夜を駆け抜けろ! 2007年03月 Archives

« 2007年02月 | Main Page | 2007年04月 »

2007年03月31日

弱ってます

突然ですが、皆さんは、生きてるのが嫌になる事ってありますか?
鬱ではない(と思いたい^^;)のですが、なんかこう、急に落ち込んでみたり…。
そんな時、皆さんはどうやって解消しますか?
幸いなことに、今の僕には相方がいてしっかりと支えてくれているし、また黙々とゴルフをしたり、専門医試験の勉強をしたり、といった解消方法があります。
「単に生きる」よりも、「より良く生きる」ために、皆さんがしてることを教えていただけたら、嬉しいです^^

コメント、お待ちしております。

…で、弱ってはいるのですが、頑張って妙な記録も作りました。
2007年3月のタイムカード
これはワタクシのタイムカードですが、ここの出勤時刻に注目。
3月12日は医局会でしたので、少し早い出勤になっていますが…。
出勤時刻

(゚∀゚)b

2007年03月30日

人生色々

…やはりというか、またもやというか、どうもかかってしまったみたいです。
風邪みたいなもんですが、病識もあまりなく、これはホンマモンかいなと思ってます。

やっぱ、知り合いのトコに行って、薬をもらってきますわ…。
相方には迷惑をかけっぱなしだし、何とかせねばなりますまい。

少々ゆっくりペースになるかもですが、そんなこと言ってられないんだよなぁ^^;
ま、ぼちぼち頑張るべ…。

2007年03月29日

外来…orz

何でこんなに初診が…というくらい多いんですが^^;
そもそも何も書いてないカルテが出てくるということは、その人の受診歴がないということなのですが、そういった白紙カルテが何故かしら多いのです。
これは一体どうしたことだ…?
春になってそこらへんの地面から人がにょきにょき生えてきて…ってのは無い罠。
それにしても多杉wwwwwwww
とはいえ、来る者は拒まずなので仕方がないのですが^^;

で、結果的に外来が2時過ぎまでかかったので、それからすぐに手術、その後病棟と仕事をすると、昼ご飯を食べたのが何と5時ですた。

'`,、('∀`) '`,、

2007年03月28日

コンペに行く

地元自治会のゴルフコンペは、ココで行いました。
お天気にも恵まれて、なかなか…見栄えのするコースでありました。
ただし、朝のうちはまだ曇り。
朝のクラブハウス前
でも頑張るぞ…。
相方のプレゼントだ
相方にもらった大事なグローブも装着完了。
KIAI十分です。

後半はすっかり晴れてしまい、なかなか気分良くプレイできました。
後半開始前
コースの端っこには、花もイパーイヽ(´ー`)ノ
さすが田舎w
梅の花だそうです
他にも樹齢500年の桜とかもあるそうですが、これはまだ咲いてもないためパス。

とにかく天候に恵まれ、(・∀・)/イイ!感じで終わりました。

…スコア?
聞くなwwwwwwwww

orz

ダブル~トリプルボギーペーストだけ、言っておこうか…。
目標は、100↓だ!
ダブルボギーペースで回れたら、108なんだがなぁ…。

次回は6月頃だそうで、頑張るべ。
次の冬は、専門医試験で無理かもしれんので、夏の間に…ね^^;

2007年03月27日

TKA執刀の巻

本日の手術は、全人工膝関節置換術(Total Knee Arthroplasty;TKA)でしたが、こちらはワタクシが執刀いたしました。
硬膜外麻酔に加え、全身麻酔もしたのですが、まぁ安全にいけました^^
…よう考えたら、全部自分でやってるんやな…。
そら一件だけでも疲れる罠wwwwww

・術前Xp
左大腿骨内顆部壊死術前正側面

・大腿骨内顆部拡大像
内顆部拡大像

大腿骨内顆部壊死なのですが、一見悪いところが内側に限局しているように見えるので、片側膝人工関節置換術(Unicompertment Knee Arthroplasty;UKA)でもいけそうな感じでした。
ただ年齢的なものと、合併症の存在があること、さらにUKAは今のところ長期成績があまり芳しくないことから、十年後に再置換術をするのは難しいとの判断をし、TKAになりました。
拡大像では、内顆の荷重部に、嚢胞の形成とその周囲に骨硬化像が見られます。
ステロイドやアルコールは全然関係のない人なのですが、これも特発性の骨壊死と言えるでしょう。

で、TKAですが…

・術中写真
術中写真
術中ですが、内顆部はかなりボロボロになっていました。
ただ普通のOAとは違い、軟骨がすり減って固くなりつつボロボロになるのではなく、壊死で軟骨面が凸凹になり、剥がれるようにボロボロになってくる、という感じでしょうか。
なお、拡大像はモザイクがかかっていませんので、要注意です。

・術後Xp
左膝TKA術後正側面
完成品はこれです。

部長から100点をいただきましたヽ(´ー`)ノ
あまり怒られずに、しかもちゃんと出来たので良かったッス。
まぁ、あまりひどいOAではなかったため、手術そのものが簡単だったというのもありますが…。


…そして明日は、地元自治会のゴルフコンペですが何か?
この体調で大丈夫か?!
レポを乞うご期待!

2007年03月26日

連直其之弐ですが何か?

という訳で、本日はレギュラーの月曜当直なのです。

昨夜は特に何もデカいことはなく、水曜のコンペに向けて、ボールにマーキングを行っておりました。
…油性マジックでボールにイニシャルを書いただけですが…。

午前中外来はまぁぼちぼち。
とにかく、当直明けなのでダルいのが何とも言えません^^^^^^;;;;;;

夜診はカナーリ少なくて、とても( ゚д゚)ウマーでしたが、でもやっぱり当直の間には何も来ないでよろしいです。
ってか来んな( ゚∀゚)b

で、明日の準備ですが…とにかくTKAの執刀ですので、頑張らねば^^
人工関節なんぞ、しっかり出来てナンボです。
中途半端な手術は許されません。
頑張って…当直します(´;ω;`)

2007年03月25日

連直其之壱ですが何か?

