本にしておかないといけません。
大きな規模ではバイオスフィア2で実験されレポートされていたように、人間にもこの循環が非常に重要であることが分かっています。
宇宙船は、外界から物質の出入りがない閉鎖系になるので、そこで生活するにはどうすればよいかということがこの実験のきっかけなのですが、地球も一種の閉鎖系といえる状態(厳密にはそうでないですが、外宇宙からまとまった量の有機物が流入してくることは、そうそう考えられることではないため)であることに気づいた誰かが、「地球に優しい生活」とか言い出した訳です。

ワタクシはこの、「地球に優しい」というのがどうも気に入りません。
…おっと、思わず某環境保護団体に敵対するようなことを口走ってしまった^^;
ちんでちまったら、某環境保護団体に暗殺されたと思ってくだしあ。

「地球に優しい」という言葉が気に入らない理由は、「人間は地球に優しくできるほど優れた存在ではない」とワタクシは思っているからです。
そもそも人間が根っから「地球に優しく」していける存在なら、環境破壊なんてそもそも起こりませんがな。
人間は、生きているだけで他の生命体の住処や食物や生命そのものを奪ってゆく、罪深い生き物なのです。
…だからと言って宗教に走れという訳ではありませんよ?w
罪深いからこそ、自分を支えている無数の命に感謝せねばイカンと思うのですよ。
だからこそ、「地球に優しい」というような上から目線ではなく、「地球に間借りさせていただく」といった、地球に存在する全てのモノに感謝する立場であるべきだと思うのです。
普段は消費者であっても、何か自分が生きるために奪った命や環境のために、時々何か出来たらいいな、と思うのです。

免罪符というわけではないですが、家を新築した際、南向けの屋根を太陽電池で埋め尽くしました。
少しでも火力や原子力の使用量を減らそうという意図もありましたが、思わぬ副産物もありました。
それは、発電電力がモニタリングされてるので、「うはwwww今これだけ発電してるwwwwwこれはwwwww売れるwwwwwwwww」ということです。
…分からんって?
余った電力は、関電(ウチは関西電力ね^^;)に売電できるのですよ。
なので、出来るだけ電力をそのまま関電に売ろうという癖が付いてしまいました^^;
何でもすぐスイッチを切ろうとする癖が付きましたねぇ…。
…ぶっちゃけ、ケチケチなだけのですが、まぁちょっとでも節約できたらいいかなと^^;
何せ、「地球に間借りさせていただいている」身分ですので^^^^^;;;;;;

しかし政府の太陽電池補助費政策、なんで止めになったんですかねぇ…。
やっぱアレか、原発関係の圧力ですかいな。
まぁ各家庭で太陽光発電してたら、夏の昼間に原発が電気余りを起こして、新たな原発を造れんようになりますもんね。
一部のヴォケ議員と、一部のヴォケ業者どもに、エネルギー政策を左右されているのかと思うと、非常に腹立たしいですわ…orz

2008年05月25日

ありがとう

ほんの出来心で、「ありがとう」という言葉でググったのですが、その頭に出てきたのがなんとYouTube(JP版)の動画。

あ、この動画はYouTube国際版でしたねサーセン。
では早速再生してみましょう。

…。

おばか写真集ですかwwwwwwwww
力抜けるwwwwwwwwwwwwwwww
歌と写真のギャップがwwwwwww何ともwwwwwwwwwwwww

2008年05月24日

疲れましたが何か?

いや~、今日も外来は盛況でしたよ。
おかげで6月の手術日も、半分以上がいっぱいいっぱいになっちまって、嬉しいような悲しいような^^;

…イカン、想像すると疲れが出てくる^^^^^^;;;;;;

取り敢えず昼ごはん(パンですが何か?)食べてきます|ω・)ノシ

そうそう、家の小物整理もようやく終盤にさしかかってきました。
あとは古いPCのセットアップをもう二台行い、紛失された荷物の補償をしてもらい、自分の引っ越しの荷物をまとめるだけ。
言葉にすると簡単ですが、さて頑張って早くしないと、呆れられてしまうどころか、見捨てられかねないので、頑張らねば…。
仕事の合間に、出来るやろか…?

