暁の星を掴み取れ!でタグ「ORIF」が付けられているもの

股関節と膝

| |
一件目、大腿骨頚部骨折→C-CHS。
二件目、変形性膝関節症→TKA。

まずはC-CHSから。Garden分類stage2の骨折です。

190108_01.jpeg
しっかり固定ok。
明日からリハビリ開始ですが、認知症の強い方ですので、どこまで回復するか...。ちょっと心配です。

では次に行きましょう。

いきなり!手術 ・リベンジ編

| |
昨日延期になった大腿骨転子部骨折の手術です。

いつものように髄内釘で固定。

190105_01.jpeg
はい、問題無し。

骨粗鬆症のお薬を長いこと内服していたせいか、骨は硬いのですがチョークのように脆い面もありました。最近の骨粗鬆症の治療にはちょっと反した面もありますので、近所の開業医さんに戻られるときには、それに関する情報も送った方がよいですね。

なかなか医療は日進月歩です。

足関節の手術

| |
厳密には、腓骨遠位部骨折の手術ですが。

あまり大きな転位のない骨折です。が、勿論、プレートでしっかりと固定します。

181211_01.jpeg
いつものように、プレート固定で問題ありませんでした。

これで明日から装具を使って、全荷重歩行もokでしょう。年末までに帰ることが出来るかな~。

久々の手関節

| |
最近少なかったのですが、手関節の手術です。橈骨遠位部骨折→ORIFの、いつもの流れですが。

181204_01.jpeg
これを、

181204_02.jpeg
このように。

本日はこれであっさり終了。本番は明後日ですね~。

その他にも厄介な問題はありますが、なんかもうしんどいですわ...。

足関節ですが...

| |
ここのところ多い、足関節の骨折です。三踝骨折ですが、後踝はかなり小さいのでそのままにしておいて問題有りません。内外踝をいつものように固定します。

181122_01.jpeg
かなりかっちりと整復固定okです!
流石にぐらぐらの骨折ですので、即荷重開始という訳にはいきませんが、安定してリハビリが始められそうです。頑張りましょう!

転子部骨折、その他。

| |
粉瘤切除と抜釘、そして大腿骨転子部骨折のORIF。

抜釘は鎖骨で、本年3月29日に手術を行った方です。

181106_01.jpeg
このように問題無し。骨癒合もバッチリです。

次行きましょう次。

手術が二件

| |
手根管症候群→手根管開放
母指基節骨骨折→ORIF

どちらも日帰り手術でした。なので、レントゲン写真は割愛...

...と思ってたら。

181030_01.jpeg
はい、院内発生の転子部骨折ドン。この方は9月27日に人工骨頭置換術を行ってリハビリも順調だった方ですが、昨日夜に車イスからずり落ちて受傷しました。それくらいの外力でも折れるくらい、弱ってるってことですね...。勿論、骨粗鬆症の治療も平行してやっていましたが、一ヶ月程度で骨粗鬆症が治るようなら苦労はしない訳でして。

大腿骨、その他

| |
朝から大腿骨転子部骨折→ORIF、昼から手根管症候群→手根管開放、そして抜釘の三件でした。
後ろ二者は割愛...。

大腿骨転子部骨折は、このようにいつものごとく髄内釘固定を行いました。

181016_01.jpeg
しっかり固定できましたので、明日からリハビリです。
...認知症が結構強いので、どれだけ復活できるか分かりませんが...。

はーい、肘です!

| |
肘頭骨折一件。いつものように鋼線締結で。

181011_01.jpeg
しっかり固定できました!

またもや足関節

| |
最近多いです。

今回もこのような両踝骨折ですが、いつものようにしっかりと固定!

181004_01.jpeg
外側はlocking-plate、内側はtension-band-wiringです。

ちょっと腫れrが強いのと、もともとかなり悪い糖尿病がある方ですので、創の状態を見てから後日、ギプス固定を行う予定です。

今週もこれで終了...だといいなぁ...。

台風でも手術はあります。

| |
足関節の手術なんですけどね。百聞は一見に如かず。ドン。

180904_01.jpeg
内踝も外踝も、後踝もバラッとなってます...。
しっかりと固定せねば!

