暁の星を掴み取れ!でタグ「上腕骨」が付けられているもの

いろいろありました

| |
何故か上半身に偏るという謎もありますが。
1. 鎖骨骨折→ORIF
2. 手掌部の皮下腫瘍→腫瘍摘出
3. 上腕骨頚部骨折→ORIF

例によって軟部組織だけの二件目は割愛です。

まず鎖骨骨折から。

180710_01.jpeg
このように、遠位部で跳ね上がった骨片を、プレートとワイヤで固定します。しっかりと固定できましたので、問題無く明日から動かしてもらっても大丈夫ですし!

追加で上腕骨!

| |
はい、上腕骨頚部骨折です。X線写真上は3-partsの骨折(もしかすると4-partsかも)で、ぶっちゃけバラバラです。これはプレート固定しかないですな...。

180202_01.jpeg
このようにしっかりと固定完了です。

さて、当直明けで疲れたし、寝ますわ...ノシ

手術のお時間です。

| |
順番に。
1. 母指中手骨骨折/Benett骨折→経皮的鋼線刺入固定
2. 手背ガングリオン→切除
3. 創外固定抜釘
4. 大腿骨頚部骨折→C-CHS
5. 上腕骨頚部骨折→髄内釘固定

2.と3.は割愛しますね。

では1.から。中手手根間関節での脱臼骨折になります。整復した後、鋼線で固定します。

180109_01.jpeg
整復・固定とも問題ありません。補助的に外固定を行いますが、これは仕方ないですね。我慢して下さい...。

2.と3.を午前中に終わらせて、15分ほどの休憩を挟んでから午後の部です。

4.はいつものように。

180109_02.jpeg
スクリュー固定ですが、この術前の単純X線写真では、どこが骨折してるのか分かりませんね。
実は...

上腕骨頚部~

| |
はい、昨日来た方の手術です。認知症のある方なので、安静が取れない(=保存的に加療できない)のと、可能であれば早期に動かすために、しっかりとした内固定を行います。

では術前術後を。

171214_01.jpeg
え~、かなり骨は脆く、固定している途中に骨頭がちょっと内反してしまいましたが、固定性は問題ありません。やっぱりボロッボロの骨の固定は難しいでござるよ...。

月末は腰の手術 と、その他一件

| |
え~、ちょっとややこしい背景があるので、今日は割愛で。他に色々しんどいこと多すぎワロタ。精神的に参る前に、何とかならんものか...。

とまぁ、精神的にやられる前に、やることが出来てわっしょい。午前の外来で飛び込みの小学生がドン。

171130_01.jpeg
はい、顆上骨折ですね...。待機手術しても良いことはありませんし、そもそもウチは小回りのきく病院(笑)がウリなので、本日緊急手術を行います。やることは経皮的鋼線刺入固定です。徒手整復はバッチリなので...

171130_02.jpeg
はい、このようにしっかり固定ok!ただし、術後にギプスは巻いてますが。

腰の手術のあとに肘の手術でしたので、取り敢えず終わったのが夜の9時過ぎ。帰る時刻はお察しと言うことで...。しかし、残業代が2時間以上の分が出ないのはつらいわ~(棒読)

ま、病院ってのは、表だけ白くて、中身はブラックなのは、ずっと以前からなんですけどね。

手術いろいろ

| |
一件目。
大腿骨頚部骨折 Garden分類stage1~2。寝たきり状態のため、荷重歩行は考えていませんが、放っておくと痛いだけなので固定します。

171121_01.jpeg
術前のX線像では、ぱっと見は折れてないように見えますが、これを見逃してはいけません。理学所見等々も考慮して、画像をよく見ると骨折有り!となります。

この方はいわゆる「おむつ骨折」でして、寝たきりの方で股関節に拘縮がある場合、おむつ交換で骨折してしまうというやつです。関節が動かないので、非常に手術が難しくなります。やはり、寝たきりを以下に避けるかが、大事ですね。

術後の固定は良好ですが、そもそも骨が脆いため、しばらく入院しておいて頂きます。ご家族酸も大変ですが、頑張りましょう。


二件目。
日帰り手術でリウマチの手関節形成術。軟部組織の手術ですので、割愛。手の尺側偏位を修正するために、伸筋腱と関節包の縫縮、及びMP関節側副靭帯の解離を行いました。

肘とか大腿骨とか

| |
一件目:バネ指 →割愛

二件目:上腕骨内顆部の抜釘
昨年12月8日に、鋼線で固定した子供さんの抜釘です。 

170330_01.jpeg
問題無く骨癒合okですね。あとはしっかり伸ばせるよう頑張って動かして下さい。

手術はバネ指のみ!

| |
の予定でしたが、午前中に大逆転。朝から小学生の外傷が来て、昼から手術となりましたとさ。ちなみにバネ指はもう割愛で良いですよね。

学校の体育中(跳び箱だそうで)、着地時につんのめって前へ倒れた際に、右肘を体育館の床に打ち付けたとのことでしたが...