2008年05月23日

古いPC設置・PC-9821Xa12編②

さぁて、この前の続きですよっと。
PC-9821の復活劇ですが、とにかくFDDの復活がキモですので、何とか汁。
ということで、溜め込んでいたジャンクパーツを漁ってみました。
すると、9821用の3.5InchFDDが、三つほど出てきました^^;
9821用3.5InchFDD・裏から見たところ
いつの間に保守用部品を買っていたんだろう…。
まぁこれはこれで故障対策にはなっていますので、問題ないかと。

問題は、FDを読み込まないことです。
画面にはFDを認識している様子があるのですが、どうも動作がおかしい。
色々サイトで調べてみると、取り敢えずヘッドをクリーニングしろとのことでしたので、早速3.5FDD用のクリーナーを買いに行きました。
昨日はこの買い物をしてから帰ってすぐリペアしようと息巻いてたのですが…。

…。

どこも売ってねぇYO(゚д゚;)!

時代の流れか、データの移動はUSBメモリに主役を奪われ、FDなんて使う人なんてもういないのね。
(´・ω・`)ションボリして帰ってきましたが、いろいろ実験してよくよく考えてみると予備のFDDでも同じ症状が出やがります。
これは…FDDコントローラの故障ですか?
…その割にはドライバも読み込んでるし、デバイスとして認識はしているようです。
そうなると…コントローラからドライブの間の問題かな?
ということで、ケーブルを確認。

何の変哲もないFD用ケーブルです。
NEC純正のものですが、特にコネクタにはケーブル抜けなどの問題はないようですし、マザーボードとFD本体のコネクタピンも特に折れなどはなさそうです。
FDD本体とケーブル
では何故…?

ここで何ヶ月に一回かのヤマカンが発動しました!
FDとケーブルの接続部には、向きを誤って差し込まないように、切り欠きとでっぱりがあるのですが…
切り欠きとでっぱり

ええい、試しに逆に差し込んでやれ!とご無体なことをやってしまいました。
上下対称の形ですので、問題なく差し込めます。

これで電源入れて、煙噴いたら笑うやろなぁ…と思いながらスイッチON。
一応文句は言わずに動くようです。
…あら^^;正常な動作をしやがりますね(゚д゚ )
正常に認識
FDの中身もちゃんと読んでおりますし、書き込みも出来るようです。

という訳で、切り欠きがあってもそれを無視して上下逆に設置せよというNECの陰謀によって、数日の時間が失われた訳です^^^^^^;;;;;;
試しにFDからMS-DOSを起動してみるぞ(#゚Д゚) ゴルァ!!
DOS画面起動OK!
まぁDOSと言っても純粋なMS-DOSではなく、Windows95の起動ディスクですけどね^^;
取り敢えずdirコマンドでも…
dirコマンド実行
おっおっおっ、懐かしのconfig.sysやautoexec.batが出てきましたね。
ということは…上手くいったようですね。
一件落着…orz

昔はデバイスを組み込むためにconfig.sysをいじったり、起動のオプションを付け加えるのにautoexec.batを書き換えたりしたものですが、ほんと最近のPCは楽になったもんですねぇ。
…こういう感慨を持つということは、やはりオサーンの証ですかwwwww


≪追記≫
そうそう、ネットで調べてみたら、恐ろしいことにこんなお店もあるのね。
いまだにNEC98シリーズを使っている人は多いんやなぁ。
ある意味感心し、ある意味呆れましたが^^;
足らんパーツがあったら、買ってみようかな…でも…高いな…orz

2008年05月22日

委員会でいいんかい

え~、先月は手術のために出席できなかった、Clinical Path委員会へ出席しました。
何せ本日は学会期間で上司が不在で(ホカイドーなる所へ行ったらしい)手術が無かったもので…。
その代わり外来は微妙な症状の方々が多くて、これまた微妙に忙しかったのですが^^;

「Clinical Path」とは、医療現場での煩雑な指示系統を一本化し、「この治療にはこの方法」といった具合に、治療に関して一定の方式を採用してそれを進めてゆく方法の一つ、とでも言えばいいでしょうか。
無駄を省き、かつ医療ミスを無くすために行っております。
他の用語では「Critical Path」とも言いますが、Criticalという言葉には、「臨界状態」という意味の他に、「致命的」とか「批判的」というnegativeな意味もあるので、医療系では「Clinical Path」と言われることが多いようです。

