暁の星を掴み取れ!でタグ「ORIF」が付けられているもの

手術いろいろ

| |
粉瘤切除、手根管解放、鎖骨のORIFと、各種。
三件目の鎖骨のみ、X線写真がありますので、そちらを提示します。

このような見事な骨折を、いつものように鋼線締結します。


190521_01.jpeg
出来上がり!

固定性は問題無いのですが、受傷時期がはっきりせず(少し認知症有りの患者さん)、陳旧性の骨折として考える方が良いだろうという結論に至りました。超音波治療も含めて、今後も加療を行います。

本日は手関節と膝関節

| |
一件目:橈骨遠位部骨折→ORIF
二件目:変形性膝関節症→TKA

では一件目から。

190514_01.jpeg
尺骨の茎状突起も骨折してますが、こちらはそのままにしておきます。
このような骨折を、いつものように

190514_02.jpegしっかりと内固定できましたが、やはり骨質はあまり良くないので、落ち着いたら骨粗鬆症の治療も始めましょう。

手関節の骨折

| |
今回の骨折は、結構粉砕してますよ。

190423_01.jpeg
橈骨・尺骨とも、背側の粉砕があります。幸い、掌側は比較的粉砕の程度が軽いのと、関節面は保たれていますので、何とか創外固定無しで、プレートのみでのこていでいけました。

190423_02.jpeg
こんな感じで、橈骨はプレートで、尺骨は髄内釘+経皮的鋼線刺入で、それぞれしっかりと固定できました。

結構晴れると思いますので、しばらく入院してても良いのですが、本人さんは早く帰るつもりのようです。GW前だしねぇ...。

鎖骨の抜釘と大腿骨

| |
本日の手術は、昨年7月10日に手術をした鎖骨遠位端骨折の抜釘です。
特に骨癒合には問題有りませんので、内固定材料を抜去してしまいます。

190328_01.jpeg
このようにスッキリ。骨折部も特に問題有りませんので、明日退院です。

もう一件は大腿骨頚部骨折。Garden分類stage1~2の骨折です。

190328_02.jpeg
術前からほとんど転位はありませんでしたが、内固定もしっかり出来ましたので、これで明日から歩行訓練開始okです。

なんかバタバタしましたが、今週はこれで終了...かな。

いろいろな手術

| |
一件目:バネ指
二件目:皮下腫瘍切除
三件目:鎖骨骨折

例によってX線写真のある三件目のみ提示します。

190326_01.jpeg
粉砕はありましたが、いつものようにしっかりとプレート固定できました。あとはゆっくり骨ができるのを待つだけです。

今日もあまり何もやってない割には、なんか知らんけど疲れた...。

手関節も久し振りじゃないでしょうか?

| |
本日は橈骨遠位部骨折。背側の粉砕がありますが、手関節内には粉砕が至ってませんので、いつものように掌側ロッキングプレート固定でokです。

190314_01.jpeg
背側に転位し、やや粉砕傾向もあります。

190314_02.jpegやることは同じ。これでしっかり固定完了。

術後経過も問題無いので、明日退院予定です。問題があるとすれば...今日も当直なんだよなぁ...。

今日も大腿骨

| |
本日は内側型です。

190221_01.jpg
Garden分類stage2~3で、高齢者、認知症がありますので、スクリューでの内固定を行いました。

取り敢えずリハビリですが、やはり問題になるのは認知症。どこまで出来るか...。

転子部骨折が二件

| |
そういうことです。
一件目はこんな感じ。

190219_01.jpeg
整復・固定性には問題無し、これでok。

転子部骨折

| |
いつものように。

190214_01.jpeg
固定はしっかりと出来ましたが、患者さんの状態の問題で、リハビリは...しっかり歩くようになるまでは、ちょっと無理やろうなぁ...。

いつもどおり

| |
大腿骨頚部骨折、Garden分類syage2→screw固定。

190129_01.jpeg
超高齢で認知症も強いですし、転位も少ない目なので、人工骨頭置換術よりもリスクは少ないと判断し施行しました。リハビリ、頑張ってくれるかな...。

なんだかねぇ。

| |
なんかこう、何にでも一生懸命になれた気持ちを思い出す方法って、無いですかね。ヤバいですよ、もうすっかり年寄りですよ。アカンなぁ...。

そうそう、今日は手術が緊急で一件。

190124_01.jpeg
例の如く大腿骨転子部骨折ですが、いつものようにしっかりと内固定をします。

明日からリハビリ、頑張ってもらいましょう!

