夜を駆け抜けろ! Entry : 激しく何も無いとか

« おおっと、緊急手術! | MainPage | 本日も歓送迎会 »


激しく何も無いとか

朝からマターリと仕事をしてましたが、これは昨日の術後患者が非常に安定していたためでして…。
子供ちゃんもおっちゃんも、月曜までには退院できるでしょう。
って、おっちゃんの方は土曜に退院する気満々ですが^^;

と、入院患者さんの方は全然問題なかったのですが、救急がまたもやキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ヨ。
左膝が痛い…昨日自転車で転けた?
37歳男?

orz

取り敢えず来るってことになって、ピーポーピーポー。
で、診てみると…擦り傷だけかいな^^^^^^;;;;;;
レントゲンも骨折の「こ」の字もないし、整形外科的には

―――ヽ(´∀`ヽ)無ヽ(´∀`)ノ問(ノ´∀`)ノ題――――

と、そういきたかったのですが、そこはイカの何とやら。
来院時から意識状態がちょっとおかしいのです。
なんかぼ~っとしてますな…。
そこで頭を打ってないかどうかワカランと本人は言うので、外傷はなくてもCTを確認しました。

…何も無ェヨ。

さらに採血をしましたが、その結果が出てくるまでちょっと去年の内科のカルテを取りに行って…ってちょ…。

精神科の先生から、内科宛に紹介状がありますやん。
しかもかなりの量のお薬を飲んでますわ。
これは…薬物中毒…?
という訳で、内科の先生にお任せ(ハァト
こればっかりは、救急病院ではないので仕方ないですね。
許すまじは救急隊。
意識障害に関して、全く観察・報告がないのです。
こんな救急隊に運ばれたら、それこそ結果的にたらい回しになりますよ。
医者も出来の悪いのはいてますが(オレ様含む)、救急隊員ももうちょっとしっかりしてもらいたいです…。
これがモノホンの脳内出血だったりしたら、時間の無駄になるどころか、患者さんの生死に関わります。

…結論として、『日本では病気や怪我をしたら、もうダメぽ(´・ω・`)』ということが言えますな…。
恐ろしい世の中であります…。


≪Trackback≫

このエントリーのトラックバックURL:





コメントを投稿