暁の星を掴み取れ!でタグ「ソフトウェア」が付けられているもの

青画面対策

| |
昨日も夜半まで、様々な理由で出される青画面の謎を解き明かそうと、悪戦苦闘しておりました。
正結論から言うと、あれだけ解析しても原因不明のままです。いろんなサイトを参考にしましたが、ワタクシのPCの場合は、エラーメッセージが書いてあるけどもその後ろに原因っぽいファイルがカッコの中に書かれていないので...。

今のところ、

SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED

KMODE_EXCEPTION_NOT_HANDLED

IRQL_GT_ZERO_AT_SYSTEM_SERVICE

が良く出ていますが、もう何が何だか。BIOSからドライバ周りを置き換えてみましたが、それでも変わらず。うーん...と思っていると、どうも64bit版Chromeが原因ではないかという情報が。

例しにFire Foxだけを使っていると、確かに一時間以上落ちなかったので、可能性はありますね。なので、Chromeは32bit版に入れ替えてみました。しばらくこれで頑張ってみます。

Windows10、入れてみました。

| |
自分のデスクトップと、カナーリ古いノートに、Windows10を入れてみました。両方とも、本来はWindowsXP~7の頃の機体なので、どうなることかと思ってましたが、意外とすんなり動いています。

デスクトップの方はSSDの調子がどうも悪いですが、やっぱり屋内の電源由来なのでは?と思っています。あらゆるパーツを換えても、同じ症状でぶっ壊れるんだものね...。

ノートの方は、10年ほど経過したLet's Noteですが、SSD交換などでWindows8.1まできておりましたので、この際ヤッチマエ、というノリでupgradeしました。今のところ問題無く動作してますし、ビミョーですが軽いような気もします。余剰資金があれば、Surface3などに乗り換えてもいいとは思ってるんですがね~。ま、動く限り使うのがワタクシの方針ですので、マザボのコンデンサが終了するその日まで、付き合ってもらうよ!

謎の青死

| |
いわゆとつのBlue-screen Of Deathですが、最近頻発しております。しかも、起こる度にエラー内容が違うので、対処できませんwwww

メモリ周り、ドライバ関連をざざっと調べてはみましたが、別に異常はねーよコンチクショー!とかPCに返答される始末。さてどうしたものかね...。取り敢えず的に、マザボ含めてドライバ類を一新してみましたが、どうなることやら。数週間はコツコツテストを繰り返してみます。

はい、修復修復

| |
昨日の続きを断行。OSはWindows8を安く手に入れ、8.1にupdate。システムドライブはSSD(256G)、データドライブはHDD(500G)で少ない目ですが、容量不足になれば2Tでも放り込みましょう。ただ、2TのNASが稼働中ですので、あまり問題にはならないかと。

再インストールも楽ちんになりましたね。アカウントを放り込めばデスクトップも再構築してくれますし。あ、でも壁紙セットとマウスカーソルをデフォに戻すのは何とかして頂きたいですな。
あとは必要に応じて、Excel等を放り込んで終了ですが、日常生活で使うかどうか疑問でありますので、必要になれば適宜、ということで勘弁。

相方PCの修復

| |
さすがにWindows7機も、5年以上使ってくると重くなってきます。HDDの容量を見ると、160Gしかないとか、懐かしいですなぁ。まぁ、押し入れを探せば40M(Gではないですよ?)のHDDもありますけどね。I/Fはもちろん、SCSIですが。その他にも4GのIDE HDDとか、グラボでも骨董品がまだ手元にあります。AGP接続のものは、既に動かせる現役M/Bが無いので、どうしようもないですね。あと30年程してから博物館が引き取ってくれるなら、あげようかしらん。それまで生きてると良いのですがw

ともかく、Windows7から、一応Windows8機にするため、OSを購入...高ぇ...。近くのジョーシンには必要なバージョンのモノが無いので、Amazonで購入することに。修理は一日遅れますが、2000円以上違うと、待ってでも安く買うわ。自分のブラウジングだけのセカンドマシンやサーバであれば、UbuntuやMint Linuxなりを入れても良いのですがね。

ともかく、勝負は明日以降に持ち越しということで。

何もしてないのに疲れた

| |
さて、お正月休みも最終日ですので、年賀状のお返事を...と思ったら、PCが動かないとかどんな仕打ちやねんと。住所録が消えると痛いんですが...。

結局、PCのレストアに時間を取られて、何も出来てないというbrz

あちこち混乱

| |
昨日機種変したスマホの調子が悪いことおびただしいので、リセットをかけましたが...

