暁の星を掴み取れ!でタグ「手関節」が付けられているもの

橈骨遠位部骨折です。

| |
はい、そのまんま。昨日に来院された患者さんです。

180607_01.jpeg
ソフトシーネのはしごが写ってて分かりにくいですが、橈骨遠位部骨折です。幸い、関節面はバラバラではないので、このまま整復して例の如くプレート固定でokでしょう。

180607_02.jpeg
はい、問題無し!

今日は当直ですが、なにやら荒れそうです。夕方に入院→明日手術、の用意もしてきましたし、バタバタしてますわ...。

手関節と股関節

| |
一件目、橈骨遠位部骨折。麻酔下にて整復後、速やかにロッキングプレート固定を行います。

180529_01.jpeg
いつものように。

180529_02.jpeg
はい、完成。
背側はかなり粉砕してましたが、安定はしているのでこのまま骨癒合待ちです。

次、行きましょう。

股関節と手関節

| |
一件目、THA。こちらは予定手術です。

急速破壊型の変形性股関節症に対して行いました。

180508_01.jpg
いつものように。

180508_2.jpeg
しっかりと設置ok!

さて、この時点で午後6時を過ぎておりますが、次に行きましょう。

橈骨遠位の骨折x2

| |
最初は、ちょっと難しいめの橈骨遠位部骨折です。
関節内に小さな骨片があり、こいつを固定するのはややこしそうでしたが...

180418_01.jpeg
麻酔下に整復するとちゃんと動きましたので、開ける必要なく鋼線で固定できました。
う~む、あっさり固定できて何より...。次。

手関節の骨折

| |
本日は橈骨+尺骨の遠位部骨折です。橈骨は例によってプレート固定、尺骨は鋼線を使って逆行性の髄内釘固定にします。

術前はこんな感じ。

171128_01.jpeg
関節面はまずまず保たれていますが、背側に粉砕があることと、短縮転位が問題ですかね。一応、全身麻酔下に徒手整復およびwireを用いて整復操作を行いましたが、術後はこのように。

171128_02.jpeg
何とか固定は出来ましたが、骨質がかなり脆い状態でしたので、尺骨遠位部のこれ以上の整復は諦めました。あまりいじると、粉々になってしまって収拾が付かなくなりますので...。

という訳で、本日はちょっとしんどかったけど、まずまず問題無いでしょう。問題があるとすれば術後ですが、それはまた別のお話。肝不全の患者さんなので、ちょっと心配ではあります。

抜釘!

| |
本日は抜釘です。三カ所同時です。本年3月16日に手術した方ですが、骨癒合も良好なのと年齢的にお若いので、抜いておこうということに。

170912_01.jpeg
このように、橈骨遠位部、尺骨遠位部、腓骨遠位部は全てしっかりと骨癒合が完了しています。
これらの金属類を除去するだけですが、当然全身麻酔です。

で、術後はこのように

170912_02.jpeg
金属類がきれいに一掃されました!あとは、創が治れば、スッキリですね。

病棟も少し空いてますし、のんびりしていって下さい(経営的にはよろしくないですが、そこはそれ)。

橈骨遠位部骨折~

| |
という訳で、骨折の手術が続きます。本日は橈骨遠位部骨折です。

170629_01.jpeg
いつものような感じです。幸い、粉砕は少ないのでプレート固定でokでしょう。

170629_02.jpeg
という訳で、このような感じでしっかりと整復&固定できました。

その他にも、腱性槌指に対して、指DIP関節を鋼線で固定する手術もありましたが、ものの数分で終わったので割愛します。

取り敢えず、今週...というか今月も、お疲れ様ということで。

橈骨遠位部骨折とアキレス腱

| |
...アキレス腱断裂→縫合術、は割愛で。

橈骨遠位部骨折は先週末にに転けたおじいちゃん。

170518_01.jpeg
典型的な橈骨遠位部骨折ですね。関節面まで割れてますので、創外固定器もやむなしか?と思われておりましたが、麻酔後に整復してみると...

