夜を駆け抜けろ! Entry : おばあちゃんご乱心orz

« ゴルフスクール3の④ と、愚痴 | MainPage | …何故…orz »


おばあちゃんご乱心orz

…月曜の夜中(火曜の未明)に、背部痛で緊急入院した患者さんですが、内科的に問題が無く、また整形外科的にも特に骨の異常はなさそうなので、まぁちょっとゆっくりしてから週末退院…と思ってたらorz
95歳という年齢的なものと、認知症、それに難聴が加わって、しかも家とは違う環境の病室にいてることで、手のつけられない状態にorz
夜中にベッド柵を乗り越えて勝手に歩き回ろうとするので、疼痛があっても基本的な行動は可能と考え、退院するように家族に説明しました。
冷たいようですが、看護師人数の不足しがちな病院では、対応不可能です。
むしろ老健施設などで見ていただかないとアカン状態です。
もしも病院に居続けると、認知症の悪化や、転倒→骨折→重症化という最悪のシナリオが見えてしまいますので、こればかりは仕方ないでしょう…。

あまり大きな声では言えないけど、家族さんはどうやらおばあちゃんを病院に預けたかったみたいで、昨日ワタクシの上司が上のような説明をした際に、家族さんがすごい形相をしてたということを聞きました。
事実上、姨捨山みたいなもんですな。
悲しいけど、これって今の日本の医療なのよね…。

で、本日も当直なのですが、整形もデカい手術はなく(外来でのバネ指の腱鞘切開+腱鞘部腫瘍切除)、外科の患者さんもみな落ち着いているとのこと。
内科は…まぁ…推して知るべしorz
取り敢えず、症例のまとめでもしてるかねぇ。


≪Trackback≫

このエントリーのトラックバックURL:





コメントを投稿