暁の星を掴み取れ!でタグ「鋼線」が付けられているもの

土曜!

| |
本日はセンター試験一日目。
一年間頑張ったことをぶつけられたかな?
明日もまた頑張ろう!

ところで、今日は一件、緊急手術を行いました。昨日夜に、階段から転落して骨折した子供さんです。

190119_01.jpeg
ほぼ骨端線の損傷ですので、緊急手術の適応です。
外来終了後、すぐに手術室へGo。

木曜!

| |
一昨年の12月19日に施行したORIFの抜釘が一件。手術自体は問題無く終了しております。
...ワタクシが定期健診に行った日ですので、X線写真はありませんが。

ともかく、何も無く終了。今日も何も無し。良いことです。多分。

中手骨骨折とお掃除

| |
中手骨頚部の鋼線髄内釘固定です。

181129_01.jpeg
こんな感じで無難に髄内釘固定完了。っていうか、整復は完璧じゃないですか!これでしっかり骨癒合してくれたら、問題有りませんね。

もう一件、足背壊死部の廓清がありましたが、こちらは割愛...でいいですよね...。

手の手術

| |
本日の手術は手の骨折です。中手骨頚部骨折ですが、第4第5の二本が折れてます。

181115_01.jpeg
整復の後、鋼線を使って固定しました。第4は、固定した第5と、折れていない第3が、それぞれ添え木の役を果たすので、このまま骨癒合待ちになります。

本日の手術はこれだけでしたが、他にも無理難題が...。もうやだ~(ハァト

肘と膝

| |
一件目、中郷骨折後の抜釘です。本年4月24日に手術をした方ですが、経過良好で骨癒合もバッチリなので、今回抜釘となしました。

181113_01.jpeg
骨癒合は十分ですので、抜いてしまいます。

181113_02.jpeg
こんな感じでスッキリです。側面が斜位になってますが、骨癒合に問題は無いのでキニシナイ。

転子部骨折、その他。

| |
粉瘤切除と抜釘、そして大腿骨転子部骨折のORIF。

抜釘は鎖骨で、本年3月29日に手術を行った方です。

181106_01.jpeg
このように問題無し。骨癒合もバッチリです。

次行きましょう次。

はーい、肘です!

| |
肘頭骨折一件。いつものように鋼線締結で。

181011_01.jpeg
しっかり固定できました!

またもや足関節

| |
最近多いです。

今回もこのような両踝骨折ですが、いつものようにしっかりと固定!

181004_01.jpeg
外側はlocking-plate、内側はtension-band-wiringです。

ちょっと腫れrが強いのと、もともとかなり悪い糖尿病がある方ですので、創の状態を見てから後日、ギプス固定を行う予定です。

今週もこれで終了...だといいなぁ...。

踵の骨折

| |
本日来院された踵骨骨折の患者さんです。
踵骨が潰れて、距骨下関節のとこが真っ平らになってますので、鋼線でコジコジして整復し、そのまま固定します。

180906_01.jpeg
距骨下関節面をしっかり合わせることが出来ました。しばらくはしっかりと骨癒合を待つしかないので、明日からリハビリをしつつ、じっくりと粘っていきましょう。

肩鎖関節脱臼ですが...

| |
...追加で一件ありました。Galeazzi骨折の若者を手術しましたが、経皮的鋼線刺入で日帰りされましたので、割愛します。

肩鎖関節脱臼の方は、このような感じです。

180726_01.jpeg
脱臼も整復できたし、軟部組織の修復も問題無しです。鋼線は半年くらいで抜去ですかね。状態を見ながら考えましょう。

今週の手術も終わり...のハズ。お疲れ様でした~。

踵骨骨折

| |
手術になる踵骨骨折は久し振りではないですかね。

ガッツリ整復して鋼線で固定...といきたいところですが、受傷から時間がかなり経過しているので、圧壊予防の鋼線固定にとどまりました。整復操作を行っても、ほとんど骨片が動かないので、こればかりは仕方ないです。踵骨に観血的な手術を行うと、あまり良くないことが多いので致し方なし、です。

180518_01.jpeg
しっかりと固定は出来ましたので、骨硬化待ちですね。しばらくは免荷歩行です。

股関節と手関節

| |
一件目、THA。こちらは予定手術です。

急速破壊型の変形性股関節症に対して行いました。

180508_01.jpg
いつものように。

180508_2.jpeg
しっかりと設置ok!