自分とこの日曜当直って、久々な希ガス…。
まぁ来月には救急病院での違法24時間労働が待ってるのですが、それは気にしない方向で考えております。

入院患者さんには、ひどい感染性腸炎で脱水になってるので、血圧が低くて慎重に診ないとダメな人もいてます。
そこへ腰が痛いといきなり来院する人もいてるし…。
…まさか雨が止んだから、ではなかろうな…?という疑念を抱きつつ対応。
ごめんなさい、救急病院じゃないので検査も出来ませんし、救急病院を受診して下さい…。

orz

ええ、みんな病院が悪いんです。
救急態勢を取らない病院が悪いんです。
もっと言うたら、カネを出さない市が悪いんです。
何をするにも、この日本ではカネが要ります。
厚労省がそういう風に医療体制を作ってきましたからね。
ぶっちゃけ厚労省が、「貧乏な病院は仕事しなくて良いからさっさと潰れろ、地域のことなんか知ったこっちゃ無いし、そもそもカネの出せない奴は医療を受ける権利がない」と暗に言ってますので…。
恐ろしいことです。
だからといって善意を出して、無理をして診療しても何かが起こると(必ずしも医療ミスだけではない…患者側の勘違いもありうるし、単に日曜に時間待ちが長いと怒鳴ってるだけのこともあるがorz)、すぐに訴訟の対象になる我々…。

いったいどうせよと^^^^^^;;;;;;

仕方がないので、専門医試験に向けて、勉強でもすっか…。

21:30追記
それにしても、何やら「税金対策でマンションの購入はいかがでしょう云々」などと言って売り込みの電話をかけてくる業者ウザ過ぎwwwwwwww
こっちはそれでなくてもウザい当直をしてるのに、わざわざ煽るような電話をかけてどうするwwwwww
今まで既に三件もあったが、全て「( ゚д゚)ハァ?何の話しとるんじゃヴォケがw」っつ~てPSHブチ切りしましたよwwwwwwwwwwwwww
これで夜中に電話なんかあった日にゃ、血ィ見るでしかしwwwwwwwwwwwwww
そもそも、マンション買うような余裕があるんやったら、とうの昔に開業しとるわいこのヴォケどもがwwwwwwwwwww
吊ってこいwwwwwwwwwwクソ業者wwwwwwwwwwwwwwwww

と、相当壊れてきてますので明日の朝までもつか心配どす^^;
誰か芝刈りAAヨロ…orz

2007年03月24日

本日も歓送迎会

だそうです。
アルコールが苦手な人間にとっては、苦痛以外の何物でもないd(ry
…しかし、みなさんが呑みに走ってる隙に、しっかとお造りを回収してたのは内緒ですが^^^^^;;;;;

という訳で、明日から連直ですし、週末~週明けは楽しいこともなく過ごしそうです。
ε-(ーдー)ハァ

しかし…今日の外来の濃さといったら、何だこりゃという感じでした。
骨折の子供ちゃんは、麻酔をかけて整復するのに、説得に二時間かかったし(勿論、途中で上司にバトンタッチしましたが…でないと外来が回りませんorz)、リウマチの人は調子が良くなるし(これは良いことか^^;)、手の腱鞘炎の人は手術を勧めてもかなり迷ってる様子で、説明に30分くらいかかったし…。
まぁDQNがいなかったのがせめてもの救いかな。
真面目に待ってる人がいてるのに、受付時間外に来て「さっさと診ろ!」とか叫ぶDQNだけは、何とかしてホスィです…。

取り敢えず、今日は寝る。
ただし車の中で寝て、夜中に一回家に帰り、連直の用意をして朝出勤だけどね~。
以上、車の中のノーパソからエントリーしてみますた。

|=Зサッ

2007年03月23日

激しく何も無いとか

朝からマターリと仕事をしてましたが、これは昨日の術後患者が非常に安定していたためでして…。
子供ちゃんもおっちゃんも、月曜までには退院できるでしょう。
って、おっちゃんの方は土曜に退院する気満々ですが^^;

と、入院患者さんの方は全然問題なかったのですが、救急がまたもやキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ヨ。
左膝が痛い…昨日自転車で転けた?
37歳男?

orz

取り敢えず来るってことになって、ピーポーピーポー。
で、診てみると…擦り傷だけかいな^^^^^^;;;;;;
レントゲンも骨折の「こ」の字もないし、整形外科的には

―――ヽ(´∀`ヽ)無ヽ(´∀`)ノ問(ノ´∀`)ノ題――――

と、そういきたかったのですが、そこはイカの何とやら。
来院時から意識状態がちょっとおかしいのです。
なんかぼ~っとしてますな…。
そこで頭を打ってないかどうかワカランと本人は言うので、外傷はなくてもCTを確認しました。

…何も無ェヨ。

さらに採血をしましたが、その結果が出てくるまでちょっと去年の内科のカルテを取りに行って…ってちょ…。

精神科の先生から、内科宛に紹介状がありますやん。
しかもかなりの量のお薬を飲んでますわ。
これは…薬物中毒…?
という訳で、内科の先生にお任せ(ハァト
こればっかりは、救急病院ではないので仕方ないですね。
許すまじは救急隊。
意識障害に関して、全く観察・報告がないのです。
こんな救急隊に運ばれたら、それこそ結果的にたらい回しになりますよ。
医者も出来の悪いのはいてますが(オレ様含む)、救急隊員ももうちょっとしっかりしてもらいたいです…。
これがモノホンの脳内出血だったりしたら、時間の無駄になるどころか、患者さんの生死に関わります。

…結論として、『日本では病気や怪我をしたら、もうダメぽ(´・ω・`)』ということが言えますな…。
恐ろしい世の中であります…。

2007年03月22日

おおっと、緊急手術!

と、のっけから何かの罠に引っかかったような感じのタイトルですが(by Wizardry日本語版)、本日は木曜らしく朝から外来→手術のコースでした。
ただ、問題はお昼前(もちろん外来にはまだまだカルテが山積みですがorz)に起きました。
近所の幼稚園から電話があって、高いところから落ちた?子が、腕を痛がってるとのこと。
変形もあるとのことで、骨折かいな…?と思って、「ちょいと待ってもらわなアキマセンが、来てくだしあ」と返事しました。
その間に外来を出来るだけ片付けて(失礼!)たのですが、子供さんが来てみるとこりはビックリ。

腕に傷がありますやん…。

何が問題って、腕の骨を折ってる可能性があって、ちょうど骨折部位に一致する場所に傷がある、となると、まず最初に考えるのは、開放骨折…。

久々の緊急手術と行きますかヽ(´ー`)ノ
来院したのが12時過ぎ、そこから胸のレントゲンや心電図を検査して、親御さんに手術の説明したりしてると、手術開始はどうやっても13時半は過ぎます。
よし、緊急の麻酔もかけられるし、いっときましょう。

左橈尺骨開放骨折
という訳で、このような骨折を手術することになったのですが、とにかく開放骨折というのは、無菌状態のの骨が、バイ菌だらけの皮膚を貫いて外に出てしまった状態ですので、洗ってきれいにすることが肝心です。
今回は折れた骨の一部が皮膚を貫いて外に出てから、既に元の位置近くまで戻ってますので、バイ菌が骨の周囲に入ってしまった可能性が大です。
ただ、今回は長袖を着ていたので直接は泥や埃に触れなかったと予想されるので、その点が救いですが。
泥だらけの開放創はあまり見たくないですわ…。