整形外科もようやくそのClinical Pathを作ることになったのですが、これは単にワタクシが常勤に昇格したため、役職がない→Clinical Path委員会でもさせておけ、という思惑が働いたのかどうかは知りません。
が、とにかく自分も煩雑な支持体系から脱却したいと思っていたので、渡りに船であります。

さて、整形外科でのClinical Pathは、曜日で火曜手術・木曜手術の二つの場合に分けられ、また術式によってTKA(人工膝関節置換術)、THA(人工股関節置換術)、BFR(人工骨頭置換術)の三つに分けようかなと思っています。この三つは、おおよそやることが一定しているので、Clinical Pathにしやすいのです。

…っておい、6通りも作るのかよ…。
手間だ…orz

こういうのは世間ではExcelを使って作ることになっているようですが、ワタクシはケチなので、高価なMicrosoft Office製品は買えません。
PC一台に一セットずつ買わなあかんってどんだけ~。

という訳で、ワタクシの使っているのはOpen Officeというフリーソフトであります。
これは、Microsoft Officeと「ほぼ」互換性を有するソフトで、フリーなのが(・∀・)/イイ!
操作感覚はおよそOfficeXpに類似しており、まぁ困難なものではないです。
Microsoft Office製品を使っていて、バージョンアップのたびにお財布が苦しいそこのあなた、この機会に乗り換えちまったらどうでしょう?
|∀・)ニヨニヨ

2008年05月21日

とろうとはこのことだ

とろうといっても、トロうま、の略ではありません。
とうろう、でもないです。
灯籠だったら照明器具ですし、蟷螂だったらカマキリですね。

…「う」が足りませんね。徒労です、徒労。
既に徒労感が漂って参りましたが、気にしないで下さいませ^^;

本日の外来は、予約の人はともかく、予約外の人に、
(;゚д゚) …。
( ゚д゚ )
という方が多かったですねぇ。

クーラーの風が当たったら、そこから痛くなるとか。
…風が直接当たらんようにして下さいorz
っていうか今頃からクーラー入れてんの?とか思わずツッコミ入れてしまいましたが…。

昨日転けて怪我したところのかさぶたをめくったら出血したとか。
…当たり前だ…orz

朝から何とか汁!の繰り返しでしたよ、ええ。
wも出ないほど、深く絶望しております。
疲れたよ^^^^^^;;;;;;

2008年05月20日

続・ダラダラ

え~、本日はお日柄も良く、検査などなどで手術のない一日となりました。
検査は、肩関節造影が一件。
回旋腱板断裂の状態把握のために行ったのですが、これがまた結構広い範囲でバッサリと裂けているため、手術適応であることは本人さんにお伝えしました。
ただ、比較的高齢であることと、ご家族さんの調子が悪いため、手術はもう少し待って欲しいとのことでしたので、しばらく様子を見る方針になりました。
あとは胸椎圧迫骨折の患者さんのギプス巻きでしたが、これも外来通院の方でして、入院患者さんの方は特に波も立たず、皆さん順調でした。

さて…小物整理は相変わらずで、整理すれば整理するほど訳の分からん状況になるという恐ろしさ。
高校~大学の時に使っていた定期券の山とか、未使用のテレホンカードの山とか、どんだけやねん…。
あまりにも恐ろしすぎて、写真を撮ることなく大事なモノBOXに入れちゃいましたよw

まだまだ先は見えない…orz

2008年05月19日

古いPC設置・PC-9821Xa12編①

小物整理に絶望する日々が続いておりますがこんばんは。
ようやく小物整理も一段落…と言いたいところですがそうはイカの何とやら、まだまだ山の如き小物たちが控えております。
なので現実逃避として、古いPCのレストアをやっちゃってみたりする訳です。