さて、この時点で午後6時を過ぎておりますが、次に行きましょう。

肘の手術

| |
肘頭骨折→鋼線締結です。
その他、バネ指一件、皮下血腫除去一件は割愛...。

術前はこのような感じです。

180424_01.jpeg
肘頭が飛んでますので、いつものように鋼線締結。えいっと締め付けて、このような感じで完了。

固定にはちょっと特殊なデバイスを用いましたが、しっかりと固定できてますので、ギプス無しで来週くらいからリハビリして頂きましょうかね。

橈骨遠位の骨折x2

| |
最初は、ちょっと難しいめの橈骨遠位部骨折です。
関節内に小さな骨片があり、こいつを固定するのはややこしそうでしたが...

180418_01.jpeg
麻酔下に整復するとちゃんと動きましたので、開ける必要なく鋼線で固定できました。
う~む、あっさり固定できて何より...。次。

今日は鎖骨とその他。

| |
鎖骨はこんな感じの骨折です。鎖骨遠位部骨折で、鋼線締結法で固定を行いました。実は肩甲骨も折れてるんですが、転位が少ないので、追加で鋼線を刺入して、グラグラしないようにしておきました。

180329_01.jpeg
あとは、糖尿病の足の廓清(一件は皮膚壊死部、もう一件は足部の骨髄炎)があって終了。
明日も手術しますよ~。先週から今週にかけて、(一応)働いてます!

当直ですが

| |
既にやる気は無し。まぁ、やらねばならないことはやりますが、それ以上を要求されても動く気がしませんね。
はよ院長辞めへんかな...。

それはともかく、本日の手術は昨日の間に入院した肘の骨折の方です。

180215_01.jpeg
比較的良くある肘頭骨折...と思いきや、偽関節合併症例とかマジ勘弁、の状態でした。ま、やることは同じなのですが、偽関節面の処理が大変でした。

ともかく、固定はしっかり出来ましたので、明日から少しだけ固定期間を設けた上で、動かす練習を頑張って頂きます。

手術いろいろ

| |
朝から糖尿病性壊疽→足趾切断。これは割愛。

昼からはまず大腿骨転子部骨折→髄内釘固定。

180206_01.jpeg
このようにドン。明日から歩く練習ですね。
はい次。

さて二月

| |
本日は手術が三件。例によってバネ指は割愛。

二件目は大腿骨頚部骨折。Garden分類stage2~3ですが、なんとかスクリュー固定でいけそうです。

180201_01.jpeg
このように固定。しっかり固定できたので、明日から歩行訓練開始です。

手術が二件

| |
抜釘は割愛します。局所麻酔だし...。

昼からは中手骨頚部骨折の髄内釘固定です。例によって、鋼線を髄内釘として使います。中手骨頚部が、屈曲内反変形を来していますが、整復して鋼線で固定します。

180116_01.jpeg
整復・固定とも、しっかり出来ました。まぁお若い方ですし、すぐくっつくでしょう。

今日は病棟でインフルエンザが猛威をふるいはじめ、患者さん数人とスタッフに陽性が出てしまいました。病院閉鎖くるか...?!

手術のお時間です。

| |
順番に。
1. 母指中手骨骨折/Benett骨折→経皮的鋼線刺入固定
2. 手背ガングリオン→切除
3. 創外固定抜釘
4. 大腿骨頚部骨折→C-CHS
5. 上腕骨頚部骨折→髄内釘固定

2.と3.は割愛しますね。

では1.から。中手手根間関節での脱臼骨折になります。整復した後、鋼線で固定します。

180109_01.jpeg
整復・固定とも問題ありません。補助的に外固定を行いますが、これは仕方ないですね。我慢して下さい...。

2.と3.を午前中に終わらせて、15分ほどの休憩を挟んでから午後の部です。

4.はいつものように。

180109_02.jpeg
スクリュー固定ですが、この術前の単純X線写真では、どこが骨折してるのか分かりませんね。
実は...

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

中の人について

  • ・くつろぐ筆者 test image
  • ※画像はイメージです。
  •  実際とは異なる場合があります。
  •  
  • ・EVE Online Character Redrick JJ
  • Redrick JJ:
  • ニヤニヤ笑いのCaldari人。
  • お仕事は主に掘りと生産。
  • 発明はギャンブルだ!
  • 所属corp:Wildcat Idc.
 

リンク集


月別 アーカイブ

アイテム

  • 190119_02.jpeg
  • 190119_01.jpeg
  • 190108_03.jpeg
  • 190108_02.jpeg
  • 190108_01.jpeg
  • 190105_01.jpeg
  • 181227_01.jpeg
  • 181218_01.jpeg
  • 181213_01.jpeg
  • 181211_01.jpeg
Powered by Movable Type 4.2-ja