そして、全身麻酔の上(5歳ですので腕の手術でも全身麻酔になります)、表の傷から中の骨まで、周囲の損傷の状態を確認してゆきました。
大きな神経血管や腱の損傷はなく、筋肉の一部と皮膚がいたんでいただけでしたので、十分洗いまくってから閉創して、手術を完了。
結果的には大したことが無くて良かったです^^
術後は麻酔をかけた状態で整復し、ギプスで固定しました。
本当なら、骨の中心に鋼線を通して固定するのですが、今回は開放骨折で感染があると考えて対処しますので、人工物は残念ながら骨の近くには入れられません。
なので、ギプス固定だけとなります。
でも、この歳の子供さんだと、2~3週間で、骨が盛り上がってくるんだろうな…。
ま、㌧でもなく暴れ回らない限り大丈夫でしょう。
よかったよかった^^

そして予定の手術に移りました。
予定されてたのは、橈骨遠位端骨折→プレート固定の黄金パターン。
折れ方が複雑なので、整復位の保持が少々やっかいでしたが…。
左橈骨遠位端骨折術前正側面
これが、
左橈骨遠位端骨折術後正側面
こうなりました。
整復位の保持に、創外固定を併用しても良かったかなぁ、という術中の感想でしたが、結果的にはまずまずの整復が得られて、これもよかったよかった^^

…では、今から昼ごはん食べてきます…orz

2007年03月21日

寝ておきます

さて、昨日は飲み会があった影響で、本日は死亡中であります。
…夜中にお世話になった相方には感謝感激雨あられ(*ノノ)
おかげで風邪をひかずにすみました。

…完美でもやっとくかな…。

という訳で、完美してますた^^;
夜の川辺は寂しいが…
分かち山・最上の河付近

寒い夜も走れ!
不気味な塔へ向けて!
玄冥の塔付近

寒中水泳もするぞ!
最上の河・寒中水泳

油断できんのは、水中にもまれにMobがいてるということ。
オレンジネーム(PCよりも結構強い)がいてたりすると、回れ右ですはい。
そういや空中にもMobがいてて、この前調子に乗って魔法(完美では法術と言うらしい)を撃ったら、瞬殺されてました^^^^^;;;;;

ちなみにエルフはLv1から空を飛べるので、かなり面白いです^^
高所恐怖症にはたまりません^^^^^;;;;;
この子もよろしく

…心なしか、相方に似てるかもしれん…。
で、羽を伸ばすとこうなります。
デビルウイング…ではない
デ~ビ~ル!
ではないですよ?念のため…。

そしてひたすら空へ。
上を向いて飛ぶと、宇宙まで行けそうです…。
そして、下を見ると!
高空からエルフの都周辺を見下ろす
おお…見晴らしよすぎ^^
やはりこれが、完美の一番の見所でしょう。

…チャット周りがダメダメなのは、まだOβということで、取り敢えずは勘弁してやるぜ!

2007年03月20日

関節鏡(´・ω・`)久々過ぎ

今日の手術は、膝の関節鏡です。
…ものごっつい久々なんですが。
この病院で関節鏡が来るとは、なかなか…ねぇ^^;
今回は内側半月板損傷疑いだったのですが、関節鏡で見てみると、意外と何もないのです。
ただし、半月板も摩耗しかけていて、関節軟骨はかなりボロボロでしたが…。
多分、膝の痛みは軟骨が剥がれ落ちたことによるものでしょう、という結果に落ち着きました。
今後は変形性関節症の治療が中心になります。

内側コンパートメント
これは膝関節の内側。
内側半月板は、比較的きれいでした。
しかし大腿骨の内顆が、かなりボロボロです。
写真ではわかりにくいですが、強い軟骨損傷の状態で、荷重部はほぼ全部ダメになってました。
そら痛いわ…。

外側コンパートメント
これは外側。
外貨関節面も半月板も一見きれいですが、軟骨はやはりボロボロでした。
半月板は裂けてはいなかったのですが、これだけ軟骨が痛んでるとやはり痛すぎます…。

ウチの関節鏡セットは、少々古いので画像はあまり良くないですが、しっかりと見ることが出来て良かったです^^
でも久々で、やっぱむずかったッス。

本日はそれに加えて、手術場の送別会がありました。
飲むのは苦手なのですが、まぁ仕方ないです罠^^;
カラコロ盛り合わせキタワァ*・゜゜・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*

今回は、手術場の婦長が病棟に配置転換になるのと、外科の先生が家の病院を継ぐので退職するのとで、お二方に花を贈りました。
造花もあります
まぁ花なんて食えないけど、無難なところでしょう。
4月から外科の新しい先生も来るし、婦長も代わるし、手術場も大変です。
整形外科がどの程度頑張れるかは、未知数ですが^^^^^;;;;;;

2007年03月19日

歓送迎会の季節襲来!

今週から来週にかけて、㌧でもないことに飲み会が続いております。
酒の弱い人間にとっては、年末と同様イヤな感じです^^;
しかし、社会人として参加は大事なことですし…う~む。
まぁ…頑張るべか。
明日は手術場、土曜は病棟の飲み会。
そして次の日曜と月曜は連直で、連直明けにTKA。
水曜には自治会のコンペがあるし、月末の金曜には医局の歓送迎会。

どうしろと^^^^^^;;;;;;

2007年03月18日

ちょ…終

何と、いきなり修理完了ですって。
フロントグラス全損…。
いったいいくらかかるのか…。

トヨタに車を引き取りに行ったのですが、その費用は…

¥0

いあ、どっかの禿電話じゃないですよw
マジで修理すると、20万くらいかかるらしいです。
今回は事故でも何でもなく、普通に運転しててしかもまず無いような故障だったので、保険の免責も0円だったというわけです。
これにて一件落着!
良かった良かった^^

…とはいえ、マジで通常運転中にフロントグラスが割れるなんて、思いもしてなかったッス。
皆さんもお気をつけあそばせ。
もしフロントグラスにヒビが入ってたら、すぐに販売店へ!
ちょっとした風圧で一気に割れてしまうそうです。
オソロシス(((;゚д゚)))ガクガクブルブル

2007年03月17日

ちょ…番外

ええ、例によって居残りですが…これまた何もない日でして…。
朝から外来はありましたが、特に重症は無し。
病棟も(整形以外の領域はシラネ^^;)落ち着きまくっています。

それにしてもいいお天気ですこと。
こんな日こそ、遊びに行かねばならぬのですが…どうもなりませんがな(´・ω・`)