ブツは、PC-9821Xa12/C8。
ワタクシが学生の時に初めて自力で買ったPCです。
PC-9821Xa12/C8改
世の中にWindows95というモノが流布し始めた頃のマシンで、1995年11月に購入しております。
丁度Windows95が出た頃ですな。
購入当時はWindows3.1とWindows95を選べるようになっておりました。
最初はノーマルで使っていたのですが、その後、メモリの増設やCPUのすげ替え等、十数度に渡る改修を行い、現在に至っております。
元のスペックと、現在のスペックは以下の通りです。
CPU:Pentium120MHz→K-6Ⅲ480MHz(Melco製OverClock用下駄装着済み)
Memory:SIMM 16M→SIMM 128M
HDD:IDE 850M→IDE 8G
その他、ジャンクパーツを買って、PC CardSlotを増設しているため、基本構成が型番で言うとXa12/C12相当になっているのがミソです。
BIOSの制限なんかで、メモリは128M上限だわ、HDDは4.3Gが上限だわ、今から考えると(´・ω・`)ションボリですな。
しかしそこはそれ、当時はムッチャ早いと感心したものです。

モニタは本来CRTを使っていたのですが、改修用に身動きのしやすいLCDをつけてあります。
で、取り敢えず電源ON。

メモリテストはOK。起動もOKですな。
メモリテストOK!
立ち上がるのは立ち上がってます。
…何かエラーも出てるようですがキニシナイ。
何やらエラーが…orz
う~ん、致命的でなければよいのですが…。
取り敢えず起動したの図
取り敢えず立ち上がりました。
普通の動作であれば問題なく動くようですな。
と、ここまできてLANを使える状態でないことに気がつきました。
LANのボードは…組み込んである…はず。
その正体はと言えば、今や懐かしのC-Bus規格のLANボードであります。I/O Dataよありがとう!
…既に組み込んであるので、写真はありませんサーセンwwwwwww

ということで詳しいことは省きますが、最近のOSではリソースを自動的に調節してくれる機能(Plug and Play)がありますが、この機種ではまだまだ不十分ですので、INT(=IRQ)やらメモリ使用ブロックやらDMAの設定やらを手動で調節し、いざ認識させ…ドライバも入れ直さなアカンか…orz
仕方がないので、他のマシンでダウンロード→FDDで移動、を試みたのですが、問題点が二つ。

問題点1:ワタクシが普段使っているPC/AT互換機のFDDが、3-modeでない。
これは、PC-9801系統が、もともと1.25Mフォーマットを使っていたことによるものです。
PC/AT互換機(いわゆるDOS/V機)のFDDは、1.44Mが一般的なのですが、この98シリーズ規格がくせ者です。
互換性が無いので、困った…orz
これを解消するのが、3-mode FDDで、720k、1.25M、1.44Mの各フォーマットを読み書きできるというスグレモノ。
それがあれば良かったのですが…手持ちにネェヨwwwww

問題点2:そもそも9821のFDDがぶっ壊れているようだ。
未フォーマットのFDをドライブに入れてみると…認識しやがりませんw
っていうかさ、これ、HDDがクラッシュしたらどうなるねんな…。
最近はCD-ROMからの起動が出来るのが一般的ですが、そんな高等なことは出来ないので、早期にFDDを交換せねばいかんのであります…。

という訳で、今回はFDを使わずにCD-Rを使ってドライバをぶち込むことになりました。
Windows95や98は、MS-DOSに近い性質を持っていますので、DOSのプログラムが動くことが多く、これに賭けてみました。
実際プログラムレベルでも、一部のポート(シリアルポート、パラレルポート等)やグラフィック関連、割り込みレベル(いわゆるINT値)を除けば、DOS/Vと共用できるものも多いのです。

で、CD-ROMによるドライバの移動ですが、このマシンでもCD-Rの読み込みは可能ですので、取り敢えず焼き付けて読み込み読み込み…。数十kB如きのプログラムのために、CD-Rを一枚使うのかと思うと笑えますが、とにかく読み込めましたし実行も出来ました(゚∀゚)b
ドライバも上手く動いてくれたため、あとはTCP/IPの設定だけです。
他のマシンと同様に、DHCPでLocal IPを振り分けるだけなので、何ら問題なし。んでもって再起動。
WindowsMeまでは、何をするにしても再起動を要してたので、ちょっとダルいですが^^;