この世の中に、機種変くらいでデータがふっとぶゲームにワロタ。そろそろ卒業しなさいということやね。
あと、デスクトップPCの調子も悪すぎで、またもやシステムドライブのクリーンインストールを行いましたとさ。

いろいろ精進します。

本厄キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

| |
ようやく本厄ですので、あと2年、何とか生きのびたいものです。
突然、このサイトが更新されなくなったらお察し。フヒヒヒヒ。

...ってあれ?今年が本厄やないか...数え年の計算間違えとったわ(テヘペロ
つーわけで、あと一ヶ月程は大人しくしとかんとあきませんね。まぁ来年も後厄ですので、大人しくする必要はあるとは思いますが。


そうそう、このところ、不正アクセス対策が功を奏して、サーバの負荷がかなり軽くなって気持ちE状態になっております。やっぱあれだ、『deny form .cn』は効きますね。あと、米国から等の直CGIアクセスもウザいので、しばいておきました。
攻性防壁みたいに、不正アクセス元を物理的に破壊できるようなスクリプトを使って良いのならそうするのですが、暴走族が走ってるからと言ってピアノ線を道路に張っておいたらダメなのと同様ですので、お断り申し上げるのが最善にして唯一の方法でしかないですね。(´・ω・`)ションボリ...

何にしても、もうちょっと生きてたいですな。
♪生き残りたい 生き残りたい ただ生きてたくなる~

起きてから

| |
寝るまで、なんと一回も、外出はおろか玄関にも行かずに、一日が終わりました。
おチビのお相手と、Ubuntuを載せたテストサーバの、Apache2の調整に明け暮れておりました。

まる。

スーパー牛さんパワー

| |
さて、お昼の時間があるときにSSHでテストサーバをいじってたのですが、何気なく

# aptitude -h

でhelpを見ていたら...。

131120_01.jpegスーパー牛さんパワー...だと...(;゚д゚)?

なんじゃこりゃ?
そんな時に心強い味方、Google先生に尋ねてみましょう。スーパー牛さんパワーとは何じゃらほい

...異人さんの考えることは、よう分からんわい^^^^^^;;;;;;

研究会に行ったけど

| |
例によって、梅田で大学主催の研究会に参加。
勉強にはなったけど、なんかふいんき(←なぜか変換できない)が悪い。何かと思ったら前教授と前々教授が来ていて、何かよく分からん質問を演者に浴びせる始末。『それ、今言うこととちゃうやろ...』『何を頓珍漢なことを言うとんねんな...』的な空気が流れて、とても気まずかったです^^^^^^;;;;;;

あと、先週から時々やってた、玄箱HGのUbuntu化は、断念いたしました。何故かPerlの設定が上手くいかず、エラーが出まくってPerlモジュールのインストールが出来ないためです。
解決しようと思いましたが、その労力でDebian化に挑戦してみようと思います。まる。

睡魔睡魔すいますいま

| |
眠い(´・ω・`)

当直室はベッドが狭く、寝返りを打てない&頭が壁にぶつかるので、しんどいですわ。

...これは寝るなということなのか?
体力の低下が気になるお年頃なのに、この仕打ちはキツいっす。もうちょっとマシなクッションを、買って持って行こうかしらん。

ところで、最近サーバへの不正アクセス多すぎワロタ状態だったので、抜本的にというかばっさりというか、アクセス元を制限させて頂きました。具体的には、日本国内と数カ国、それに特定のドメインを除き、全部シャットアウトする方式にしてます。

