暁の星を掴み取れ!でタグ「髄内釘」が付けられているもの

手術は、ありまぁす

| |
一件目、大腿骨転子部骨折 →髄内釘による骨接合

いつもの通りにGo。

210107_01.jpeg
よしばっちり。明日からリハビリですね。
次行きましょう。

今日も手術はあります。

| |
しかも三件。

一件目:大腿骨転子部骨折→ORIF、髄内釘固定。

201224_01.jpeg
転子下にかかる骨折でしたので、長い目の髄内釘で固定しました。明日からリハビリ開始です。

さて、次...。

金曜ですが手術です。

| |
大腿骨転子下骨折→髄内釘固定。

201002_01.jpeg
転子下での螺旋骨折です。骨折部は結構うまい具合に整復できたので、これでokではありますが、高齢ですし骨粗鬆症も結構強いので、念のため二週間ほどはガッツリ全荷重させず、可能な範囲での荷重にしておきましょう。

明日からリハビリです、早く退院出来るように頑張りましょうね。

大腿骨転子部骨折

| |
昨日転倒された方の手術です。
本日手術を行い、明日からリハビリを頑張っていただくことになってます。

200929_01.jpeg
術前のgapは埋まっており、整復もそこそこ問題なしと考えます。
固定もしっかり出来ましたので、明日から歩行訓練okとしました。
また自宅に帰ることが出来るように、頑張りましょう!

本日は当直

| |
朝は外来、昼から手術が二件。ただしバネ指バネ指。
の予定でした。一昨日までは。二件追加がありまぁす。

昨日入院の上腕骨骨幹部骨折→髄内釘固定。

200917_01.jpeg
かなりおもいっきり折れてますね。ウチの病院にしては珍しいですが、これは髄内釘で固定します。
ただし整復はかなり困難で、これが限界かなと。これ以上正確に整復しようと思うと、軟部組織を解離せざるを得ず、そうすると今度は骨癒合の面で不利になってきますので、ある程度の整復+PTH製剤+超音波治療、で骨形成を促進する、というのが現実的でしょう。

で、本日受診の骨性槌指→鋼線固定も追加で手術です。

200917_02.jpeg骨片は整復・固定されていますので、問題ないでしょう。鋼線抜去は4週後かな。骨硬化を待ちましょう。 

あとは、夜中に何もなければ完璧。
取り敢えず当直室で横になります...。

転子部骨折一件

| |
はい、いつも通りの手術を行います。
本日は左大腿骨転子部の、頚基部骨折です。

200714_01.jpegこんな感じで、髄内釘固定しっかり完了。整復もかなり良好でして、これだと明日から荷重訓練okですね。
頑張りましょう!

本日は上腕骨

| |
何故か外傷が続きます。本日は上腕骨骨幹部骨折です。術前後をまとめてどうぞ。

200319_01.jpeg
螺旋骨折ですので、髄内釘固定で。
固定できれば回旋アライメントが整っていれば問題無いでしょう。

...明日はおやすみなので、週明けからリハビリかな。頑張りましょう。
来週は我々もかなりしんどい...かもね。

転子部骨折一件

| |
大腿骨転子部骨折→ORIF。
いつものように。

200312_01.jpeg
あまり転位がないので、術前の写真では骨折部が分かりにくいのですが、キッチリ亀裂はありました。
固定は例によってしっかりと完了してますので、明日からリハビリですね。頑張りましょう。

転子部骨折と

| |
手根管症候群→手根管開放、は割愛します。

200213_01.jpeg
いつもの通りです、ハイ。しっかり固定は出来ましたので、明日からリハビリ、頑張りましょう!

追加で手術

| |
もともと予定はなかったのですが、本日、頚部骨折がお二人入院。そのうちお一人は、人工骨頭置換術なので来週の待機手術に。もうお一人は、転子部~転子下骨折なので、本日内固定を行いました。

191121_01.jpeg
骨折線が小転子の下まで至ってますので、長い髄内釘を使って固定してやります。固定には問題は無いですが、どこまでリハビリ頑張ってくれるかな...。

本日は大腿骨ですが

| |
殆ど骨折線の見えない、不顕性骨折です。
MRIでないとわかりませんが、このまま転位のを待っても仕方ありませんので、髄内釘固定→早期リハ、という一般的な流れでGo。

190827_01.jpeg
ま、いつものとおりです。

あと、週末に具合が悪くなった患者さんは、造影CTで肺塞栓症がはっきりしたので、循環器科のある病院に転院しました。え~と、ウチにはたしか循環器科医がいたはずなのですが、例のお方ですので、基本的に役に立ちませんから、仕方ありません。なんとか日勤帯に転院できましたので、良かったです。