さて、もともと入っていたNetscape4.7を起動して…おぉ、動くじゃないですか。
ちゃんと外へデータを拾いに行ってますし、表示も出来ます^^
Netscape4.7起動完了
問題は、UTF-8が認識できないということですな。
このままでは自分のBlogすらまともに見れませんので、ここは一発FireFoxでも入れてみましょうか。
公式サイトからダウンロードして、インストール…CPUがアレなので、少々もっさりしていますが、仕方ないですね。しかもOSがOSですので、動くかどうか心配でしたが、一応動作はするようです。
FireFox2起動完了
ちゃんとUTF-8で表示されたワタクシのBlogも、ちゃんと表示されます^^

これでネットに繋いで、ブラウジングは出来るようになりました。
あとはハードウェアの整備ですね。
前述の通り、この世代の機体はFDDが無いと、OSのインストールも出来ないので、早急にFDDをどこからか持ってこないといけませんナ。

(以下続く)

2008年05月18日

ダラダラ2nd

え~本日も小物整理しつつ


寝てましたが何か?


エアコンも入れないで丁度いい感じの気温が、無駄に眠気を誘いますwwwwww
あ、眠いのはアレか、昨夜相方の家のグッピーが産気づいて、周りの成魚に食われちゃなんねぇと、一生懸命カレースプーンでお子様を隔離していたからかね。
午前二時までかかりましたなぁ…。
そういや写真を取り忘れましたorz
今度行ったときは、ちょっと大きくなってることでしょう。
問題はこのペースで増え続けると、相方があっという間にグッピー長者になることくらいか^^^^^^;;;;;;

2008年05月17日

ダラダラダラダラ…

と外来が続き、ようやく終了orz
午後2時ってどないやねんw
そもそも11時半で受付が終了する時点で、何故か新規受付が8人ってどうなってるんじゃww
そんなに痛くて困ってるんなら早く来るんやwww
朝からゆっくり余裕を持って病院に来れるんなら大丈夫かとwwwwwwwwwwwwwww

,   ,:‘.          。             +   ,..
 ’‘     +   ,..       . ..; ',   ,:‘
      . .; : ’                           ' ,:‘.
           あ あ             ,:‘.      +
.. ' ,:‘.                             . ...:: ’‘
’‘     .;    こ ん な に お 断 り し た い
                                       。
.     。   気 持 ち に な っ た の は   ,:‘. 。
 '+。
                初 め て で す          .. ' ,:‘.
:: . ..                            .. ' ,:‘.
      ハ,,ハ
     ( ゚ω゚ )

そんなこんなでようやく昼休み…と思いきや、そんなヒマはありません。
これを書いて水を飲んだら 病棟に逝ってきますorz

2008年05月16日

朝からちょ…おまっ…

朝、通勤の時、比較的細い道路を通るので、お互い譲り合って通るわけです。
で、向こうからえらい勢いで某KIRINの運送トラックが突っ込んできたので、横に寄って待避してたら…

ごりっ

…ってちょっと待てや(#゚Д゚) ゴルァ!!オレ様の車になんばしよっとね?!ホンマ怒るでしかし!!…とか思ってエンジンを切って前後の安全を確認してから車を降りたら…あっという間に逃げて行きやがってましたよ。
既に『KIRIN』という文字だけしか見えない距離に遠ざかってやがるじゃないですか。
なんたるちあ!と叫んでみましたが最早どうしようもなしorz

肉体的損傷は全くなかったものの、あまりにもご無体なことですし、多分無いとは思いますが相手がゴねてくることを想定して、こちらから110番通報しちゃいました。
幸いバンパーを擦っただけですので、大事にはなっていませんが…バンパー交換って…¥150k位するよな…。
ZenyやCoinやGoldやIskで払えたらものすごく嬉しいんですがwwwwwww

orz

当て逃げされちゃいますた
ホンマ、これくらいで済んだのは不幸中の幸いですなぁ…。

2008年05月15日

なんと骨折

今朝病院に行くと、何と手術が入っておりました。
左大腿骨転子部骨折術前正面
おばあちゃんの転子部骨折です。
まぁ定型的といえば定型的なのですが、整復がし難いケースもあるので、気軽には手術できません。
それでも午前中にバタバタと外来を片付け、昼から手術に突入。