要は、中国からとその他一部のproxy経由でのアクセスを全部拒否しました。もしかしたら串を刺してアクセスしてる方もおられるかもしれませんが、その時は勘弁してつかぁさい。
あと、中国対策に一部面白い仕掛けもしておきましたが、それは秘密です|∀・)ニヨニヨ

快適なサーバになったので、取り敢えず寝るノシ

共有設定

| |
LAN内のWindows機から、共有フォルダにアクセスできるようにします。
Ubuntu Serverをインストールする時、Sambaをインストールしていますので、設定だけでOKです。

...が、いろんなサイトを見て/etc/samba/smb.confの設定を行ったのですが、フォルダは見えてもアクセスできない罠。どうなってるんだ...。

ひとまずsmb.confの設定。
各セクションに記述を追加したり変更を加えたりします。

[grobal]
#文字エンコードの設定など
dos charset = CP932
unix charset = UTF-8
display charset = UTF-8
map to guest = Bad User

#コメントアウト後、設定
workgroup = (Windows機に設定している値)
interfaces = 127.0.0.0/8 192.168.0.0./16 eth0

# 最終行に追記(途中の各設定を書き直しても良い)
[Share]
path = /home/share →自分のサーバの設定を記述
writable = yes
browseable = yes
only guest = yes
guest ok = yes
create mask = 0777
directory mmask = 0777


こんな感じでよさそうです。

設定のあとで、文法的なミスが無いか確認しておきます。

$ testparm /etc/samba/smb.conf

問題無ければSambaを再起動しましょう。

$ sudo service smbd restart

このあと、Ubuntu側でフォルダの共有設定をします。
GUI環境下で、目的のフォルダを右クリック→プロパティ、で共有タブをクリックすると、

131014_01.jpegこのように、共有設定を行います。共有名は適当に入れておきます。
これで糸冬 了..._〆(゚▽゚*)、のはず。

日本語入力とDDNSの設定

| |
コツコツやってるUbuntu Serverの環境を整えます。
日本語版のUbuntuを放り込めば、インストール直後から日本語入力は自由に出来ます。が、ここは少し評判が良くてGoogle IMEを使ってみたいと思います。

インストールはTerminalから行います。

$ sudo apt-get install ibus-mozc mozc-server mozc-utils-gui

で自動でインストールできます。
その後、一旦ログアウト、もしくは再起動して、iBusの設定をいじって優先度を上げてやれば終了。
無問題。よし、ここからはサーバの設定...

...あ、DDNSの設定をしないとダメですね。
ウチは固定IPではありませんので、Dynamic DNSを使ってURLとIPを関連づけていますが、Windowsの時はDiCEというソフトにお世話になっていました。
他に代わりのソフト...あ、DiCEのLinux版があるやないですか。gzファイルをDLして、/usr/local/bin/ あたりに放り込み、解凍しましょう。

$ tar xzvf diced1914.tar.gz
(数字はバージョン番号なので、ファイルに従って入力しましょう)

んでもって、起動。あ、その前に、Terminalの文字コードを一時的にEUC-JPに変えておきましょう。UTF-8だと見事に文字化けします。

$ /usr/local/bin/DiCE/diced

起動したら、あとは設定するだけの簡単なお仕事。

ギャアアアアアアアアア!

| |
Ubuntu ServerでRAID1の構築と再インストールをしている最中に、FireFoxの同期方法を間違えて、今まで貯めたブックマークとPWを吹っ飛ばしてしまいました...brz

再構築しんどすぎワロタ...ワロタ...。

ネットワークの設定が???

| |
いきなり躓いてワロタ。

GUI環境でネットワークの設定をいじろうかなと思って画面を開...けないbrz
はて困った。DHCPでネットには接続しているので、固定IPにすべく設定画面をいじろうとしても、そもそもオプション項目が押せない。しかも「有線 管理対象外」ってなんじゃらほい?

