暁の星を掴み取れ!でタグ「橈骨」が付けられているもの

橈骨遠位部骨折

| |
本日は、単純X線写真で分かりにくい骨折です。
術前術後とも、骨折線はよく見ないと分からない状態です。

200908_01.jpeg
CTの冠状断でで見ると、こんな感じで亀裂が見えます。

200908_02.jpeg
いずれにしても、しっかり固定できているので良いでしょう。
明日から装具固定を行い、手指のリハビリを頑張っていただきます!

若者の外傷

| |
Salter-Harris type 2の骨端線損傷です。

200806_01.jpeg
徒手整復後も不安定なので、鋼線で固定しておき、ギプス固定も追加します。

200806_02.jpeg
イメージ下でも特に不安定な感じはありませんでしたので、一本だけでの鋼線固定ですが、問題なしと考えます。

さて、今日は当直。ダルいわ~...。

今日は盛りだくさん。

| |
一件目:母指中手骨骨折 →経皮的鋼線刺入固定
二件目:大腿骨頸部骨折 →人工骨頭置換術
三件目:橈骨遠位部骨折 →観血的骨接合術
四件目:3-5指基節骨骨折 →経皮的鋼線刺入固定

...明後日が休日ですから、仕方ないね。
ウチの手術室は、ほぼ並列で手術が出来ない仕様(スタッフの人数と、放射線防護、クリーンルームかどうか)なので、全部順番にこなす必要があります。遅くなるのは覚悟の上です...。

では一件目。

200721_01.jpeg
基部の骨折ですね。整復して鋼線で固定します。

この前に病棟の仕事を終わらせてますが、残りは昼からの手術です。

いつもの橈骨遠位部骨折

| |
です。
今回はこのような状態。

200609_01.jpeg
手をついて転倒して受傷されておられます。関節面の一部に粉砕と、背側への転位があります。

でもやることは同じ。

200609_02.jpeg
このようにしっかりとプレート固定完了です。

あとはしっかりと骨癒合が得られるまでは、無理の無いようにしましょう。
秋にはスポーツを再開できるように、体力を落とさないようにして頂かなければなりませんね。

陳旧性の骨折

| |
約二ヶ月前の陳旧性橈骨遠位部骨折の手術です。変形癒合に近いので、ほぼ骨切り手術に近い手術となります。

191210_01.jpeg
術前を見ると、正面像では橈骨の短縮変形が、側面像では橈骨の掌屈変形が、それぞれ問題になっています。受傷後約2ヶ月ですので、骨形成はある程度完成している状態と言えるでしょう。

191210_02.jpeg
術後の単純X線写真はこちらですが、このように、やることは同じです。一旦癒合している骨を折り直すことになりますので、その分手間はかかります。でも、バッチリ整復しっかり固定で、問題無いでしょう。なお、念のため、外固定は約二週間行う予定です。

前腕の腫瘍と、橈骨遠位部骨折

| |
タイトル通り、肘屈側~前腕掌側部の腫瘍切除と、橈骨遠位部骨折の固定です。
まずは一件目の腫瘍切除ですが、こちらは脂肪腫の予測で展開して、悪性所見がないことを確認してから、完全切除ができました。まず問題無いと思いますが、念のため組織診断もしてもらってます。

...写真は割愛...でいいよね。

次に橈骨遠位部骨折ですが、定型的な手術で終了しました。いつもの感じですね。

191119_01.jpeg
ぱっと見だと、背側転位のある骨折ですが、よく見ると遠位橈尺関節付近に細かい骨折線と、背側骨片が小さく粉砕していました。かなり不安定性が強いと判断して、内固定を行います。

191119_02.jpeg
まぁいつも通り、しっかりと固定できたと思います。整復も上々で、明日から動かして頂いてもokでしょう。術後ですから少し痛いので、無理はしないでもいいですけどね。

さて、本日も順調に問題無く終了しました。週末は寒くなるそうですので、ますます風邪には注意ですね...。

鎖骨と手関節

| |
本日は骨折の手術が二件。

まずは鎖骨骨折。骨幹部での粉砕を伴う骨折です。いつもの通り、プレート固定で。


191029_01.jpeg
こんな感じでしっかりと固定。
中央部の粉砕に関しては、自然癒合を待ちましょう。

股関節と肘と当直

| |
大忙しです。

まずは変形性股関節症→THAから、右側は本年4月11日に手術しています。

191003_01.jpegこのように。

定型的な手術で、インプラントの設置も良好ですし、予定通り明後日からリハビリ開始です。

手関節と足関節

| |
前者は昨年5月8日に手術した橈骨遠位部骨折の抜釘、後者は鋼線締結による内固定です。

では手関節から。

術前はこのようにしっかりと骨癒合okの状態です。

190625_01.jpeg
こちらをこのように。

190625_02.jpeg
はい、スッキリ。

次にいきましょう。

本日は手関節と膝関節

| |
一件目:橈骨遠位部骨折→ORIF
二件目:変形性膝関節症→TKA

では一件目から。

190514_01.jpeg
尺骨の茎状突起も骨折してますが、こちらはそのままにしておきます。
このような骨折を、いつものように

190514_02.jpegしっかりと内固定できましたが、やはり骨質はあまり良くないので、落ち着いたら骨粗鬆症の治療も始めましょう。

手関節の骨折

| |
今回の骨折は、結構粉砕してますよ。

190423_01.jpeg
橈骨・尺骨とも、背側の粉砕があります。幸い、掌側は比較的粉砕の程度が軽いのと、関節面は保たれていますので、何とか創外固定無しで、プレートのみでのこていでいけました。