明後日も股関節ですし、今週も頑張らねば...。

今日も上腕骨

| |
同様の手術が続きます。本日は約二週間前の骨折です。

190711_01.jpeg
こんな感じでしたが、前回同様、髄内釘手術です。ただし、骨折部が外科系よりもやや遠位であるので、固定の横止が確実に骨折線から離れるタイプの、長い髄内釘を選択しました。

190711_02.jpegしっかりと固定ok。これで明日から動かしてもよい...のですが、キズも痛いので、明後日からリハビリにしましょう。

上腕骨です。

| |
上腕骨頚部骨折→髄内釘によるORIF。
ほとんど転位は無いので、整復操作はナシでokでした。

190702_01.jpeg
このようにかっちり固定。
整復も特に問題は無かったので、明日から動かしてもらってokです。

リハビリ頑張りましょう!

転子部骨折が二件

| |
そういうことです。
一件目はこんな感じ。

190219_01.jpeg
整復・固定性には問題無し、これでok。

いきなり!手術 ・リベンジ編

| |
昨日延期になった大腿骨転子部骨折の手術です。

いつものように髄内釘で固定。

190105_01.jpeg
はい、問題無し。

骨粗鬆症のお薬を長いこと内服していたせいか、骨は硬いのですがチョークのように脆い面もありました。最近の骨粗鬆症の治療にはちょっと反した面もありますので、近所の開業医さんに戻られるときには、それに関する情報も送った方がよいですね。

なかなか医療は日進月歩です。

手術が二件

| |
手根管症候群→手根管開放
母指基節骨骨折→ORIF

どちらも日帰り手術でした。なので、レントゲン写真は割愛...

...と思ってたら。

181030_01.jpeg
はい、院内発生の転子部骨折ドン。この方は9月27日に人工骨頭置換術を行ってリハビリも順調だった方ですが、昨日夜に車イスからずり落ちて受傷しました。それくらいの外力でも折れるくらい、弱ってるってことですね...。勿論、骨粗鬆症の治療も平行してやっていましたが、一ヶ月程度で骨粗鬆症が治るようなら苦労はしない訳でして。

大腿骨、その他

| |
朝から大腿骨転子部骨折→ORIF、昼から手根管症候群→手根管開放、そして抜釘の三件でした。
後ろ二者は割愛...。

大腿骨転子部骨折は、このようにいつものごとく髄内釘固定を行いました。

181016_01.jpeg
しっかり固定できましたので、明日からリハビリです。
...認知症が結構強いので、どれだけ復活できるか分かりませんが...。

今週は(も)、おさぼり期間です

| |
外傷が途絶えると、途端に手術が無くなります。でも骨折患者を作る訳にはいきませんので、仕方がありません。給料泥棒モードに入りますかね...。

金曜ですが、手術アリ。

| |
昨日入院した、大腿骨転子部骨折の患者さんです。

180608_01.jpeg
あまり転位がありませんので、このまま素直に、いつものように髄内釘固定です。

180608_02.jpeg
はい、問題無くしっかりと固定完了です。
もともと元気な方なので、頑張ってリハビリに励んで頂きましょうかね!

またもや大腿骨

| |
本日の大腿骨転子部骨折は、結構粉砕の強い状態です。

180601_01.jpeg
こんな感じですが、髄内釘で固定します。
麻酔下に牽引して整復。手術中も、骨片が動かないように仮固定の鋼線をブッ刺しながらの手術です。

で、結果はどうかと申しますと...

180601_02.jpeg
正しい整復位で固定できたので、何よりです。これで明日からリハビリです!頑張りましょう。
勿論、骨粗鬆症の治療も平行して行いますよ~。

2021年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

中の人について

  • ・くつろぐ筆者 test image
  • ※画像はイメージです。
  •  実際とは異なる場合があります。
  •  
  • ・EVE Online Character Redrick JJ
  • Redrick JJ:
  • ニヤニヤ笑いのCaldari人。
  • お仕事は主に掘りと生産。
  • 発明はギャンブルだ!
  • 所属corp:Wildcat Idc.
 

リンク集


月別 アーカイブ

アイテム

  • 210122_01.jpeg
  • 210119_01.jpeg
  • 210114_01.jpeg
  • 210107_03.jpeg
  • 210107_02.jpeg
  • 210107_01.jpeg
  • 201224_03.jpeg
  • 201224_02.jpeg
  • 201224_01.jpeg
  • 201222_01.jpeg
Powered by Movable Type 4.2-ja