170518_02.jpeg
存外、しっかりと整復が出来ることが発覚。なので、創外固定器は使用せず、いつものロッキングプレートのみでしっかりと固定できました。あとは骨が出来るのをじっくりと待つだけです。リハビリも頑張ってもらいますけどね!

さて、本日は当直なのであんちょび(ネコ)のお世話が出来ませんが...ちゃんとトイレできてるんだろうか...。心配です><

いろいろやりました。

| |
一件目:膝窩部の腫瘤 →全身麻酔下で摘出。モノはおそらくガングリオン。軟部組織の写真は...割愛します。

二件目:橈尺骨遠位部骨折+腓骨遠位部骨折 →全身麻酔下でORIF x2(厳密にはx3)

面倒なのでまとめてどうぞ。

170316_01.jpeg
橈骨はプレート固定、尺骨は順行性の髄内釘固定になりました。しっかりと固定されていますが、念のために明日にギプス固定を追加します。

170316_02.jpeg
腓骨遠位部の方は、このようにプレート固定となりましたが、仮止めのネジが少し長いです。3-4mm程度ですが、抜釘するのが前提なので、骨癒合まではこらえて下さいませ。

さて、本日は3月最後の当直です。ダルいですが、ぼちぼちやるべ...。

今日は手関節です。

| |
百聞は一見に如かず。

170228_01.jpeg
このような橈骨遠位部骨折です。実は尺骨遠位部も骨折しているのですが、骨片が大きくなく関節面は一応保てているので、橈骨のみ内固定を行い、尺骨側は外固定で癒合を目指す予定で手術を開始しました。では、いつものように麻酔から。

170228_02.jpeg
このようになりました。橈骨遠位部はプレート固定で問題無かったのですが、尺骨遠位部が曲者で、橈骨を固定しても骨片の安定性が得られず、鋼線固定を追加することになりました。これでひとまずは安心できますが、やはり外固定の追加は必須です。本日は患部の腫脹も強いので、明後日くらいにギプス巻きですかね。

本日は抜釘

| |
昨年2月に手術した、橈骨遠位部骨折の抜釘です。しっかり骨癒合が得られましたし、お若い方なので抜釘しておきます。

170216_01.jpeg
うむ、問題ありません。あとは抜糸を待つばかり...。


今日は当直なので、ぼちぼち起きて...orz

手関節と足関節

| |
それぞれ、橈骨遠位部骨折→ORIF、変形性関節症→足関節固定、です。では順番に。

170119_01.jpeg
まずは手関節。関節内にかかる骨折で、術前の側面像では関節面が落ち込んでいます。これを整復固定を行ってこのように。

170119_02.jpeg
問題無いですね。次に行きましょう。
この段階で既に15時半は過ぎてますが、キニシナイ...。

手術は三件

| |
しかし、そのうち二件は、バネ指&バネ指なので、そちらは割愛。
最後の橈骨遠位部骨折ドン。

161101_01.jpeg
あまり転位は無いので4方向のX線写真を提示してみましたが、背屈転位というより橈側へシフトするような転位ですね。一応、逆T字型で関節内骨折ですし、ギプス内でも転移が進むほど不安定で有り、とにかく早く動かしたいとの意向も伺いましたので、手術となりました。

161101_02.jpeg
このようにプレート固定しました。いつも通りです。写真はビミョーに斜位になってます。ご容赦下さいbrz

何だかんだで明後日が祝日なので、今日に押し込めてしまった感じですが、仕方ありませんね。呑んで寝るノシ

手関節と足関節

| |
一件目は橈骨遠位部骨折です。

...術前のX線写真は、あまり転位がないので割愛です。術後だけね。

160609_01.jpgこんな感じで、久々の創外固定+Kapandij法での固定となりました。関節内の粉砕があったのですが、かなりきちんと整復されてますねぇ。問題ありません。