190423_02.jpeg
こんな感じで、橈骨はプレートで、尺骨は髄内釘+経皮的鋼線刺入で、それぞれしっかりと固定できました。

結構晴れると思いますので、しばらく入院してても良いのですが、本人さんは早く帰るつもりのようです。GW前だしねぇ...。

手関節も久し振りじゃないでしょうか?

| |
本日は橈骨遠位部骨折。背側の粉砕がありますが、手関節内には粉砕が至ってませんので、いつものように掌側ロッキングプレート固定でokです。

190314_01.jpeg
背側に転位し、やや粉砕傾向もあります。

190314_02.jpegやることは同じ。これでしっかり固定完了。

術後経過も問題無いので、明日退院予定です。問題があるとすれば...今日も当直なんだよなぁ...。

土曜!

| |
本日はセンター試験一日目。
一年間頑張ったことをぶつけられたかな?
明日もまた頑張ろう!

ところで、今日は一件、緊急手術を行いました。昨日夜に、階段から転落して骨折した子供さんです。

190119_01.jpeg
ほぼ骨端線の損傷ですので、緊急手術の適応です。
外来終了後、すぐに手術室へGo。

久々の手関節

| |
最近少なかったのですが、手関節の手術です。橈骨遠位部骨折→ORIFの、いつもの流れですが。

181204_01.jpeg
これを、

181204_02.jpeg
このように。

本日はこれであっさり終了。本番は明後日ですね~。

その他にも厄介な問題はありますが、なんかもうしんどいですわ...。

橈骨遠位部骨折です。

| |
はい、そのまんま。昨日に来院された患者さんです。

180607_01.jpeg
ソフトシーネのはしごが写ってて分かりにくいですが、橈骨遠位部骨折です。幸い、関節面はバラバラではないので、このまま整復して例の如くプレート固定でokでしょう。

180607_02.jpeg
はい、問題無し!

今日は当直ですが、なにやら荒れそうです。夕方に入院→明日手術、の用意もしてきましたし、バタバタしてますわ...。

手関節と股関節

| |
一件目、橈骨遠位部骨折。麻酔下にて整復後、速やかにロッキングプレート固定を行います。

180529_01.jpeg
いつものように。

180529_02.jpeg
はい、完成。
背側はかなり粉砕してましたが、安定はしているのでこのまま骨癒合待ちです。

次、行きましょう。

股関節と手関節

| |
一件目、THA。こちらは予定手術です。

急速破壊型の変形性股関節症に対して行いました。

180508_01.jpg
いつものように。

180508_2.jpeg
しっかりと設置ok!

さて、この時点で午後6時を過ぎておりますが、次に行きましょう。

橈骨遠位の骨折x2

| |
最初は、ちょっと難しいめの橈骨遠位部骨折です。
関節内に小さな骨片があり、こいつを固定するのはややこしそうでしたが...

180418_01.jpeg
麻酔下に整復するとちゃんと動きましたので、開ける必要なく鋼線で固定できました。
う~む、あっさり固定できて何より...。次。

仕事始めは抜釘

| |
本日は、昨年10月24日に手術をした子供さんの抜釘です。骨癒合はバッチリです。

180104_01.jpeg
ちゃんと仮骨が出来ていて、しかもremodelingされております。まぁ、1月末から完全フリーですが、もうちょっと添え木はしときなはれ。

ちなみに、本日の外来は、初診が合計20名↑でワラエナイ状態でした。予約を少なくしてて良かった...。来週の火曜日にも手術が二件入ったし、えらいことになりましたわ...。

手関節の骨折

| |
本日は橈骨+尺骨の遠位部骨折です。橈骨は例によってプレート固定、尺骨は鋼線を使って逆行性の髄内釘固定にします。

術前はこんな感じ。

171128_01.jpeg
関節面はまずまず保たれていますが、背側に粉砕があることと、短縮転位が問題ですかね。一応、全身麻酔下に徒手整復およびwireを用いて整復操作を行いましたが、術後はこのように。

171128_02.jpeg
何とか固定は出来ましたが、骨質がかなり脆い状態でしたので、尺骨遠位部のこれ以上の整復は諦めました。あまりいじると、粉々になってしまって収拾が付かなくなりますので...。

という訳で、本日はちょっとしんどかったけど、まずまず問題無いでしょう。問題があるとすれば術後ですが、それはまた別のお話。肝不全の患者さんなので、ちょっと心配ではあります。

2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

中の人について

  • ・くつろぐ筆者 test image
  • ※画像はイメージです。
  •  実際とは異なる場合があります。
  •  
  • ・EVE Online Character Redrick JJ
  • Redrick JJ:
  • ニヤニヤ笑いのCaldari人。
  • お仕事は主に掘りと生産。
  • 発明はギャンブルだ!
  • 所属corp:Wildcat Idc.
 

リンク集


月別 アーカイブ

アイテム

  • 200917_02.jpeg
  • 200917_01.jpeg
  • 200908_02.jpeg
  • 200908_01.jpeg
  • 200903_02.jpeg
  • 200903_01.jpeg
  • 200901_02.jpeg
  • 200901_01.jpeg
  • 200826_01.jpeg
  • 200820_01.jpeg
Powered by Movable Type 4.2-ja