161208_01.jpeg
内上顆の骨片が、見事に剥離しております。左右を比べて頂けると、一目瞭然かと。

で、この骨片は手関節の屈筋群が付着している場所であるので、このまま放っておいても骨癒合が得られることはありません。なので、手術を行います。具体的には、直視下での整復固定を行うことになります。

全身麻酔をかけてから、骨折部を開けて、直接整復して鋼線で固定します。幸い...と言っては失礼ですが、小学生高学年なので、ある程度の骨片のサイズがありましたので、細い目の鋼線でしっかりと固定できました。

161208_02.jpeg
このように。しっかりと固定できました。術後経過も問題無いので、明日には帰宅できるでしょう。

...ワタクシ、ますます跳び箱の練習反対派になりそうです。ま、飛べないのでその僻みもありますけどねw

腕、肩、肩

| |
本日は全身麻酔で縦に三件の手術です。全麻酔の管理&助手なので、なんとか耐えてますが、これで術者だったらしんどすぎワラエナイ状態ですな。

では午前中の一件目。

160126_01.jpeg前腕の橈骨骨幹部骨折です。粉砕は殆ど無いため、あまり工夫をする必要はありませんね。開けて、戻して、固定する、っと...。

160126_02.jpegこのとおり。

...間髪を入れず二件目は、肩関節鏡視下腱板修復術なので、割愛。関節鏡と超音波画像は、動画で見るに限ります。

ただ、今回の腱板は、結構複雑な裂け方をしてたので、手術に時間がかかりました。珍しく三時間。疲れましたね...。

手術追加!

| |
本日の予定手術は二件。一件目が肩関節拘縮→肩関節鏡視下関節授動術→割愛、二件目が膝蓋骨骨折→観血的骨接合術、でしたが、午前中に一件追加されております。

まずは二件目の膝蓋骨から、術前術後を一気にどうぞ。

160112_01.jpeg側面像だけですが、鋼線でしっかりと締結できています。特に関節面の隙間や段差が無くなっているので、バッチグー(死語)と言えるでしょう。

関節鏡と抜釘

| |
順に行いましたが、ま、特に問題もなく終了しております。肩関節鏡は滑膜切除だけでしたが、例によって割愛。抜釘は、上腕骨頚部骨折の術後で他院で手術されたのですが、紆余曲折がありまして、ウチで手術することになりました。

術前・術後をまとめてどうぞ。

150915_01.jpegこんな感じで、問題無いですな。

さて、この方は他にもいろいろと問題はありますが、おいおい改善すればよいですね~。

肩というか上腕骨

| |
もう手術枠が無いので、金曜日も手術しちゃいますよ。ぐったりですけどね。

本日は上腕骨頚部骨折ですが、これがまた見事にバラバラでして...。

150619_03.jpeg向かって左の写真の如く、骨頭が明後日の方を向いております。細かい骨片もあり、ぽっきりと折れたのではなく、ぐしゃっと粉砕した感じですね。
これを何とか安定させるのですが...開けて見るとこれまたびっくり、かなりバラバラでどないなることやらと思っていましたが、比較的うまくまとまりました。

取り敢えず今週もお疲れですが、来週もドキドキですよ...Ψ(`∇´)Ψ♂ ククク...。

火曜は肩と肩

| |
厳密には、肩関節鏡視下拘縮解離、滑膜切除+関節包切開と、上腕骨頚部骨折のORIFです。前者は例によって麻酔だけですので、割愛します。二件目は午後3時スタートですので、しんどいですなぁ。でもきっちり固定出来れば、それほど遅くはならないはず!

では術前を。こんな感じの骨折で、3-partsのバラバラに近い状態です。これをしっかりとプレートで固定しますね!

...いろいろあったので術前術後を一気にどうぞ。

150519_01.jpeg固定は問題ありませんね。手術そのものは、二時間足らずで終わってるのですが、途中でトラブル発生が相次いで、結局総手術時間が五時間超という有様。疲れ申しました。患者さんに関することは全く問題無いのですが、なんかいろいろションボリであります。やっぱ貧乏な病院は、ダメすなぁ...。

縦に三件はしんどい

| |
え~、昼から順に、鎖骨の抜釘、関節鏡視下半月板切除、上腕骨頚部骨折のORIFでしたが、全て全身麻酔で縦に手術が入ってましたので、すっかり遅くなりました。写真を整理する気も起きないくらいグッタリであります。

おやすみなさいませノシ

いろいろ大変でした

| |
本日はまず午前中からやな感じでした。TKA予定の方が、少し咳き込んでるので心配ですと、朝イチに看護師さんから報告が。昨日も今朝も熱は出てないし、ん~...と思ったけど、迷ったら胸部レントゲン撮影!ということで撮ってみました。さらに、緊急での採血も追加しましょう。

結果:
・胸部単純X線写真
  右中~下肺野の透過性低下 →おそらく誤嚥性肺炎によるもの
・採血データ
  WBC 19200 Neutrophyl 88.0%
  CRP 16.6