ま、ネットにはつながってるので、毎度お馴染みgoogle先生の出番ですよ。...おや、やはり同様の症状が出た先輩方が多数おられますね。そのうち、ろっひー様のサイトの記事が、一番簡潔でしたので、解決方法を書き写しておきます。

こちらもおなじみ、Terminalからテキストエディタを起動してやります。

$ sudo vi /etc/network/interfaces

このファイルの最終行付近、

-----
# This file describes the network interfaces available on your system
# and how to activate them. For more information, see interfaces(5).

# The loopback network interface
auto lo
iface lo inet loopback

# The primary network interface
auto eth0
iface eth0 inet dhcp

-----

赤字の部分を削除するか、コメントアウトして再起動すると...あら不思議、治ってる罠。

その他、SSHサーバの設定は、されどpenguinな日々様の該当ページを参照に、SSHの鍵を作成し、TeraTerm(このソフト元々使ってましたが、最新版をインストールし直して使用)の設定をちょいちょいと...問題無し。

130923_01.jpeg問題は無さそうですが、zombie processが一つあるのが気になるところ。何だろうね。

昨日までのまとめ

| |
フォーマットされていないHDDにクリーンインストールを行うという状況で書きます。

1. このページからUbuntu Server 13.04のiso imageをDLして、DVD-Rに焼く。

容量が701MとビミョーにCD-Rでは足りない可能性があるので、無難にDVD-Rを使いましょう。安定を求めるなら12.04 LTSでも良し。isoイメージはWindows 7以降であれば、エクスプローラでファイルを選択→右クリックで「ディスクイメージの書き込み」を選べばOK。Vista以前は素直に書き込みソフトを使いましょう。

2. 焼けたDVDをドライブに放り込み、インストールする。

BIOSで起動ドライブの一番上に、DVDドライブをもってきとかなきゃダメ。というか、色々書こうと思ったけど金子邦彦様の研究室サイトなど、非常に良く且つ美しくまとめておられるので、こちらを参照にして頂いた方がよろしいですね。フヒヒヒヒヒ。ま、OSのインストールそのものは、Windows 3.1からいじってると、それほど大して苦労しない訳です。config.sysの編集をしなくて良いのは、本当に楽ですね。

3. 先日躓いていたのは、ネットワークの設定の問題で、無線LANのAPが、何やら悪さをしていたようです。「ようです」というのは、結局理由が分からず仕舞いでして、LAN内IPアドレス割り振りを見直す時期に来ているようです。DHCPの範囲は十分に広いハズなんだがなぁ...。まぁ、どちらにしてもサーバ用途ですので、固定IPにします。

4. インストールするソフトウェアは、SSH server、DNS server、LAMP server、PostgreSQL server、Samba file serverくらいですかね。気が向いたらMail serverでも建てて使ってみますが、目下「大陸と半島からの不正アクセス多すぎワロタ」の状態ですので、これを何とかしなきゃSPAMだらけになりそうです。

5. ログイン出来ることを確認し、

必要があれば

$ sudo apt-get update



$ sudo apt-get upgrade

を行う。この際、日本語文字化けがキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!というのであれば、
殿様ガエルのWiki様のページや、浜村拓夫の世界様のページを参考に、nanoエディタやviエディタで何とかしましょう。UNIXをいじったことがあれば、viで楽勝です。

いじるファイルはホームディレクトリ中の .bashrc ファイルですので、

$ vi(もしくはnano) ~/.bashrc

でエディタを起動します。
で、ファイルの末尾に

case $TERM in
linux) LANG=C ;;
*) LANG=ja_JP.UTF-8 ;;
esac

を付け加えましょう。
あとは、外部からのアクセス時の文字化けを防ぐため、

export LANG=ja_JP.UTF-8

も最後に追記しておきましょう。そうすりゃTeraTermなどからのアクセス時にでも文字化けせずにハッピーです。

その後、

$ source ~/.bashrc

で.bashrcを反映するか、面倒くさければマシンを再起動すりゃ文字化け解消です。

6. デスクトップ環境を...

