暁の星を掴み取れ!でタグ「腱」が付けられているもの

手の手術一件

| |
本日の手術はX線写真無しです。化膿性屈筋腱炎後の滑膜切除で、ひたすら癒着していた腱を剥離し、滑膜を切除する手術でありました。約4時間の手術は、細かい作業が多かったのでしんどかったですな~。

来週か再来週に、断裂した腱の修復・移行術を行うことになりそうですが、それはまた後のお話で後のお話で。

変形性手関節症と腱移行術

| |
本日の手術は、手関節症に対する手術と、伸筋腱断裂に対する腱移行術を、同時に行います。
元々橈骨遠位部骨折でもあったのか、手関節部に尺骨の突出が見られます。これが原因となり、背側に骨棘が突出したため、4指と5指の伸筋腱が断裂してしまったという訳です。

術式の内容は、色々検討した結果、恒例であることとリウマチのような骨溶解性の病変ではないことから、Darrach法を用いることになりました。もしリウマチであったら、Sauve-Kapandji法を用いることになるのですが、今回はパスになりました。
Darrach法で骨切りした後は、4指と5指の伸筋腱を、3指の伸筋腱に腱移行することになります。要は4・5指の伸筋腱を、纏めて3指の伸筋腱に縫い付けてしまうのです。結果的に、4指や5指は3指と連動して伸びることになるため、各々が独立して伸ばすことは出来なくなります。

ではレントゲン写真を...といっても、骨切りしか分かりませんけどね。
110623_01.jpegちゃんと尺骨が骨切りされていますね。腱移行も特に問題無く終わったので、今日も術後の患者さんは問題無しです。その他の患者さんに問題は少々あるようですが、気にしない。当直だけど気にしない!

手の外科の日

| |
「手の外科」と格好良く言ってても、所詮小規模病院、やることはしれてます。

一件目は腱鞘炎に対して腱鞘切開。こちらは午前中に局所麻酔で行います。バネ指の前段階ですね。
二件目は、術後の人で、指屈筋腱の癒着を剥離する手術です。狭窄性腱鞘炎の腱鞘切開手術のあと、何故か屈筋腱周囲が癒着し、指が伸びなくなってきてるので、今回手術と相成りました。
当然ですが、標的が骨ではないので、レントゲン写真はお預けです。

時間がかかりそうだったので全身麻酔で行ったのですが、開けて吃驚、腱の周囲がべったりと癒着してるじゃありませんか。なして?という疑問に対する明らかな回答は得られませんでしたが、取り敢えずは癒着の所見があったということで、他のおかしな病態を考えなくても大丈夫だろうという結論に落ち着きました。
取り敢えず、手掌から指の基部周囲までの屈筋腱全周を剥離し、指が自由に動かせるようにしてから傷を縫合しましたが、うまく治ると良いですな。

腱断裂の修復

| |
はい、今日は腱断裂の方です。
この方は昨年10月21日に、橈骨遠位部の手術をした方なのですが、骨片かはたまたスクリューの先端が当たったのか、EPL(Extensor Pollicis Longus:長母指伸筋腱)が断裂してしまったのです。橈骨遠位部骨折のあとに時々見られる状態なのです。
無論このままでは親指が伸びませんので、日常生活に多大な影響が出ますから、腱の修復をしなければなりません。ただし、伸筋腱は単純に繋ぐことは出来ないので、EDC(Extensor Digitorum Communis:総指伸筋腱)の示指の枝を利用して、EPLを再建します。別の腱を目的とする腱に繋ぐ手術を腱移行術というのですが、これを行います。
あ、詳しいことは省略ね。図を描くのをサボってるだけという見方も出来ますが、キニスンナ。

この結果、具体的には人差し指を伸ばすと同時に親指も伸びる、という感じで動作して頂くことになりますが、最初は皆、戸惑うみたいですね。人差し指を伸ばすのと同時に親指が伸びる訳ですから、そりゃ最初は混乱しても仕方ないです。でも、こればっかりはどうしようもないので、慣れて頂くしかないのです。

よく連続します

| |
何がって、よく似た外傷が連続するのですよ。
この一週間で、外来で腱断裂を既に3人処置しておりますが、本日も紹介で来院されました。流行病かと思うくらい、同じ外傷が続いているのですが、今日の方はかなりばっさりと切れておりまして、外来レベルでは腱縫合不可能な状態でしたので、昼から手術室で処置を行うことになりました。

左手母指の伸筋腱(親指を伸ばす腱)が2本とも切れているようなので、傷を広げて断端を確認し、一本一本縫合します。当初、考えていたのよりもかなり容易に断端が見つかったため、サッと縫えてパッと終了出来ました。

さて、本日は例によって当直なのですが、外部の先生方が土日の当直を行ってくれているため、一ヶ月に二回の当直しかしていないことになっています。これはこれで非常に楽なのですが、収入を考えるとちょっと...という状態です。もっと身を削って働いた方がええのかもしれんが...ん~む...。もっと皮下脂肪は削るべきですが、こちらはなかなかwwwwwwww

手関節形成+腱縫合

| |
左変形性手関節症に、伸筋腱断裂が加わったもので、「環指と小指が伸びない」という状態です。
まずは術前X線写真。

091208_01.jpeg手関節、特に手根尺側関節及び遠位橈尺関節に、変形が強く出ています。
この変形のため、伸筋腱(指を伸ばす腱)がこすれて、すり切れてしまった状態です。
側面像で見ると、尺骨が背側へ突出しており、ここで伸筋腱がこすれていたのです。
従って、変形の改善+伸筋腱断裂という、2点を何とかせねばいけません。

まずは関節形成から行います。
具体的には、二つの方法があります。
一つは、突き上げている尺骨を元の高さに戻してやり、固定するというもの(Kapandji法)。
もう一つは、関節症性変化を起こしている尺骨遠位部そのものを切り取ってしまい、手関節を手根橈側関節だけにしてしまう方法(Darrach法)です。
今回は、後者を使います。

理由は、二つあります。
一つは、今回の症例は変形性関節症で、遠位橈尺関節を残しておくと疼痛が残存する可能性があるため。
もう一つは、尺骨茎状突起周囲の変形が強く、これも残しておくと縫合した伸筋腱が将来的に再度断裂する可能性が強くなるから。
このような理由で、Darrach法を選びました。

アキレス腱!

| |
なんと久々のアキレス腱断裂。
昨日来られた患者さんなのですが、いつもなら来週の火曜日に手術...となるのですけど、今度の火曜はシルバーウィーク(老人週間みたいで嫌な感じです><)ですので、早い目に手術した方が患者さんも楽だろう、ということで本日手術となりました。

あ~、レントゲン写真は...腱縫合だし無いんですよね...。
一生懸命縫いました!以上!

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

中の人について

  • ・くつろぐ筆者 test image
  • ※画像はイメージです。
  •  実際とは異なる場合があります。
  •  
  • ・EVE Online Character Redrick JJ
  • Redrick JJ:
  • ニヤニヤ笑いのCaldari人。
  • お仕事は主に掘りと生産。
  • 発明はギャンブルだ!
  • 所属corp:Wildcat Idc.
 

リンク集


月別 アーカイブ

アイテム

  • 191018_03.jpeg
  • 191018_02.jpeg
  • 191018_01.jpeg
  • 191017_01.jpeg
  • 191015_01.jpeg
  • 191014_03.jpg
  • 191014_02.jpg
  • 191014_01.jpeg
  • 191010_02.jpeg
  • 191010_01.jpeg
Powered by Movable Type 4.2-ja