暁の星を掴み取れ!でタグ「鋼線」が付けられているもの

抜釘と当直

| |
足関節の抜釘が一件。
この方は2020年6月18日に手術をしてますね。

まぁ抜いただけですし。

210708_01.jpeg
綺麗に骨癒合済みです。

今日は当直ですが、例によって何も無いことを祈りましょう祈りましょう。

踵骨と大腿骨

| |
本日が外傷が二件です。

一件目:踵骨アキレス腱付着部剥離骨折

210610_01.jpeg
鋼線締結法で固定しました。なお、補助的に腱にも糸をかけて、踵骨体に逢着してあります。
比較的強固に固定は出来ましたが、部位が部位なので、ギプス固定を追加しています。免荷6週間程度は必要でしょう...。

今日も手術はあります。

| |
しかも三件。

一件目:大腿骨転子部骨折→ORIF、髄内釘固定。

201224_01.jpeg
転子下にかかる骨折でしたので、長い目の髄内釘で固定しました。明日からリハビリ開始です。

さて、次...。

今日もいろいろ

| |
一件目、橈骨遠位部骨折→観血的骨接合術、locking plateを使用します。
いつものようにピシッと。

201217_01.jpeg
ちゃんと整復できましたし、固定性も良好です。

手術いろいろです

| |
一件目、午前中に骨性槌指の鋼線刺入固定。
日帰り手術なので割愛します。

二件目、足関節両踝骨折、ただし陳旧性です。他の病院でギプス固定されていたのですが、痛みが取れないとのことで不審に思った患者さんが当院に来られて手術となりました。

201215_01.jpeg
受傷後、1ヶ月半が経過しており、骨折部は繊維性癒合の状態でした。麻酔をかけて足関節を動かすと、骨折部がぐらぐらしておりましたので、痛みも出ますわな、という具合です。

で、手術ですが、骨折部の瘢痕を切除して骨折面を新鮮化し、内固定しております。幸い、骨欠損はそこまで強くなかったので、骨移植無しでの固定で大丈夫そうでした。糖尿病もありますので、今後は骨形成促進のために、骨粗鬆症治療薬のうち、PTH製剤を使うことになりそうです。

さて、この手術が終わったのが16時前。次の手術が17時半くらいに始まりますので、終わった時刻はお察しですね...。

踵骨骨折

| |
本日は、昨日来られた踵骨骨折の固定です。あまりつぶれてはいないのですが、活動性の高い方なので、圧壊防止に鋼線を刺入して固定することにしました。

201027_01.jpeg
単純X線写真ではわかりにくいですが、踵骨の高さが僅かに減って、底側まで亀裂が入っています。
幸い、圧壊はしていませんので、この形のまま軸方向の圧縮を出来るだけ整復してから、鋼線で固定します。鋼線で支えを追加し、距骨下関節の保持をします。
そのままギプス固定で、後は骨が出来て固まるのを待つだけ。少し気長にいきましょうかね...。

本日の手術は鎖骨です。

| |
鎖骨遠位部骨折で、烏口鎖骨靱帯が破綻しているので、鋼線締結になります。

201022_01.jpeg
術前には鎖骨の近位部が跳ね上がってましたが、術後の写真ではしっかりと締結できてますね。
固定性には問題ないので、明日から動かしてもokでしょう。ただし、骨粗鬆症の治療は今後も続けましょうね。

骨折が二件

| |
一件目、橈骨遠位部骨折→ORIF。創外固定との併用も考えなければならないくらいの骨折でしたが、幸い内固定だけでいけました。

201013_01.jpeg
思ったよりも固定性が良かったので、創外固定は無しで済みましたが、二週間ほどは安静にしておいて下さいね。三角巾はしておきましょう。

本日は当直

| |
朝は外来、昼から手術が二件。ただしバネ指バネ指。
の予定でした。一昨日までは。二件追加がありまぁす。

昨日入院の上腕骨骨幹部骨折→髄内釘固定。

200917_01.jpeg
かなりおもいっきり折れてますね。ウチの病院にしては珍しいですが、これは髄内釘で固定します。
ただし整復はかなり困難で、これが限界かなと。これ以上正確に整復しようと思うと、軟部組織を解離せざるを得ず、そうすると今度は骨癒合の面で不利になってきますので、ある程度の整復+PTH製剤+超音波治療、で骨形成を促進する、というのが現実的でしょう。

で、本日受診の骨性槌指→鋼線固定も追加で手術です。

200917_02.jpeg骨片は整復・固定されていますので、問題ないでしょう。鋼線抜去は4週後かな。骨硬化を待ちましょう。 

あとは、夜中に何もなければ完璧。
取り敢えず当直室で横になります...。

九月に入っていきなり

| |
手術が二件。両方とも肘です。

一件目は、上腕骨外顆骨折。あまり転位はありませんので、wire+gips固定とします。

200901_01.jpegこんな感じ。
関節面のgapが無くなっているので、okでしょう。
もうちょっと長いscrewがあったら良かったのですが、ねじ山が骨折線を超えていますので、これで勘弁してください...。

全身麻酔を醒まして、次にいきましょう。

若者の外傷

| |
Salter-Harris type 2の骨端線損傷です。

200806_01.jpeg
徒手整復後も不安定なので、鋼線で固定しておき、ギプス固定も追加します。

200806_02.jpeg
イメージ下でも特に不安定な感じはありませんでしたので、一本だけでの鋼線固定ですが、問題なしと考えます。

さて、今日は当直。ダルいわ~...。

今日は盛りだくさん。

| |
一件目:母指中手骨骨折 →経皮的鋼線刺入固定
二件目:大腿骨頸部骨折 →人工骨頭置換術
三件目:橈骨遠位部骨折 →観血的骨接合術
四件目:3-5指基節骨骨折 →経皮的鋼線刺入固定