それはさておき、ちょ…はワタクシの車に起きましたが、その他のちょ…なモノを少しうpしてみました。

まずはこれ。
救急車ですね。
大阪南部の救急車
まぁ…その…なんだ。
そこまでせんでも…
こだわってるこだわってるw
分かりやすいといえばそうなるのでしょうが、やり過ぎの感も否めないところが、これまた大阪と言えば大阪という訳でして。

そして完美の方でも。
をいをい…
人間の町・剣仙城の、城門の上に来て、はっと気がついたら…。
○原かよ…
これは…ちょっとやり過ぎのような気もするが…。

…疲れた…orz

2007年03月16日

ちょ…続

本日は取り敢えず家の車を借りて通勤。
ワタクシの車はトヨタへ修理に。

…やっぱ保険を使わなアキマセンかそうですかorz
これは予想ですが、保険を使わんかったら、きっと20万↑なんやろうなと…。

しかしまぁ、一気に全部割れなかったのが、不幸中の幸いです。
もしそうなってたら…オソロシス(((;゚д゚)))ガクガクブルブル

2007年03月15日

ちょ…

本日夜、大阪では雨でした。
今日は当直がないので、運転して帰っていたのですが、何か視界の端でキラキラしてるんですよ。
雨が降ってるから…にしては、滴が流れていくみたいには動かんな…。
そして、ある恐ろしい事に気がついたのです。
やや斜め前から

何の変哲もなさそうな私の車ですが…。
一部を拡大してみましょう。
拡大してみますた

これを見てすぐ分かった人は、かなり鋭いですorz

確かに、出勤の時に運転してたら、『バキン』っていってました…。
あの時は、「小石か何かがぶつかったんかいな、それにしては結構でかい音やったな…。」程度でした。
それが、これだったのです…。

ちょ…orz

フロントグラスに亀裂ハケーンw

( ゚д゚)…。

( ゚д゚ )

2007年03月14日

ゴルフスクール3の⑧

恒例一日ずらしのゴルフスクールですが、今回で第三期も糸冬了。
早いものですorz
先週は花粉症?のせいで一回飛ばしましたが、第三期の〆ということで、まんべんなく見てもらいました。

まぁぼちぼちいけるようにはなってきてます。
少しはまともに当たるようにはなりました。
アイアンは番手通りにちゃんと飛ぶ…事もあります^^^^^^;;;;;;
ワタクシの場合、6Iを基準で考えてます。
6I = 150Yでだいたいいけるのですが、恐ろしいことに各番手ごとに10Y刻みで飛んでくれます。
その他、1W~ウェッジまでの各飛距離は、およそ下のようになってます。

1W = 250~270Y
4W(ロフト18°) = 200~220Y
3I = 180Y
4I = 170Y
5I = 160Y
6I = 150Y
7I = 140Y
8I = 130Y
9I = 120Y
PW = 110Y
AW(ロフト52°) = 90~100Y
SW(ロフト56°) = 60~80Y
LW(ロフト60°) = 40~60Y
勿論、ウェッジはこの距離よりも短い範囲でのショットを想定してますが、最大かつ平均的な飛距離ということで…。

これはまぁ、クラブの性能でしょうね^^
決して自分の腕ではないです^^;
ああ、あと、『長いクラブほど意識してゆっくり振る』のが良いみたいです。
3Iを見てもらったときに、やはり振り急いでるとのことでした。
思ったよりもしっかりと『間』を取って振る、というのが、長得物のコツのようです。
ただ、クラブとその人のスイングによって、『間』は微妙に変わってくるので、それは各人が体で覚えていくべき事だそうです。
ほむほむ…。

しかし問題は、ood shotしたときとそうでないときに、差がありすぎることです。
例えば件の6Iですが、good shotしたときは180Yくらい飛んでるんですよね…。
これは困った。
こうなったら、全部good shotになるよう頑張るしかないか…!
あとは相変わらずドライバーがややスライスになることですが、これもちゃんと直していかないとね。
ドローをかけて、目指せ飛距離300Y!

…イケたらネ申。

2007年03月13日

抜釘と完美は…?

さて、本日は手術日ですが、抜釘のみ。
しかし全麻には違いないので、慎重に頑張りました。
H17年12月に手術しましたが、年齢的に若いのと、肩を動かすときにプレートが引っかかっていること、さらに軽度の拘縮(関節が固まること)があるので、これの解除もついでにしましょうということで、手術になりました。
これを…
右上腕骨頚部骨折術後正面

こうしたのです。
右上腕骨頚部骨折抜釘術後

スッキリヽ(´ー`)ノ
やっぱ若い人だと、全身麻酔がやりやすくていいわぁ…。

さて、噂の完美世界の方ですが…例によって昨日は鯖が炎上してたようですw
だって最初に一つしか鯖がないんだものwwwwww
絶対無理wwwww
というのも、事前に登録されたMK-ID(ポータルサイトの登録ID)数が、なんと22万。
最低でも鯖は五つは作るべきでしょうに…常識的に考えて…。
他のオンラインゲームの躓きを、参考にせんかったんやねぇ。
しかも、既にBOTが動いているとの情報も、ネトゲスレでは見受けられます。

で、能書きはともかく、取り敢えずLogInしてみたのですが、何とか入れました。
レドの名前は…取れますた。
PWでのレド
ちょっと目を閉じかけている瞬間なので、糸目になってますがw
そして勢いよく、行ってみましょう!

…。
予想通りというか…中華ですなぁ…w
それにしても人多いし、いきなりメンテかいなorz
最初の村…でもメンテだってさ

という訳で、本日はここで終了orz
ま、クリックゲーという話も多いし(主にネトゲ実況3スレ参照)、ぼちぼち行きますかね。

2007年03月12日

水に関するあれこれ

巷では、何やらアフォなおっさんが、一本5000円もするという水を飲んでるらしいですな。
しかも年間約500万円分とかなんとか。
こっちは水道水だけで十分なのですが、なんとまぁ…と呆れかえりますた(´・ω・`)
日本の水道水は、カルキ臭いとか何とかいわれながらも、世界的に見るとかなりマシな方なのです。
でもまぁ、「美味しく飲める水」を求める気持ちも分からんでもないが、それを国民の税金で賄うというのは如何なものか。

それにしても世の中には、トンデモ商品も数多く存在するわけでして。
昼休みに医局で話題になったので、放射線科の先生と一緒に、検索しまくってみました。
どうもこれあたりがアヤスィんではないかと…。

実はワタクシ、上のサイトはじっくりと読んでません。
なぜか?
…タイトルだけで十分ツッコミ甲斐のあるモノでしたので…。
ほら、一番上に書いてあるっしょ?

『ナノクラスター有機ゲルマニウム水・ルルド水の販売 [オンラインショップ Ge-132]』

…ルルドの水ってあんた…。

これのことかえ?

