暁の星を掴み取れ!でタグ「鋼線」が付けられているもの

今日は盛りだくさん。

| |
一件目:母指中手骨骨折 →経皮的鋼線刺入固定
二件目:大腿骨頸部骨折 →人工骨頭置換術
三件目:橈骨遠位部骨折 →観血的骨接合術
四件目:3-5指基節骨骨折 →経皮的鋼線刺入固定

...明後日が休日ですから、仕方ないね。
ウチの手術室は、ほぼ並列で手術が出来ない仕様(スタッフの人数と、放射線防護、クリーンルームかどうか)なので、全部順番にこなす必要があります。遅くなるのは覚悟の上です...。

では一件目。

200721_01.jpeg
基部の骨折ですね。整復して鋼線で固定します。

この前に病棟の仕事を終わらせてますが、残りは昼からの手術です。

肘付近の骨折

| |
本日の手術はこちら。

上腕骨遠位部の通顆骨折です。転位は全くありませんが、放っておくとゆっくり転位してくる可能性が非常に高いので、手術を行います。

200630_01.jpeg
両側より鋼線を刺入して固定。問題なし!
術後はギプス固定で良いのですが、骨硬化がしっかりするまでは不自由な状態です。
早期退院で問題は無いですが、生活しにくいのは確かなので無理の無いようにしましょうね。

当直ですが、足関節もあります。

| |
もうね、しんどいね。
早いけど、横になってウダウダしときますね。マジで何もやる気が起きない...。

とはいえ、手術はしっかりやりますよ。
本日の手術は、側関節の両踝骨折です。

200618_01.jpeg
内踝は見ての通りですが、外踝はぱっと見は、ちょっと分からないですね。よく見るとごく小さな骨片があるので、骨折していると分かりますが。このへんはCTでの確定診断になります。

で、手術は鋼線締結です。

200618_02.jpeg
これで問題なし。固定はばっちりですが、何せ両踝の骨折ですし、しばらくはギプス固定も併用になります。ぼちぼち骨硬化を待つ方針で...。

足関節の手術

| |
はい、本日はこちら、腓骨遠位部骨折の手術です。

200602_01.jpeg
骨折部の転位はほぼありませんが、関節内骨折ですし、比較的若い方なので、偽関節を予防するためにしっかりと内固定しておきます。鋼線締結をいつも通り行い終了、問題ありません。

...何もしてないのに、なぜか疲れている...。

手術はあります、一応。

| |
本日は上腕骨通顆骨折。転位が全くないので、ずれる前に固定しておきます。

200512_01.jpeg
正面で見てもわかりませんが、理学所見を確認すると、これはアヤシイ...となるわけです。そして斜位で見ると、骨折線がはっきりと見えております。

200512_02.jpeg
実はCTも撮影したのですが、骨折線がかなりはっきりしない状態です。が、どちらにしてもこの骨折はかなり不安定なので、転位を起こして偽関節になったりしては目も当てられません。なので、今のうちに内固定しておきます。これだけ転位が無ければ、鋼線刺入固定とギプス固定でokです。

200512_03.jpeg
このように、しっかりと鋼線で固定して、上腕からギプス固定しました。
あとは骨癒合を待つだけですが、生活もかなり不自由になりますし、しばらく入院しててもokでしょう。
ゆっくりしていってね...。

膝蓋骨の抜釘

| |
本日は、2017年12月21日に手術した膝蓋骨骨折の抜釘です。結構長い間粘ってましたが、ちょっと痛くなってきたとのことで手術することになりました。

200116_01.jpeg
ワイヤ類だけでしたが、スッキリ除去されています。

今週はこれで終了...のハズ。明日の外来を刮目して待て!

手術いろいろ

| |
はい、本日は予定の人工関節手術以外に、二件の外傷がありました。
早速いってみましょう。

まずはTKA。

191024_01.jpeg
内側型の末期OAです。いつものように全人工膝関節置換術です。

191024_02.jpeg
問題無しです。
比較的早く終われた(午後4時半過ぎ)ので、手早く次の手術にいきましょう。

鎖骨など

| |
当初は一件だけだったので、早く帰れるな~とか思ってましたが、昨日のうちに増えてました。
一件目は骨性槌指→鋼線固定
ですが、割愛。日帰り手術ですし...。

二件目は鋼線の抜釘です。諸事情で鋼線を抜くことになった、鎖骨骨折後偽関節の方です。

191010_01.jpeg
皮膚が潰瘍になって感染する前に、抜去した感じですね。

抜釘なり。

| |
本日は、昨年9月4日に手術した、足関節脱臼骨折の術後の抜釘です。

190917_01.jpeg
このように、スッキリしました。勿論、骨癒合もしっかりとしてますので、問題無しです。

今日はこんだけ。

手関節と足関節

| |
前者は昨年5月8日に手術した橈骨遠位部骨折の抜釘、後者は鋼線締結による内固定です。

では手関節から。

術前はこのようにしっかりと骨癒合okの状態です。

190625_01.jpeg
こちらをこのように。

190625_02.jpeg
はい、スッキリ。

次にいきましょう。

手術いろいろ

| |
粉瘤切除、手根管解放、鎖骨のORIFと、各種。
三件目の鎖骨のみ、X線写真がありますので、そちらを提示します。

このような見事な骨折を、いつものように鋼線締結します。


190521_01.jpeg
出来上がり!