折角なので、CUIベースだけではなく、GUIベースでもいじってみましょう。

$ sudo apt-get install ubuntu-desktop

を実行し待つこと約10分、立派なUbuntuのデスクトップ環境が出来上がりました。やったね!
GUIベースだと直感的に見た目で分かるので、有り難い限りです。まぁMS-DOS時代と同じく、CUI環境でコツコツやっても良いのですが、記憶力が低下してきてますので(笑)、ある程度参考文を見ながら色々と設定できる環境の方が有り難いですね。

7. terminalの呼び出し

右上のUbuntuマークからソフトウェアを検索しましょう。文字列は「terminal」でOKです。
ここからいろんなモノを設定しつつ、サーバを立てていくわけです。

さて、こんなところですかね。
当面の目標は、
・Apacheの設定
・Sambaの設定とWindows機とのファイル共有
・サーバデータのバックアップの設定
・DDNSの設定(DiCEを使わせて頂きましょう)
・ソフトウェアRAIDの設定(先にHDDを買わねばなりませんが!)
くらいにしてますが、資金の関係で、RAID用のHDD購入は、大夫先になりそうです。余ってる1TのHDDを使うかどうか、悩み中...。

サーバのOSに迷う

| |
あ、当然ですが、午前中は仕事してきましたよ。台風一過で、気温が低かったのは低かったのですが、湿度が高かったのと、被害情報の多さにスッキリした気分にもなれず昼過ぎに帰宅。

おチビが寝てからサーバをいじってたのですが、これがまた何ともアキマセン。Windows Home Server 2011はなんだか微妙にやりにくいので、Ubuntuをブチ込んでみたのですが、これまたapt-getが効かないという有様。おチビが邪魔をするので調べ物さえ満足に出来ませんので、今日はこのへんで。

一夏超えると

| |
人も機械も壊れていきますなw
医局のPCは、ファンは全力で回る割には、CPUがCeleronD 2.66で、メモリ512M、HDDが40G、OSがWinXpなので、かなり重い状態が続いてます。先日電源を交換して息を吹き返しましたが、こんなにCPUに負担をかけ続けていては、そのうちまた熱が籠もって行くとこまで逝ってしまいますので、何とか軽量化を図らねばなりません。ただし、コストカットで。

という訳で、必然的に軽い動作をするLinuxを探すことになりますが...ありましたね。

Puppy Linux

お試ししてみましたが、確かに軽いです。上記スペックのPCでCD起動の状態でも、さくさく動きます。
という訳で、問題無いことを確認後、古いSSDにインストールして使ってもらいましょう。どうせブラウジングしかしませんし、十分かと。
ぼちぼち、Linux関連の知識も付けていきたい今日この頃。ただ、時間が...。

某国からのスパムウザし。

| |
読んで字の如く、ウザいことこの上ないですね。気が付くとスパムコメントが50以上あったりして、もうムカつくので日本のIPから以外のアクセスは完全ブロックしてもいいかな~、と思う今日この頃。

先日、自宅サーバのアクセス管理をしていてこのことに気付いたのですが、今日、時間があったので病院のルータの方もチェックしてみました。すると、URLは取ってないのですが、直接IPアドレスに対するアクセスの痕跡が残ってましたね。ポートスキャンでしょうが、FTPやWWW周りのポートにアクセスしてきた形跡があります。アクセス元は、もう言うまでもないですね。さっさと滅びればいいのにね。ヤレヤレ。

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

中の人について

  • ・くつろぐ筆者 test image
  • ※画像はイメージです。
  •  実際とは異なる場合があります。
  •  
  • ・EVE Online Character Redrick JJ
  • Redrick JJ:
  • ニヤニヤ笑いのCaldari人。
  • お仕事は主に掘りと生産。
  • 発明はギャンブルだ!
  • 所属corp:Wildcat Idc.
 

リンク集


月別 アーカイブ

アイテム

  • 180522_02.jpeg
  • 180522_01.jpeg
  • 180518_01.jpeg
  • 180517_01.jpeg
  • 180515_02.jpeg
  • 180515_01.jpeg
  • 180510_02.jpeg
  • 180510_01.jpeg
  • 180508_04.jpeg
  • 180508_03.jpeg
Powered by Movable Type 4.2-ja