…ちなみに昼ごはんを食べる時間なんてありませんサーセンwwwwwww

で、術後ですがこのように。
左大腿転子部骨折術後正面
最初は引っ張っただけで上手く整復…出来なかったので、プレート固定時に大腿骨転子部の前方を剥離すると、あっさりと整復できたという結果に^^;
やはり転子部骨折は十分な剥離が必要だなぁと思う今日この頃でありました。

あ~おなか空いたなぁ…orz

2008年05月14日

何故か大忙しの愚痴

本日は昼ご飯を食べる暇もなく、一般外来→救急外来のコンボが決まり、かつ残業まで発生しましたよ。
まぁ残業そのものはどうということはないのですが、残業が発生したりゆうと来たらこれがまた…。
昨日肩を打ったという患者さんが夜になってから来まして(この段階で^^^^^^;;;;;;)、取り敢えずレントゲンを撮ったのですが、受付の人に『10分ほど席を外すから云々』と言って院外へ出たそうです。

んで待つこと1時間

時刻は既に8時を回っております。
そもそも救急外来ですから、一般外来ほどは待ち時間が少ないので、院外へ行く意味が訳わかめなのですが…。
という訳で8時半まで待ちましたが姿は見えず、仕方なく当直の外科の先生に申し送りをして帰ってきた次第です。
ものごっつい精神的に疲れました^^^^^^;;;;;;

2008年05月13日

人工関節シリーズ一段落

本日もTKAですが、今週で人工関節は一旦途切れます。
3月頃から続いた人工関節ラッシュも、ちょっとお休みということで^^

午前中には皮下腫瘤摘出もありましたが、こちらは局所麻酔でちょいちょいと出来るヤツなので、省略しますm(_ _)m
多分神経腫か脂肪腫かその辺だと思いますが、詳細は病理組織検査待ちということで…。

さて、TKAの術前Xpですが、こんな感じで、脛骨内顆が気持ちよく欠損しております。
左膝OA術前正側面
この内顆欠損部をどう扱うかが問題ですが、骨切りしてセメント盛りで大丈夫そうですので、いつもの如くTKAをば行います。

で、術後ドン。
左膝TKA術後正側面
こんな感じで、内側の欠損部は骨セメント盛りで対応できました。

美しく完成しているため、リハビリの開始が楽しみですね^^
それに引き替え、ワタクシの部屋ときたら…(*ノノ)
小物の整理が楽しみ…な訳無いッス…orz

2008年05月12日

何か知らぬが

イソガシ(´・ω・`)------ス

朝から外来でバタバタ、昼から病棟でバタバタ、夕方も夜診でバタバタ、夜は自宅で小物整理がががががががorz
小物整理っていっても、ちっこい引き出しから出てくる出てくる。
自家用車内の内装用の蛍光灯とか、キーホルダーの類とか、給料明細とか、メスなどの医療器具とか、etc.etc.
…何故こんなに溜め込んでるのか、自分でも分かりませんwwwww
小物類…orz
これを整理するのは至難の業ですよwwwwwwwww

コマッタorz

まぁ捨てるモンは捨てます。
給料明細とか置いといても金は増えんしw
あとは無駄に多いボールペンの類か。
製薬会社さんが粗品として置いていくから、増えまくりですわ。
ま、取り敢えずは一カ所にまとめて放り込むとして、使うアテがないというのがまた何とも(--;
ボールペン詰め合わせセットを欲しい人は、是非メールでヨロシクです^^
十数本まとめてお分けしますよ^^^^^^;;;;;;

2008年05月11日

のんびり日曜日

本日は非常にのんびりした一日でした。
しっかり朝寝坊した上で、豊かな朝ご飯をいただき、さて出かけましょうかと大阪市内へ。
のんびり出来るとこは…ここかな。
大阪市立長居植物園
大阪市立自然史博物館
うろうろと館内を歩きつつ、ぼけ~っと見て回るのはなかなか楽しいものです^^