肺炎による手術の中止決定です。

患者さんもワタクシもヘコみましたが、患者さんのご家族は気持ちよく了解して下さったので、有り難い限りです。しっかりと抗生剤の点滴で治してしまいましょう。

これで、午後6時開始予定の二件目の手術が、午後1時半開始に繰り上がりました。各部署のスタッフに優しいスケジュールにはなりましたね。

手術いろいろ

| |
え~、本日はいろいろと手術がありました。
一件目は足関節の滑液包炎→滑液包切除ですが、これは割愛。

二件目は上腕骨小頭骨折の手術ですが、骨片が小さく、難航することが予想されました。
肘頭を落として肘関節を完全に展開する方法で骨片を整復...と思っていましたが、よく考えると有利骨片は前方にあるので、後方からのアプローチでは整復は出来ても固定できないじゃないか...ということで、前方アプローチになりました。

結果はこのように、

140911_01.jpeg剪断骨折であり、整復位を保つのは難しかったのですが、何とか4時間程度で事が終わりました。ヨカッタヨカッタ。

ではお次Go。

抜釘と骨接合

| |
抜くのと入れるのと、患者さんの年齢差もとても大きい日でした。

一件目は前腕の抜釘。この患者さんは昨年10月22日に骨折に対して骨接合術を行っております。若いのですごい勢いで骨がくっついたのですが、夏休みになった時点で抜釘を行うことになっておりました。

↓このような感じで、骨折部が分からなくなっています。抜釘後はネジの穴が残ってはいますが、これは徐々に埋まっていくでしょう。ただし、夏休みの間は強い力がかかる運動はNGです。器械体操は禁止で、軽い運動だけにしときましょう。

140722_01.jpegこれを単に抜くだけですが、子供さんの麻酔をかけるのは気を遣います。問題無く終了はしてるのですが、やっぱり人ごとじゃありませんからね。でも、午後7時の段階で晩ご飯は全量食べてしまってまだ空腹だということで、一安心。明日退院できそうですね。

二件、デカい...。

| |
一件目:リウマチ手のダラー法+手根管開放
二件目:上腕骨遠位部骨折のORIF

それぞれ全身麻酔での手術で、しかも人数の関係で縦に行わざるを得ないので、一件目が午後一時始まり、二件目が午後七時始まり(笑)という有様。まぁ、患者さんのしんどさに比べればどうということは無い...ハズ。

では一件目。

140415_01.jpeg前述の如く、リウマチの患者さんです。手関節に関しては手根橈骨関節が自然固定されているので、不安定性のある尺骨遠位部を切除するダラー法を行いました。ここまでは良かったのですが、手根管開放の手術に切り替わると、一同唖然。正中神経と、炎症後の瘢痕が区別出来ないくらい癒着しまくっていたのです。何ということでしょうか...。

それでも可能な範囲で瘢痕切除と神経剥離を行いましたが、完全に剥離しきることは無理でした。瘢痕と神経の境界が分からない状態では、どうしようもありません。出来ることはやりましたが、スッキリしませんでした...。

手・肘・手

| |
順番に、
1. 日帰り手術で手の腱鞘内ガングリオン切除
2. 全身麻酔で小児(4歳)の肘の骨折
3. 全身麻酔でリウマチ手の滑膜切除
と、麻酔科大活躍だよひゃっほぅ。

...ま、レントゲン写真が関係あるのは、2.の症例だけですけどね。

140227_01.jpegとまぁ、このように骨折線は可能な限り整復されております。観血的手術では無かったのですが、完全に関節を開けて手術するには転位が軽度だったので、問題は無いかと考えます。ただ、この外上顆骨折というヤツは、早ければ5~10年後くらいに変形が出てくるので、注意して経過観察を行う必要があります。

本日は全ての症例で全てのことが順調に済んだため、思ったよりも早く帰宅でました。ヨカッタヨカッタ。明日もまた頑張ろう...。

土曜日でもおかわり!

| |
来週に入りきらない骨折の手術を行いましたが、当初は一件だけの予定が、午前中にもう一件追加になるという恐ろしい事態に。でも手術しちゃう!悔しいっ!

では一件目。全身麻酔下に上腕骨骨幹部骨折の手術を行います。

140125_01.jpeg整復良好、骨折部も隙間は少なく、問題無しと考えます。
この時点で午後6時。次行きましょう。

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

中の人について

  • ・くつろぐ筆者 test image
  • ※画像はイメージです。
  •  実際とは異なる場合があります。
  •  
  • ・EVE Online Character Redrick JJ
  • Redrick JJ:
  • ニヤニヤ笑いのCaldari人。
  • お仕事は主に掘りと生産。
  • 発明はギャンブルだ!
  • 所属corp:Wildcat Idc.
 

リンク集


月別 アーカイブ

アイテム

  • 180710_02.jpeg
  • 180710_01.jpeg
  • 180707_02.jpeg
  • 180707_01.jpeg
  • 180705_01.jpeg
  • 180703_01.jpeg
  • 180619_03.jpeg
  • 180619_02.jpeg
  • 180619_01.jpeg
  • 180617_01.jpeg
Powered by Movable Type 4.2-ja