なかなか…㌧デモですわwwww
もし松岡農水相(おっと、言っちゃったw)がこれを飲んでるなら、カナーリステキな科学的脳ミソと言えるでしょう。
Tu-Ka、逝ってヨシ!
しかも例のゲルマニウム水?のページをちらりと見てみましたが…。
以下、説明文の一部を抜粋

これを解消するためには水分を補給すればよいのですが、水道水や市販の飲料水では、細胞壁を自由に通り抜けることができない状態の水の分子集団になっているのです。

赤ちゃんの体内の水は、ほぼ100%クラスター水です。それが、30代半ばには約半分に、60歳にはなんと20%近くにまで減少してしまうのです。

( ゚д゚)ポカーン

細胞壁って、水はダダ通しですが…。
そもそも人間には細胞壁はありませんって^^;
中学校レベルの話でんがな。
一般には、いわゆる「植物」の細胞には細胞壁が存在しますが、「動物」の細胞には存在しません。
しかも基本的に細胞への水の流入は、浸透圧差の存在によって常に生じています。
(ここらへんも中学生物で出てきてたような希ガス…。)
このため、細胞内は常に入ってくる水分を、どこかで細胞外に出してやらねば行けません。
その水分をNa-Kポンプというもので常に細胞外に汲み出されているわけですが、このあたりの科学知識の扱いって一体どうなってるんでしょうね。
現在正しいと考えられている知識もへったくれもないですな^^;
参考:サントリーの水大事典
↑このへんが、結構詳しくて面白かったです。
なお、高校生物ではこのレベルだそうです。
参考までに…。

また、水クラスターっていっても、大きな塊になって動いているような感じで説明してますが、あれは一瞬一瞬で見ると(時間的微分とでも言いますか)、「塊になってるように見える」というだけで、強固に固定している訳ではありません。
もし水分子同士がしっかりと結びついてるのなら、それは既に氷ですわ。
そんな細胞壁も通過できんような水が水道から出てきてるんなら、水道水で水をやってる植物は、全滅ですなw
あれあれ、スプリンクラーで水を撒いてるのは…あれって無駄ですかwwwwww
水クラスターに関係する㌧デモに対して、科学的に解説しているサイトも多いです。
水クラスター -伝搬する誤解-
■水の話 ~化学の鉄人小林映章が「水」を斬る!~ の「クラスター」の項目
とはいえ、『水クラスター』でググると、最初の二つがまともなサイトで、後は全部㌧デモサイトなんだよね…。

しかも、「赤ちゃんの体内水分のほぼ100%がクラスター水」って説明はこれまた…唖然としますね。
単純には、「液体の水」である限り、クラスターは存在し続けますがねぇ。
100%という数字の根拠は?
年齢と共にクラスターが減るって、どういう理屈で減っていくのか?
体内で存在している水分のうち、クラスター水とそうでない水をの成分比は、どうやって算出するのか?
何か科学的にそう断定できる証拠を出して欲しいものですなぁ…。
この世界に存在する限り、一応物理学的法則が適用されるはずなので、何らかの科学的理論的説明が出来るはずなのですが^^;
まぁ根拠となる参考論文を出していれば、ある程度説得力もあるでしょうがねぇ。
このサイトを信じる奴って、小学生以下ですかね。
小学生でも、一定以上の人間は信じないぞ、こんなのw
世の中の科学って、どないなっとんねんヽ( `д´)ノ

しかしなんだ、そう考えると安倍内閣って…こんなクズばっかりよく閣僚に採用したもんやなぁ…。
「産む器械」発言をした厚労相の柳沢といい、こいつらの頭の中っていったい…?
こいつらを、いっぺん生きたまま解剖したくなってきましたよ。

ぶっちゃけ、オ㍗ル。

それと、今年の流行語大賞は、

「ナントカ還元水」だ!

よく覚えといてくだしあ。

と、ここまで書いてて色々調べてたら、ニュースサイトに出てましたね。
疑惑の洪水…「1本5000円」高価水の逆効果
'`,、('∀`) '`,、
「今、水道水を飲んでいる人はほとんどいない」と公言しちゃったもんなぁ…。
東京や大阪の水道局員の苦労って、いったいなんなんでしょうw
まぁ水道関係の予算が少ないのは分かりますが、国のトップが「地方の水道局は役に立ってねぇよ!」と言っちゃったようなもんですよ。
先日書いた国循ICUの話と、ちょっと似てるかもしれんね。
この発言で辞めてしまう水道局員が続出したら、ある意味笑えるのですがorz
それにしても光熱費で約500万、その内容がゲルマニウム水って…

チョットマテ。

それは飲食費ではないのか?

光熱費としてゲルマニウム水…。
発電できる…訳ない罠。
こうなったら正直に、「昼に飲む水代ではなく、夜に使う水代になりました!」って言っちまえばええのにねw
某掲示板ν速スレより拝借。

183 名前: 名無しさん@七周年 投稿日: 2007/03/12(月) 12:52:09 ID:tlCXsvCH0
銀座のお水に還元しました。


って答えれば神だったのに。

いやマジでネ申でしょうw
山田君に座布団5枚は持ってきてもらえたのに、残念ですねぇwwwwww

2007年03月11日

もうすぐ来ます

何が来るかって?
それは、完美世界のオープンβ。
なんと03/12から開始なのです!
しかしワタクシはなんと当直なのです!
orz

それはともかく、キャラの顔にアクセントがつけられるのと(目つきとか頬の形とか、胸のでかさも選べるらしい…完美Wiki参照ね。こっちもあるけどね)、服がいっぱいあって(・∀・)/イイネ!
しかも前評判が結構高めで、人が多そうなので…。
人が多くないと、MMOって面白くないですもんね^^;

大陸由来のゲームですが、半島系のゲームとどう違うのか、見物ですね。
ちなみに、料金はすべてアイテム課金になる予定とのことです。
基本無料(・∀・)/イイ!

という訳で、公式からクライアントをDL…。

…。

ファイルサイズ2,302,706KB…?

…。

Σ(゚-゚*)

2Gでつか^^^^^;;;;;;

やれやれ、ウチのGigabit回線でも、2時間近くかかるぜ…。
ま、夜中のウチにDLしといてもらうかね。
ガンガレ、超ガンガレオレ様のPC。

という訳で、βテストの感想は、03/15~16くらいになると思われます。
wktkして待て!
ってか自分で体験してみそ!