固定性は問題無いのですが、受傷時期がはっきりせず(少し認知症有りの患者さん)、陳旧性の骨折として考える方が良いだろうという結論に至りました。超音波治療も含めて、今後も加療を行います。

足の形成手術

| |
本日はリウマチ足の形成手術です。
どんな手術なのか?百聞は一見にしかず。

190226_01.jpeg
変形・脱臼のある足趾の関節を切除し、足趾を固定して、形を整えます。切除した関節部は、数週間の後に瘢痕組織で固まることになりますが、これで歩きやすくなるでしょう。

本日は持続硬膜外麻酔もしっかり効きましたし、何よりでした。

土曜!

| |
本日はセンター試験一日目。
一年間頑張ったことをぶつけられたかな?
明日もまた頑張ろう!

ところで、今日は一件、緊急手術を行いました。昨日夜に、階段から転落して骨折した子供さんです。

190119_01.jpeg
ほぼ骨端線の損傷ですので、緊急手術の適応です。
外来終了後、すぐに手術室へGo。

木曜!

| |
一昨年の12月19日に施行したORIFの抜釘が一件。手術自体は問題無く終了しております。
...ワタクシが定期健診に行った日ですので、X線写真はありませんが。

ともかく、何も無く終了。今日も何も無し。良いことです。多分。

中手骨骨折とお掃除

| |
中手骨頚部の鋼線髄内釘固定です。

181129_01.jpeg
こんな感じで無難に髄内釘固定完了。っていうか、整復は完璧じゃないですか!これでしっかり骨癒合してくれたら、問題有りませんね。

もう一件、足背壊死部の廓清がありましたが、こちらは割愛...でいいですよね...。

手の手術

| |
本日の手術は手の骨折です。中手骨頚部骨折ですが、第4第5の二本が折れてます。

181115_01.jpeg
整復の後、鋼線を使って固定しました。第4は、固定した第5と、折れていない第3が、それぞれ添え木の役を果たすので、このまま骨癒合待ちになります。

本日の手術はこれだけでしたが、他にも無理難題が...。もうやだ~(ハァト

肘と膝

| |
一件目、中郷骨折後の抜釘です。本年4月24日に手術をした方ですが、経過良好で骨癒合もバッチリなので、今回抜釘となしました。

181113_01.jpeg
骨癒合は十分ですので、抜いてしまいます。

181113_02.jpeg
こんな感じでスッキリです。側面が斜位になってますが、骨癒合に問題は無いのでキニシナイ。

転子部骨折、その他。

| |
粉瘤切除と抜釘、そして大腿骨転子部骨折のORIF。

抜釘は鎖骨で、本年3月29日に手術を行った方です。

181106_01.jpeg
このように問題無し。骨癒合もバッチリです。

次行きましょう次。

はーい、肘です!

| |
肘頭骨折一件。いつものように鋼線締結で。

181011_01.jpeg
しっかり固定できました!

またもや足関節

| |
最近多いです。

今回もこのような両踝骨折ですが、いつものようにしっかりと固定!

181004_01.jpeg
外側はlocking-plate、内側はtension-band-wiringです。

ちょっと腫れrが強いのと、もともとかなり悪い糖尿病がある方ですので、創の状態を見てから後日、ギプス固定を行う予定です。

今週もこれで終了...だといいなぁ...。

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

中の人について

  • ・くつろぐ筆者 test image
  • ※画像はイメージです。
  •  実際とは異なる場合があります。
  •  
  • ・EVE Online Character Redrick JJ
  • Redrick JJ:
  • ニヤニヤ笑いのCaldari人。
  • お仕事は主に掘りと生産。
  • 発明はギャンブルだ!
  • 所属corp:Wildcat Idc.
 

リンク集


月別 アーカイブ

アイテム

  • 200806_02.jpeg
  • 200806_01.jpeg
  • 200804_02.jpeg
  • 200804_01.jpeg
  • 200721_04.jpeg
  • 200721_03.jpeg
  • 200721_02.jpeg
  • 200721_01.jpeg
  • 200714_01.jpeg
  • 200707_02.jpeg
Powered by Movable Type 4.2-ja