股関節と膝

| |
一件目、大腿骨頚部骨折→C-CHS。
二件目、変形性膝関節症→TKA。

まずはC-CHSから。Garden分類stage2の骨折です。

190108_01.jpeg
しっかり固定ok。
明日からリハビリ開始ですが、認知症の強い方ですので、どこまで回復するか...。ちょっと心配です。

では次に行きましょう。

いきなり!手術 ・リベンジ編

| |
昨日延期になった大腿骨転子部骨折の手術です。

いつものように髄内釘で固定。

190105_01.jpeg
はい、問題無し。

骨粗鬆症のお薬を長いこと内服していたせいか、骨は硬いのですがチョークのように脆い面もありました。最近の骨粗鬆症の治療にはちょっと反した面もありますので、近所の開業医さんに戻られるときには、それに関する情報も送った方がよいですね。

なかなか医療は日進月歩です。

足関節の手術

| |
厳密には、腓骨遠位部骨折の手術ですが。

あまり大きな転位のない骨折です。が、勿論、プレートでしっかりと固定します。

181211_01.jpeg
いつものように、プレート固定で問題ありませんでした。

これで明日から装具を使って、全荷重歩行もokでしょう。年末までに帰ることが出来るかな~。

久々の手関節

| |
最近少なかったのですが、手関節の手術です。橈骨遠位部骨折→ORIFの、いつもの流れですが。

181204_01.jpeg
これを、

181204_02.jpeg
このように。

本日はこれであっさり終了。本番は明後日ですね~。

その他にも厄介な問題はありますが、なんかもうしんどいですわ...。

足関節ですが...

| |
ここのところ多い、足関節の骨折です。三踝骨折ですが、後踝はかなり小さいのでそのままにしておいて問題有りません。内外踝をいつものように固定します。

181122_01.jpeg
かなりかっちりと整復固定okです!
流石にぐらぐらの骨折ですので、即荷重開始という訳にはいきませんが、安定してリハビリが始められそうです。頑張りましょう!

転子部骨折、その他。

| |
粉瘤切除と抜釘、そして大腿骨転子部骨折のORIF。

抜釘は鎖骨で、本年3月29日に手術を行った方です。

181106_01.jpeg
このように問題無し。骨癒合もバッチリです。

次行きましょう次。

手術が二件

| |
手根管症候群→手根管開放
母指基節骨骨折→ORIF

どちらも日帰り手術でした。なので、レントゲン写真は割愛...

...と思ってたら。

181030_01.jpeg
はい、院内発生の転子部骨折ドン。この方は9月27日に人工骨頭置換術を行ってリハビリも順調だった方ですが、昨日夜に車イスからずり落ちて受傷しました。それくらいの外力でも折れるくらい、弱ってるってことですね...。勿論、骨粗鬆症の治療も平行してやっていましたが、一ヶ月程度で骨粗鬆症が治るようなら苦労はしない訳でして。

大腿骨、その他

| |
朝から大腿骨転子部骨折→ORIF、昼から手根管症候群→手根管開放、そして抜釘の三件でした。
後ろ二者は割愛...。

大腿骨転子部骨折は、このようにいつものごとく髄内釘固定を行いました。

181016_01.jpeg
しっかり固定できましたので、明日からリハビリです。
...認知症が結構強いので、どれだけ復活できるか分かりませんが...。

はーい、肘です!

| |
肘頭骨折一件。いつものように鋼線締結で。

181011_01.jpeg
しっかり固定できました!

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

中の人について

  • ・くつろぐ筆者 test image
  • ※画像はイメージです。
  •  実際とは異なる場合があります。
  •  
  • ・EVE Online Character Redrick JJ
  • Redrick JJ:
  • ニヤニヤ笑いのCaldari人。
  • お仕事は主に掘りと生産。
  • 発明はギャンブルだ!
  • 所属corp:Wildcat Idc.
 

リンク集


月別 アーカイブ

アイテム

  • 190523_02.jpeg
  • 190523_01.jpeg
  • 190521_01.jpeg
  • 190516_01.jpeg
  • 190514_04.jpeg
  • 190514_03.jpeg
  • 190514_02.jpeg
  • 190514_01.jpeg
  • 190503_02.jpeg
  • 190503_01.jpeg
Powered by Movable Type 4.2-ja