2007年03月10日

お疲れ様な話続報~どんどん崩壊中~

先日、医療崩壊の話をしましたが、実はあれには続きがあったのです。
それは…

一斉退職カバー予定の医師2人も退職

 国循センターICU


 国立循環器病センター(大阪府吹田市)の外科系集中治療科(ICU)の5人の専門医全員が3月末で一斉に退職する問題で、4月以降ICUをカバーすることになっていた心臓血管外科からも40代のベテラン外科医2人が3月末で退職することが9日、分かった。

 同センターの心臓血管外科は、虚血性心疾患や弁膜症、不整脈疾患の外科治療のほか、慢性心不全患者に対する補助人工心臓の装着や心臓移植などを担当する。循環器病治療の国内最高峰である同センターは、国内で実施された41例の心臓移植のうち半数の21例を手がけている。

 退職する2人の医師は執刀を含め、そうした治療の中心的役割を果たしていた。

 ICU専門医の一斉退職にともない、同センターは外科とICUの分業態勢の見直しを検討。4月以降は、術後患者の管理・集中治療も執刀した外科チームが継続して行うとし、心臓血管外科にはこれまで以上の治療内容と責任を担わせる計画だった。

 同センターは「2人に代わる新しい医師を採用するため努力している。4月には補完し、患者に迷惑がかからないようにしたい」としている。

(2007/03/10 08:06)
産経Webより。 記事のリンクはここ。 切れてたらスマソ。

あ~あ、やっちゃった…。
ICU管理の麻酔科医に続いて、心外(心臓血管外科)の医者も辞めるんか…。
国循の外科系は、機能停止状態ですなぁ…。
患者さんには悪いけど、病院側が医者を家畜の如く扱ってきた末路が、ここに現れてしまったようですね。
まぁ金にモノを言わしてどうこう、という医者もいてるのは事実ですがね。
でも医者も人間でして、休みを取らせないと働けませんw
特に心外とか脳外は、一回の手術時間が長くて、しかも医者の数が少ないので、どうしても一人あたりの労働時間が長くなってしまいます。
48時間もほとんど寝ないで仕事をして、仮にミスが起きたとしたら、それが全部医者の責任になる…。
そんな環境下で働きたいと思いますかね。

今までの積もり積もった鬱積が、吹き出してます。
まぁとうの昔に産婦人科小児科はこの状態なのですが、続いて心外、脳外、内科、そして整形も、続々と燃え尽きていってます。
厚労省が責任を取ってくれればいいのですが、あのアホ大臣(柳沢のことな)が一番トップを務められるくらいですから、厚労省も大した組織ではないということですな。
上から下まで全部カスですわwwwwww

笑い事や無いけどナー。

2007年03月09日

眠いorz

昨日の当直は、予想通りでした。
深夜に数度、終末期の患者さんの様子を見て、早朝に死亡確認してお見送り。
患者さんもしんどかったでしょうし、本当にお疲れ様でした…。
最後は自分もああやって…と思ってしまうのですが、はてさて、どうなることやら。
畳の上で、というのは理想ですが、明日は我が身で頑張らねば。
まぁ他人の不幸でメシを食ってる罪深い仕事なので、まともに死ねると思ったら大間違い、と言われたらそれまでなのですけどね^^;

しかし話は変わりますが、春眠暁を覚えずとは言いますが、やたらと眠くて困りますね。
病院は田舎の方にあるため、梅の香り(もう散ってきてますが^^;)と花粉が、大量に院内に流入してきます。
ヤレヤレだぜ…。

とは言え、本日はマッタリとした空気が漂っており、花粉さえなければ…という感じですかね^^;
昼からは自己血貯血もありましたが、無難に終了しております。
夜診もそこそこで完了。
そして…風呂で撃沈して、1時間ほど寝てましたが何か?

2007年03月08日

膝の日

本日の人工関節は膝。
TKAはちょっと間が開きましたが、れっつごぅ!
でも主治医ではないが…。
と、取り敢えず術前Xpドゾ。
右膝関節OARA術前正側面
この方はもともと変形性関節症(OA)があった上に、慢性関節リウマチ(RA)を発症したため、関節の減り方が外側と内側で同じような感じになってます。
関節のすき間が全然無い状態ですね。
これを…

こうしますた。
右膝関節OARA術後正側面
ま、手技書通りです。
麻酔も順当でしたし、今日はまぁぼちぼちですね~。

そうそう、手術が終わって患者さんが病室に帰り一段落したときに、病院の窓から真っ赤っかな空が見えてましたので、思わず屋上に行って一枚撮ってきました。

日が沈む…

わびさびであります。
(´・ω・`)…
(´;ω;`)ブワッ

2007年03月07日

受難中でございます

ゴルフスクールはお休みでした。
いあすんません、自主休講ですm(_ _)m
鼻詰まりが凶悪で、息が出来ませぬ…orz
花粉のせいか、はたまた、ただの風邪かは誰にも分からないところがミソですなw
という訳で、ゴルフは一週間お休みですZzzz...

で、今日は例によって出先での外来→救急外来のコンボなのですが、昼前に来た人にとどめを刺されました。

「xxxさんどうぞ」
ドアが開いて、その人の顔を見ました。

…ちょ…目つきがちゃうでしかし…。

その瞬間、ワタクシの医療マインド腹の虫がささやきました。
これはヤヴァイ、糸色文寸ヤヴァイ!
そう、何かを思い詰めたような、微妙に焦点の定まらない目つき。
「自分は痛風だ!」と言い切って、自ら病気になるような態度。
そして何より、「さっさと診断しろ!」というような脅迫的な態度。

痛いという関節は腫れもなく、問題なし。
勿論レントゲンを撮っても異常なし。
圧痛もなく、他の関節も疼痛無し。

…どっちかというと…P科だよね…。
でも何だかんだと検査のご要望があるので、ここでワタクシの最終奥義が炸裂しました。

内科への診療依頼キタコレ。

高尿酸血症なら、全身のコントロールが必要と判断し、内科受診をお勧めしました。
無論、関節症性変化や痛風結節が出来てて手術が必要とかであれば整形外科の担当ですが、高尿酸血症そのものは代謝性疾患なので、やはり内科の先生にお任せするのがよろしいかと思った次第であります。

…内科の先生、ゴメンねゴメンねm(_ _)m

2007年03月06日

骨折と人工関節

さて、本日は昨日来られた、左腓骨遠位端骨折の手術からです。
術前術後まとめて行ってみよう!
左腓骨遠位端骨折術前術後正面
向かって左が術前です。
矢印が骨折線ですが、ほとんど転位(ズレ)は無い状態です。
ただし、このままにしておいてもくっつきません。
何故ならば、関節の中に骨折線が入っており、骨折部に常に関節液が流れ続けること、また腓骨の遠位端には足関節外側部の靱帯が付いており、常に牽引力がかかるため、転位は大きくなる一方だということ。
この2点の理由で、手術の適応となる訳です。
で、右側が術後でして。
いつもの鋼線締結法で終了。
手術はあっさり43分、午前中に完璧に完了できました。

(・∀・)/イイ!