今日は比較的涼しかったのですが、お花は結構きれいでしたね。
長居植物園
もうちょっと暖かくなれば、もっとたくさんの花が咲くのかもしれんね。
まぁ季節ごとに咲く花も違うだろうし、そこはそれ。
バラ園のバラ
バラ園ではバラの花がバラバラ咲きまくってました。
和むわ(*´д`*)


…あ、小物の整理…orz

2008年05月10日

本日は早退

です。

単に上司が当直なので、居残りの必要がないだけですが^^;
まぁそのおかげで、懸案の散髪にも行けましたし、ヨカッタヨカッタ。

…取り敢えず睡眠不足の解消すっべ…。

2008年05月09日

天気が悪いが

体調も悪い、と。
どうも当直室が原因のようです。
今年はアトピーがひどく出て、空咳が止まりません。
喘息か…?とも思うのですが、喘息にしては全然息苦しさもないし、吸気時に努力もしなくて良いので、ちょっと違うようです。
あるとすれば、アレルギー性の気管支炎ですかね。
当直室の環境が怪しいので、昨日手術の後に出席した感染対策委員会で、一応言っておきました。
当直する者の健康が確保されんで仕事が出来るかっつ~のヽ( `д´)ノ
…まぁ対策としては、病院施設の建て直ししかないんですけどね^^^^^^;;;;;;
それも無理なんですけどね^^^^^^;;;;;;
市長憎むべし!

2008年05月08日

連休明けもTKA

本日は外反膝の症例です。
左膝OA術前正側面
こんな感じで外反しております。
程度は比較的軽いのですが、内反膝とは手順の上でちょっと違う点がいくつかあります。

内反膝だと内側がやや拘縮気味なので、内側の剥離をしっかりせねばいかんのですが、外反膝に対しては、内側の剥離は最小限にして、外側の骨棘切除や関節包の剥離をしっかりするのがポイントになります。
今回の膝は関節リウマチ+変形関節症の状態でしたので、骨棘の形成はやや少なめでした。
その代わり外側のつっぱりが強く、関節包周囲の外側剥離に加え、外側側副靭帯の大腿骨側の剥離、膝窩筋腱の切離、腸脛靭帯の切離まで行いましたが、それでもややつっぱりが残っていたため、大腿骨側の骨切除を追加しました。
結果的にはバッチリでしたけどね^^b

左膝TKA術後正側面
このように、しっかりと人工関節を入れることが出来ました。
まぁ来週からリハビリでOKでしょう。

…しかし、まだまだ素早く手が動くところまでは行かないですな。
TKAに約3時間かかっているので、もうちょっと…30分は…短縮せんとイカンな、習熟せんとイカンな、と思う今日この頃でした。

2008年05月07日

小物類の整理

大型ブツの整理がついてきましたので、次は小物です。
小物…。

(;゚д゚) …。

( ゚д゚ ) …。

本日はパスということで…m(_ _)m

2008年05月06日

美味しいものでも

食べに行きました。
当直明けにお昼を、です。
大阪南部の田舎道をちょこっと走るとありましたありました。
La forestaというのがそのお店の名前ですが…実は検索しても出てきません。
何でか?
…元々ごはん屋さんじゃないからです。

【南河内林業総合センター】(ラ・フォレスタ)というのが、正式名称のようでして…。
大阪府森林組合HPの方に載ってますね。
ここの「組合の紹介」の項目からたどるとあります。
La foresta
外見は…ごはん屋さんとは思えませんね^^;

しかし実はパスタを食べさせてくれるのですが、例によって撮影を忘れておりましたorz
カルボナーラなんぞを頼んだのですが、お味の方はまずまず問題なしでした^^
粉チーズかけ放題が嬉しかったです(ぁ

ちなみに場所は、ここ(Mapion版)(GoogleMap版)ですが…行ける人はものごっつい限られてますね^^^^^^;;;;;;
まぁ普通は、地元住民しか行かないような気がします(´・ω・`)