180904_02.jpeg
このように、プレートと鋼線締結でしっかりと固定完了。
流石にしばらくは免荷ですが、骨癒合待ちでokですね。

夏も終わりですねぇ。

| |
朝、庭に水やりをしてから出掛けるのですが、涼しくなりました。このままの気温だったらエアコンは要らないのにな~と思いますが、日中はやっぱり30℃↑なので、まだまだ気をつけないといけませんね。

そして手術は二件、共に大腿骨転子部骨折です。

一件目はこんな感じ。

180830_01.jpeg
もともと転位がほとんどないので、しっかりと固定するだけです。

大腿骨は大腿骨でも

| |
今回は大腿骨異遠位部の骨折です。
術前はこんな感じで、顆部がバラバラに近いです。幸い、骨膜下の骨折にとどまってまして、完全な粉砕で骨片が消失している事態にまでは至っていませんが...。

180828_01.jpeg
複数の骨片に分かれていますが、前述のように、何とか骨膜下で原形をとどめています。

これを何とか、最小限の侵襲でこのようにまとめました。

180828_02.jpeg
整復はかなり良好かと考えますが、なにぶん、関節内の粉砕骨折であることは否めませんので、変形性関節症は必発です。ただ、かなり高齢(80歳代)の方なので、そこまで急激に変形は進行しないかな...とも思いますが。

いずれにしても、しばらくは患肢を固定してますが、リハビリは頑張りましょう!

通常営業再開。

| |
そしていきなり当直www

本日の手術はこちら。

180816_01.jpeg
大腿骨転子部骨折→ORIFでした。固定性は良好で、明日からリハビリです。

その他にも指の化膿創を廓清しましたが、こちらは例によって割愛で。

やっぱり当直

| |
眠りが浅くて、6時間横になっててもしんどいですな。
途中で電話もかかってくるから起きるし、仕方ないけどね。

そしてそれでも入ってくる緊急手術。本日も頚部骨折Garden分類stage2です。

180803_01.jpeg
いつものようにスクリュー固定で終了。比較的若い男性なので、明日から歩行訓練開始、週明けに退院の予定です。大丈夫かな...?

頚部骨折など

| |
いつものように。本日はGarden分類stage IIの患者さんです。

このような感じで、骨頭に頚部が陥入しています。

180731_01.jpeg
手術はスクリュー固定でok。

骨癒合率は約7割。問題無いと良いのですが、こればかりは経過を診ていかないと分かりません。
リハビリも頑張りましょう!

いろいろありました

| |
何故か上半身に偏るという謎もありますが。
1. 鎖骨骨折→ORIF
2. 手掌部の皮下腫瘍→腫瘍摘出
3. 上腕骨頚部骨折→ORIF

例によって軟部組織だけの二件目は割愛です。

まず鎖骨骨折から。

180710_01.jpeg
このように、遠位部で跳ね上がった骨片を、プレートとワイヤで固定します。しっかりと固定できましたので、問題無く明日から動かしてもらっても大丈夫ですし!

はい、大腿骨です。

| |
今日も今日とて転子部骨折。不安定型の骨折ですが、髄内釘でしっかりと固定します。

180705_01.jpeg
んむ、問題有りません。整復もokですし、固定もしっかり出来ました。明日からリハビリですが、今晩、じいちゃんが不穏になって大暴れしないことを祈るばかりです。

今週は(も)、おさぼり期間です

| |
外傷が途絶えると、途端に手術が無くなります。でも骨折患者を作る訳にはいきませんので、仕方がありません。給料泥棒モードに入りますかね...。

大腿骨頭壊死と鎖骨骨折

| |
一件目、大腿骨頭壊死→人工骨頭置換術。
本来はTHAすべきなのですが、アルコール性肝炎の肝不全状態ですので、あまり侵襲の大きい手術は出来ない、ということで、人工骨頭にせざるを得ませんでした。

180619_01.jpeg
ほぼ確定的に、アルコール性の大腿骨頭壊死です。このような状態ですが、いつものように人工骨頭置換術を。

180619_02.jpeg
いつものように、しっかりと設置できました。出血も少ないので、問題無いでしょう。多分。いずれにしても、明後日からリハビリです。頑張りましょう。特に、退院後はお酒は厳禁ですよ!

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

中の人について

  • ・くつろぐ筆者 test image
  • ※画像はイメージです。
  •  実際とは異なる場合があります。
  •  
  • ・EVE Online Character Redrick JJ
  • Redrick JJ:
  • ニヤニヤ笑いのCaldari人。
  • お仕事は主に掘りと生産。
  • 発明はギャンブルだ!
  • 所属corp:Wildcat Idc.
 

リンク集


月別 アーカイブ

アイテム

  • 190119_02.jpeg
  • 190119_01.jpeg
  • 190108_03.jpeg
  • 190108_02.jpeg
  • 190108_01.jpeg
  • 190105_01.jpeg
  • 181227_01.jpeg
  • 181218_01.jpeg
  • 181213_01.jpeg
  • 181211_01.jpeg
Powered by Movable Type 4.2-ja