そして昼からは人工関節…の予定。
患者さんは大腿骨頭壊死
の方で、人工関節になるか人工骨頭になるかは、最終的には開けてから判断することになっています。

これが術前Xp。
左股術前正面
どこが骨頭壊死…?
慣れてくればXpだけでも診断できるのですが、ここはやはりMRIで。
両股冠状断MRI
どこが壊死…?
ここ↓
左大腿骨頭壊死
MRIの拡大像ですが、骨頭の荷重部(体重を受けるところ)が、黒くなってます。
反対側と比べると吉ですが、これは正常な骨組織が無くなって、瘢痕様の組織になってる状態です。
このまま放っておくと、いずれは変形が一気に進み、疼痛もひどくなります。
この状態で骨頭を切除し、臼蓋(天井側)を見て、人工骨頭か人工関節か、どちらかを選びます。
で、手術中の所見で、あまり軟骨の損耗が無く、比較的きれいだったため、人工骨頭になりました。
左人工骨頭術後正面

まぁ…普段通りです。
比較的早く終わって、やれやれです。

2007年03月05日

朝から雨だと

外来が減る

こたぁない^^;
雨が降る→暇だ→そうだ、病院に逝こう!
というパターンも多いわけで。
問診票を見ると、二ヶ月前から腰痛、三週間前から肩が痛い、などなど。
あんまり粘って我慢しなくてもいいのヨいいのヨいいのヨ。

ε-(ーдー)ハァ

まぁその中でも、手術の必要な症例はあるわけでして。
明日無理矢理手術を入れましたが、腓骨遠位端骨折が入りました。
午前中にさくっとやってしまうつもりですが、さてさて如何なものか…。

今日の当直で寝られんかったら、ちょっとキツいもんがありますが、そこはそれ、運転中に適宜睡眠を取っt(ry

2007年03月04日

何もしない日…しかし

朝から和歌山へお墓参り(彼岸頃にも行くけど)。
そして症例報告のまとめのために、データベースを検索してました。
いろんな症例を検討して、良さげな例を報告して…

あ゛?

ありませんが?

ちょ…。
いくらクローズドな環境に置いてあったとはいえ、300件近くのデータが…?
まさか、㌧でしまって…?

orz

…紙に書いてあったオペ記事を参照にするしかないのか…orz

2007年03月03日

早春の一日

少し涼しい目ですが、いい季節になりますた(´・ω・`)
…花粉さえなければ…(´・ω・`)

目は痒い、鼻はぐすぐすと、どうにもならないぽ(´・ω・`)
まぁいざとなれば手術室に逃げて(・∀・)/イイ!空気を吸いますが、それでも通勤の時はもうだめぽ(´・ω・`)
車の窓を開けて走るから自業自得である、と言われればそれまでですが(´・ω・`)

ともかく、今日も今日とて居残りターイムですが、特に何も大きなこともなく、もうね(´・ω・`)
こんな時、開業してたら昼からの時間を有意義に使えるんだろうな、とか妄想してしまうのです(´・ω・`)

それは置いといて、相方が風邪ひきでして(´・ω・`)
インフルエンザではなさそうなのですが、熱っぽくって、心配です(´・ω・`)
少しは食欲はあるみたいなのですが、どうにも弱ってるみたいで(´・ω・`)
何かできることはないかと思うのですが、ワタクシはドンクサイ男ですので、なかなか気づいてあげられません(´・ω・`)
頑張ります(´・ω・`)

2007年03月02日

お疲れ様な話~医療崩壊中~

昨日、当直中にニュースなどで話題になってたので、取り上げてみましょう。
久々に真面目なネタですが、ご容赦を。

記事ですが、リンク切れたら嫌なので、まるっとコピペしますた。
産経新聞が元ネタで、禿ニュースのモノをコピペしてます。
赤字や字のサイズはワタクシが改変しております。
ただし本文はそのまんまです。

ICU医師全員退職へ

国循センター 執刀との分業困難


3月1日8時0分配信 産経新聞

 国立循環器病センター(大阪府吹田市)で、外科系集中治療室(ICU)の専属医師5人全員が、3月末で同時退職することが28日、分かった。同センターは国内で実施された心臓移植の半数を手掛けるなど循環器病治療の国内最高峰で、ICUは心臓血管外科手術後の患者の術後管理・集中治療を受け持ち、診療成績を下支えしてきた。同センターはICU態勢の見直しを検討している。

 同センターによると、ICUには5人の専門医が所属。所属長の医長を含む2人のベテラン医師が辞職を表明したのをきっかけに、指導を仰げなくなる部下の3人の医師も辞職を決めたという。

 ベテラン医師2人は辞職の理由を「心身ともに疲れ切った」と説明しているという。

 同センターのICUが対象とするのは、先天性心疾患や冠動脈・弁疾患、心臓移植、大血管疾患などさまざまな心臓血管外科系の難病患者。成人だけでなく小児も対象とし、外科手術後の患者の最も危険な時期の全身管理や集中治療を24時間態勢で行ってきた。

 ICUの入院病床は20床で、年間1100症例を超える重篤な患者を受け入れ、常に患者の容体の急変に備え、緊張を強いられる環境にあった。

 同センターは、5人に残るよう慰留を続けているが、辞職の決意は固いという。

 このため4月以降は、他部署からICUの専属要員を確保するものの、ICUでの患者の超急性期管理・集中治療は、執刀した外科チームが責任を持って行う態勢にすることを検討している。

 同センター運営局は「特にベテラン2人に代わる人材はおらず、これまでのように執刀チームとICUの分業ができなくなる。しかし、手術件数を減らしたりICUでの管理が不十分になるなど患者に影響を与えるようなことはない」と話している。
こちらは東京新聞の記事より抜粋。
ICUの医師集団で退職

 国立循環器病センター


 大阪府吹田市の国立循環器病センターで、集中治療室(ICU)の専属医師7人のうち5人が3月末に退職することが1日、分かった。

 センターによると、ICUは20床。心臓移植など心臓血管外科手術を受けた患者の術後管理などを担当している。4月以降は専属医師を補充せず、執刀した外科チームが術後管理も担当するなどして対応する。センターは退職の理由を明らかにしていない。

 佃龍庶務課長は「診療機能の低下はなく、患者への影響はない」と話している。

 センターによると、所属長の医長を含む30-40代の男女5人が退職を表明。センター側は慰留を続けたが意志が固く受け入れたという。

 国立循環器病センターは1977年に設立。心臓移植など循環器病治療の先進病院で、ICUでは重篤な患者を年間1000人以上受け入れている。
(共同)

( ゚д゚)ポカーン
ツッコミどころ満載ですが…。
産科小児科が崩壊した今、いよいよ内科外科にまで完全崩壊がきましたね。
まぁ…だいぶ前から崩壊は進んできたので、関係者にとっては「ああ、そう」って状態ですけどね…。