2008年05月05日

本日は子供の日

ですが、病院からお送りしております。

…単に当直なだけですサーセンwwwwwwwww

朝からインスリンの指示を出したり消毒したり、ってインスリンは全然使わないから自信ないんですけど…。
大丈夫かしらん。
まぁ低血糖になったら命に関わりますが、少しくらい高血糖であれば大丈夫なので、そこを上手くコントロールしないと。
内科の先生方はホンマスゴイと思いますわ。
まぁその他にも、外科のよう分からん患者さんが自主的に入院してきたり(一応末期なのでそこらへんはあまりとやかく言いませんが^^;)、外からの問い合わせも咳が止まらんとか云々。
…スマヌ、この病院は、休日には全然病院としての機能がないんだよ…orz
しかも今日いてる医者ときたら…!
フヒヒサーセンwwwwwwwwww

18:50追記
子供の日の影響で、晩ご飯に何やらいなり寿司が付きました。
本日の病院食はいなり寿司
味はそこそこなのですが、まぁ具がないのは病院食だからですね^^;
それにしてもそこはかとなく漂う、食らえこの野郎感は、どうにかなりませんか^^^^^^;;;;;;

…贅沢すぎますねスミマセンm(_ _)m

2008年05月04日

だんだんと

引っ越しの荷物は整理できてきました。
大きなものはほぼ収納するか展開して稼働するか出来ましたので、あとは細かいものの整理が中心になります。
…これが一番厄介だという話もありますが…。
その次くらいに厄介なのは、古いPCの稼働実験ですね。
PC-9801に始まって、PC-9821が二台、PC/AT機が二台。
PC/AT機はPentium 120MHzと、確認してませんがおそらくK6-3 300MHzなので、共にブラウジング中心のマシンか、もしくはLinux機にしてしまおうかなと思っております。

ま、それもいつ出来ることか分かりませんが、取り敢えず一段落は間近であります!

2008年05月03日

ほんとに何事もn(ry

昨日は柄にもなく緊急手術なんぞをしましたので、ちょっとお疲れで相方スマソ。
そして本日は、朝から昨日の手術の方をはじめ、病棟におられる患者さんを診て回り、昼からはいろいろいろいろ…。
まぁそんな日があってもいいよね。
人並みの幸せに浸れる日でした。

…写真、撮ってねぇな…orz

2008年05月02日

何事もなく

日々移ろうのが一番でごいす。
…そいうや最近ネトゲしてないな…。
引っ越しでヒマがないから仕方ないんですが、まぁそこはそれ。
小物整理(´・ω・`)シンドス。

と思っていたら、昼から下腿の切断が緊急で入ったり。
…足が腐ってきているのですわ…。
やはり糖尿病は怖いですなぁ。

そういやそろそろ夏か…。
外科の虫垂炎もそうですが、いわゆる細菌による化膿は、今頃から多くなるのですよ。
あと2ヶ月もしたら梅雨ですし。

2008年05月01日

今週も膝

のおかげで、土曜に出勤せなアカンハメにorz
それはともかく、術前Xp写真は、
左膝OA術前正側面
このようにごっつい内反変形をきたしております。
これに人工関節置換術を行うわけですが、角度の修正と骨欠損をどう補うかが問題になります。
プラモデルだったらパテか何かで盛り上げればよいのですが、人間だとそう簡単にはいきません。
少量の骨欠損なら、骨セメントを盛り上げて何とかなるのですが、この症例の欠損量ではその手は使えないと予測しています。
ではどうするのか?

…単純に切除した骨を自家移植することになりましたサーセンwwwwwww

で、術後のXpはこんな感じになりました。
左膝TKA術後正側面
側面はやや斜位に入っていますが、これは術後にはガーゼの山になっている膝を撮影するので、如何ともし難いところであります。
内側の欠損は自家骨で埋まり、小さいネジで固定されています。
何より、膝の内反変形が矯正され、真っ直ぐな膝になっております。

…ただしこの患者さんは両膝とも、強度の内反変形膝ですので、今回片方を手術したということはいずれ反対側も手術する必要が出てきます。
何故かというと、今回の変形矯正で、足の長さが片方だけ伸びた状態になるため、歩きにくくなるからです。
半年から一年ほど後に、こんな手術をもう一回せなアカンの(*´ω`)人(´ω`*)ネー。

手術時間:約5時間