Job & Medicalの最近のブログ記事

あ~...股関節追加

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
今日も当直なんですが、昨日来られた頚部骨折の患者さんの手術が入っていました。

大腿骨頚部骨折Garden分類stage4ですが、股関節に変形関節症があるので、THAか人工骨頭置換術かを決めかねている状態でした。
術中所見で臼蓋側の軟骨が、軽度の糜爛のみであることから、後者を選択することになりました。

190718_01.jpeg
ちなみに、右側の人工股関節は、2014.02.25に手術しております。高齢で認知症もありますが、もともとバギーで歩いていましたので、この手術となりました。あとは脱臼しないことを祈って...リハビリを頑張ってもらうしかないですが、さてどうなるか。

今日も上腕骨

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
同様の手術が続きます。本日は約二週間前の骨折です。

190711_01.jpeg
こんな感じでしたが、前回同様、髄内釘手術です。ただし、骨折部が外科系よりもやや遠位であるので、固定の横止が確実に骨折線から離れるタイプの、長い髄内釘を選択しました。

190711_02.jpegしっかりと固定ok。これで明日から動かしてもよい...のですが、キズも痛いので、明後日からリハビリにしましょう。

転子部骨折が追加です。

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
昨日入院した方の手術です。

右大腿骨転子部骨折で、今週初めに転倒したとのこと。

190705_01.jpegいつものように髄内釘固定ですが、骨が脆い...。骨粗鬆症の治療もした方が良いのですがl、如何せん超高齢ですので、ご家族さまとお話して、方針を決めることになりそうです(主治医・談)。

このあたりは、なかなか議論の分かれるところですので、今回は主治医にお任せして、パス。

いずれにしても、明日からリハビリです。車イス移乗は目標かな...頑張りましょう。

膝ですよ

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
本日のTKAは、大腿骨顆部壊死の症例です。やることは同じですが。
まずは術前。

190704_01.jpeg
内側顆部に抉れたような、軟骨下骨壊死の跡が見えます。

190704_02.jpeg
いつものようにTKA。
単顆置換型の人工関節を使っても良いのですが、70代後半の年齢ということもあるので、長期成績の安定した全人工関節の手術を行っています。

手術には特に問題はありませんでしたので、明後日からリハビリを頑張りましょう。お盆くらいには退院出来そうですよ!

上腕骨です。

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
上腕骨頚部骨折→髄内釘によるORIF。
ほとんど転位は無いので、整復操作はナシでokでした。

190702_01.jpeg
このようにかっちり固定。
整復も特に問題は無かったので、明日から動かしてもらってokです。

リハビリ頑張りましょう!

人工骨頭に切断

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
一件目、陳旧性の大腿骨頚部骨折→人工骨頭置換術。
やることはいつも通りです。

190627_01.jpeg
...術後の写真に、いらんモノが映り込んでますが、キニシナイ。


二件目、糖尿病性壊死・骨髄炎→足趾切断。
関節がやられて亜脱臼しており、末節骨も溶解してます(下図白矢印)。感染が骨組織にまで及んでいるので、やむなく切断です。

190627_02.jpeg
何とか、MtP関節を残すことは出来ましたが、骨髄炎が再燃しないかどうか、また縫合した皮膚がちゃんとくっつくかは、また別の話。糖尿病のコントロールがしっかり出来ればよいのですが...。

手関節と足関節

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
前者は昨年5月8日に手術した橈骨遠位部骨折の抜釘、後者は鋼線締結による内固定です。

では手関節から。

術前はこのようにしっかりと骨癒合okの状態です。

190625_01.jpeg
こちらをこのように。

190625_02.jpeg
はい、スッキリ。

次にいきましょう。

本日は股関節です

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
いつものように、THA!THA!

190618_01.jpeg
このような変形性股関節症。
痛いのは右側なので、そちらからの手術になります。

190618_02.jpegこのようにTHA完成!

術中特に問題無く、経過は良好です。問題有りませんので、明後日から予定通りリハビリをびしばし頑張って頂きます!

火曜、膝

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
はい、外側型の膝OAの手術です。

190611_01.jpeg
こんな状態でしたが、

190611_02.jpeg
このように。

実はこの患者さん、数十年前に大腿骨顆部骨折と脛骨骨幹部骨折の手術を受けてて、ちょっとインプラントの設置角度等、色々と難しかったのです。でも何とかキッチリ完成。予定通り明後日からリハビリです。頑張りましょう!

疲れましたです

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
朝から重症の方の死亡確認、日中は病棟でバタバタ、夕方は会議でグダグダと、結構やることが多かった...。
なんかあまり実りのないような一日でした。

明日はさらに暑くなるそうなので熱中症には要注意ですね。

本日は膝です。

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
毎度お馴染みTKA。
変形性膝関節症+軟骨下骨骨折後壊死に対して、TKAを行います。

190523_01.jpeg
大腿骨側の軟骨と軟骨下骨が、ごっそり痛んでます。
でもやることは同じ。

190523_02.jpegこれでok!

ちょいと設置角度などが難しい手術でしたが、問題無く終了です。
明後日からリハビリです。頑張りましょう!

手術いろいろ

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
粉瘤切除、手根管解放、鎖骨のORIFと、各種。
三件目の鎖骨のみ、X線写真がありますので、そちらを提示します。

このような見事な骨折を、いつものように鋼線締結します。


190521_01.jpeg
出来上がり!

固定性は問題無いのですが、受傷時期がはっきりせず(少し認知症有りの患者さん)、陳旧性の骨折として考える方が良いだろうという結論に至りました。超音波治療も含めて、今後も加療を行います。

本日は股関節

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
このような変形性股関節症を..

190516_01.jpegいつものようにTHA。okok、問題無し。

本日は手関節と膝関節

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
一件目:橈骨遠位部骨折→ORIF
二件目:変形性膝関節症→TKA

では一件目から。

190514_01.jpeg
尺骨の茎状突起も骨折してますが、こちらはそのままにしておきます。
このような骨折を、いつものように

190514_02.jpegしっかりと内固定できましたが、やはり骨質はあまり良くないので、落ち着いたら骨粗鬆症の治療も始めましょう。

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

中の人について

  • ・くつろぐ筆者 test image
  • ※画像はイメージです。
  •  実際とは異なる場合があります。
  •  
  • ・EVE Online Character Redrick JJ
  • Redrick JJ:
  • ニヤニヤ笑いのCaldari人。
  • お仕事は主に掘りと生産。
  • 発明はギャンブルだ!
  • 所属corp:Wildcat Idc.
 

リンク集


月別 アーカイブ

アイテム

  • 190718_01.jpeg
  • 190711_03.jpeg
  • 190711_02.jpeg
  • 190711_01.jpeg
  • 190705_01.jpeg
  • 190704_02.jpeg
  • 190704_01.jpeg
  • 190702_01.jpeg
  • 190627_03.jpeg
  • 190627_02.jpeg
Powered by Movable Type 4.2-ja