では、記事に関してちょっといじってみましょう。

見どころ・ツッコミどころ

1.ICU所属の医師5人全員が辞職って…
指導医二人が「疲れた」ということですが、これは当然でしょう。
24時間管理の必要な重症例を、年間1100例以上診ていたとのことですし、それら全てに対する最終的な責任を、管理者は負っているわけです。
単純計算で、5人で1000例=年間200例/人です。
重症患者でも、一日でICUから出られると仮定しても、年間200日はほぼ泊まり込み状態ですよ。
しかもそれで何かあったら(自分が手術してなくても)、管理してる人の責任=即訴訟という状態に怯えながら…。
また下っ端の3人も、「指導を受けられなくなる」と言って辞めるのは当然でしょう。
ヘタに残って全責任と、人数減した分の管理を任されるとなると、先手を打たねば自分の身がヤバイですし。
5人が3人に減ったとして、これも単純計算で、200例/人 × 5/3 ≒ 333例/人。

絶対無理w

こんな数をICU管理してたら、先に医者が参ってしまうし、何より患者さんがかわいそうですわ。
医療ミスを誘発するようなもんです。

これを受けた某巨大掲示板では、以下のようなご意見が続々と出ております。

109 名前: U-名無しさん [sage] 投稿日: 2007/03/01(木) 20:19:36 ID:PPmHdKhH0
なんか、もう「がんばらなくていいんだよ…パトラッシュ」って感じだなあ
orz

110 名前: 卵の名無しさん 投稿日: 2007/03/01(木) 20:22:38 ID:wHBRqyp90
お前ら、一言いわせてくれ。

わが生涯に一片の悔い無し。

111 名前: 卵の名無しさん [sage] 投稿日: 2007/03/01(木) 20:27:00 ID:PyUUJ+jp0
5人て
コンビニ以下だな

もはや涙無くしては語れまい…。・゚・(ノД`)・゚・。

2.病院側の対応は…
庶務課長曰く、「診療機能の低下はなく、患者への影響はない」って…。
24時間ICUで術後管理をしてた人間が5人も辞めて、病院機能に影響はないのか…すごいね。

まぁ、病院も良かったじゃないの、要らぬ人件費が削れて。
手術をした心臓血管外科も良かったじゃないの、術後も自分たちできっちりと対応できるようになって。
辞めた人々も良かったじゃないの、熱心でまともな仕事に対して正当な報酬のもらえるところに行ける希望が見えて。
みんな丸く収まって(・∀・)/イイネ!

…人が少なくなったことで影響がないということですから、きっと人手不足による事故なんて、全く起こらない病院なんでしょうね~。
素晴らしい病院です!
さすが国立病院!
ウチみたいなボロい病院とはひと味違うぜ!
時代の最先端を逝っている!
人手が少なくても病院機能には問題なし!
事故もまず起こらないということでしょう!
ミミ彡  ゚̄ ̄' 〈 ゚̄ ̄ .|ミミ彡  正直、感動した!

…医療は受ける方にも選択の権利がありますので、みなさんも心してくだされ。

3.結局のところ…
145 名前: なじゃあちょっと改変して、こんな感じか? [sage] 投稿日: 2007/03/01(木) 23:44:46 ID:GPCgJeih0
以下はあくまでも一般論を想定したフィクションです。現実の出来事とは何の関係もありません。

センター機関と言う恵まれた環境とブランド盲信者のおかげで完全な売り手市場
おかげで執刀医や手術をする連中は、マスコミやコネのある有力者にいいたい放題。ウマー放題。

手術ジャンキーは緊急でも何でもどんどん受けて症例数増やせば、とにかくハッピー
手術結果が多少アレでもブランド力で家族も納得だからチャレンジケースでも無問題。
やるだけやったら、 「後はヨロシク」で シャワーにビール。

サージャン様は心地よい疲労と達成感でまどろみのころ、ICUでは不眠不休の術後管理。
不整脈、出血(ちゃんと止血してから帰って来いよ!PC入れてもFFP入れても止まんねーよぉ)
遷延する心不全との闘い。PCPS LVAD IABP  除細動だ、ペーシングだ、HDだ。 
移植手技なんかは動脈心房縫えりゃ研修医でもできる。問題は術後管理、免疫管理。
またも不眠不休の管理管理管理管理。

ムンテラで 「手術 は 成功しました。」ってか?バカヤロー!

いくらがんばったって、LowOutput、大量輸血下のMOF、感染なんて後からコントロール
にも限度がある。 勝負はオペ室であらかた決まってんだ。術後管理のせいじゃねえよ。
早く抜管してICU退室させなきゃ次のオペができねえってか? ならお前が抜け!抜けるようなオペしろ!

助かったら、手柄感謝はサージャンのもの。 
死んだら「生かして渡したのにお前らが殺した」となじられ、
ICUは所詮パラメディもどきの麻酔屋の仕事と、口には出さねど目が語る。
         /\
        ../  ./| ふざけんなぁぁぬあぁぁぁぁ!!!!!
      ∴\/./
     _, ,_゚∵ |/   サージャンだけでできるもんならやって見やがれ!
   (ノ゚Д゚)ノ    
  /  /        俺らは奴隷じゃねーぞ!

って気になったりするんじゃないかな? などと妄想をたくましくしてみる。

146 名前: 卵の名無しさん 投稿日: 2007/03/01(木) 23:51:14 ID:nHc2cygA0
>145
もらい泣き。リアルすぎ。

。・゚・(ノД`)・゚・。
まぁ国循の心外がどうやったか知らんけど、これに似たような状況ではあるんやろなと思います。
とにかくは、もはや医療崩壊は止められないということ。
それだけは真実です。
あと数年~数十年で、日本での医療は、金持ち限定の贅沢品になるかもしれませんよ。
厚労省に某柳沢みたいな人間がいてる限り、この傾向は改善されないかと…。

2007年03月01日

本日も手関節でした

ええ、タイトル通り、左橈骨遠位端骨折の手術でした。

・術前Xp
左橈骨遠位端骨折術前正側面
尺骨茎状突起も㌧でますので、こちらも固定せんとイカンのです。

・術後Xp
左橈骨遠位端骨折術後正側面
茎状突起もK-ワイヤーで固定して、完了。
ヽ(´ー`)ノ

しかし遂に3月になってしまいましたね。
いよいよ春本番ですかそうですか。
花粉さえなければなお良いのですが、そうはイカの何とやら…。

今日の当直も、花粉が気になります。
鼻水と鼻血が出るわ、目は痒いわ…。
どこの催涙ガステロでつか?という感じです。
モウヤメテ…orz