...明後日が休日ですから、仕方ないね。
ウチの手術室は、ほぼ並列で手術が出来ない仕様(スタッフの人数と、放射線防護、クリーンルームかどうか)なので、全部順番にこなす必要があります。遅くなるのは覚悟の上です...。

では一件目。

200721_01.jpeg
基部の骨折ですね。整復して鋼線で固定します。

この前に病棟の仕事を終わらせてますが、残りは昼からの手術です。

肘付近の骨折

| |
本日の手術はこちら。

上腕骨遠位部の通顆骨折です。転位は全くありませんが、放っておくとゆっくり転位してくる可能性が非常に高いので、手術を行います。

200630_01.jpeg
両側より鋼線を刺入して固定。問題なし!
術後はギプス固定で良いのですが、骨硬化がしっかりするまでは不自由な状態です。
早期退院で問題は無いですが、生活しにくいのは確かなので無理の無いようにしましょうね。

当直ですが、足関節もあります。

| |
もうね、しんどいね。
早いけど、横になってウダウダしときますね。マジで何もやる気が起きない...。

とはいえ、手術はしっかりやりますよ。
本日の手術は、側関節の両踝骨折です。

200618_01.jpeg
内踝は見ての通りですが、外踝はぱっと見は、ちょっと分からないですね。よく見るとごく小さな骨片があるので、骨折していると分かりますが。このへんはCTでの確定診断になります。

で、手術は鋼線締結です。

200618_02.jpeg
これで問題なし。固定はばっちりですが、何せ両踝の骨折ですし、しばらくはギプス固定も併用になります。ぼちぼち骨硬化を待つ方針で...。

足関節の手術

| |
はい、本日はこちら、腓骨遠位部骨折の手術です。

200602_01.jpeg
骨折部の転位はほぼありませんが、関節内骨折ですし、比較的若い方なので、偽関節を予防するためにしっかりと内固定しておきます。鋼線締結をいつも通り行い終了、問題ありません。

...何もしてないのに、なぜか疲れている...。

手術はあります、一応。

| |
本日は上腕骨通顆骨折。転位が全くないので、ずれる前に固定しておきます。

200512_01.jpeg
正面で見てもわかりませんが、理学所見を確認すると、これはアヤシイ...となるわけです。そして斜位で見ると、骨折線がはっきりと見えております。

200512_02.jpeg
実はCTも撮影したのですが、骨折線がかなりはっきりしない状態です。が、どちらにしてもこの骨折はかなり不安定なので、転位を起こして偽関節になったりしては目も当てられません。なので、今のうちに内固定しておきます。これだけ転位が無ければ、鋼線刺入固定とギプス固定でokです。

200512_03.jpeg
このように、しっかりと鋼線で固定して、上腕からギプス固定しました。
あとは骨癒合を待つだけですが、生活もかなり不自由になりますし、しばらく入院しててもokでしょう。
ゆっくりしていってね...。

膝蓋骨の抜釘

| |
本日は、2017年12月21日に手術した膝蓋骨骨折の抜釘です。結構長い間粘ってましたが、ちょっと痛くなってきたとのことで手術することになりました。

200116_01.jpeg
ワイヤ類だけでしたが、スッキリ除去されています。

今週はこれで終了...のハズ。明日の外来を刮目して待て!

手術いろいろ

| |
はい、本日は予定の人工関節手術以外に、二件の外傷がありました。
早速いってみましょう。

まずはTKA。

191024_01.jpeg
内側型の末期OAです。いつものように全人工膝関節置換術です。

191024_02.jpeg
問題無しです。
比較的早く終われた(午後4時半過ぎ)ので、手早く次の手術にいきましょう。

鎖骨など

| |
当初は一件だけだったので、早く帰れるな~とか思ってましたが、昨日のうちに増えてました。
一件目は骨性槌指→鋼線固定
ですが、割愛。日帰り手術ですし...。

二件目は鋼線の抜釘です。諸事情で鋼線を抜くことになった、鎖骨骨折後偽関節の方です。

191010_01.jpeg
皮膚が潰瘍になって感染する前に、抜去した感じですね。

抜釘なり。

| |
本日は、昨年9月4日に手術した、足関節脱臼骨折の術後の抜釘です。

190917_01.jpeg
このように、スッキリしました。勿論、骨癒合もしっかりとしてますので、問題無しです。

今日はこんだけ。

2021年10月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

中の人について

  • ・くつろぐ筆者 test image
  • ※画像はイメージです。
  •  実際とは異なる場合があります。
  •  
  • ・EVE Online Character Redrick JJ
  • Redrick JJ:
  • ニヤニヤ笑いのCaldari人。
  • お仕事は主に掘りと生産。
  • 発明はギャンブルだ!
  • 所属corp:Wildcat Idc.
 

リンク集


月別 アーカイブ

アイテム

  • 211021_01.jpeg
  • 211007_01.jpeg
  • 211005_01.jpeg
  • 210907_01.jpeg
  • 210812_01.jpeg
  • 210810_02.jpeg
  • 210810_01.jpeg
  • 210803_02.jpeg
  • 210803_01.jpeg
  • 210730_01.jpeg
Powered by Movable Type 4.2-ja