骨折三件

| |
一件目:
左大腿骨転子部骨折→髄内釘による内固定。
右側は2012.09.25にプレート固定を行ってます。
術前術後を一気にどうぞ。

160519_01.jpegこんな感じで、しっかりと整復固定できています。

いつもの感じ

| |
一件目:肩関節鏡視下滑膜切除術
二件目:観血的骨接合術

で終了。やっぱ縦に二件の全身麻酔は疲れますわ。

例によって、骨折症例の単純X線写真をどうぞ。

160223_01.jpeg今回の橈骨遠位部骨折は、やや骨幹部~骨幹端寄りで、関節面には大きな骨折線が無さそうです。プレート固定で良いと思われますが、創外固定の可能性も意識してドン。

手関節と肩

| |
え~、本日は手関節と肩関節...何かいつもの組み合わせですねぇ。

午前中に手関節のORIFを行いました。術前はこんな感じの、掌側に転位している橈骨遠位部骨折です。

160209_01.jpeg見事に掌側に転位しています。今回はお若い方ですが、交通事故(≒高エネルギー外傷)のため、しっかりした骨でも、このように骨折して転位してしまうのです。でもやることは同じです。いつものようにプレート固定します。

160209_02.jpegはい、問題無しです。受傷が一週間前でしたが、幸い骨折部の癒着が少なかったため、しっかりと整復できました。

今週は木曜日が祝日のため、手術がありませんので、本日でほぼ終了...出来たらいいんですけどね~。

手術が増えました。

| |
当初は、手根管解放術一件だけでしたが、午前中に多発外傷患者が救急搬送され、しかも全身状態が落ち着いているので連休明けまで待ってもらうのもナンだしな~、ということで本日手術をねじ込みました。肩の脱臼はありましたが、それは徒手整復でokで、問題はこちら。

160107_01.jpeg...見事に折れてますね。創外固定しかないかな~、と思っていましたが、開けて整復して人工骨を詰めてみると意外と安定していたので、プレートによる内固定+ギプスでいくこととなりました。

160107_02.jpegうむ、問題ありません。意外としっかりスクリューが噛みましたが、骨折が骨折なので、術後にギプスを追加しております。

これで今週は打ち止め...かな?

手関節と肩関節鏡

| |
...何かしばらく前にもあったような組み合わせですな。

本日はワタクシが執刀なので、手関節が先です。昨日受傷の患者さんで、Xp上はあまり転位していないように見えますが、短縮変形があるのと、年齢的にお若いので、手術して整復固定を行います。
術前術後を一気にどうぞ。

151222_01.jpeg背側に転位してますが、関節面は大丈夫そうです。
これをいつものようにプレート固定します。

151222_02.jpegこんな感じで、しっかりと固定できました。

昼からは肩関節鏡視下手術ですが、まぁそこはそれ。ワタクシは麻酔とかナントカでバタバタしてましたが、無事終了しております。

さて、今年も予定手術日は12.24だけですが、取り敢えず予定は入ってません。緊急で手術する可能性は否定できませんが、そこはそれ。そうなったら頑張るだけですわ...。

皮下腫瘍と骨折と当直と私

| |
皮下腫瘍は割愛。
骨折は橈骨遠位部骨折→ORIF/plate固定です。例によって例の如く。

151217_01.jpegこのように、背側皮質の粉砕と骨片の転位がありますので、しっかりと整復した上で、プレートで固定します。

151217_02.jpeg
はい、しっかりと固定できました。

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

中の人について

  • ・くつろぐ筆者 test image
  • ※画像はイメージです。
  •  実際とは異なる場合があります。
  •  
  • ・EVE Online Character Redrick JJ
  • Redrick JJ:
  • ニヤニヤ笑いのCaldari人。
  • お仕事は主に掘りと生産。
  • 発明はギャンブルだ!
  • 所属corp:Wildcat Idc.
 

リンク集


月別 アーカイブ

アイテム

  • 180920_02.jpeg
  • 180920_01.jpeg
  • 180913_01.jpeg
  • 180911_01.jpeg
  • 180906_01.jpeg
  • 180904_02.jpeg
  • 180904_01.jpeg
  • 180902_01.jpeg
  • 180901_01.jpg
  • 180830_02.jpeg
Powered by Movable Type 4.2-ja