夜を駆け抜けろ! Entry : 委員会でいいんかい

« とろうとはこのことだ | MainPage | 古いPC設置・PC-9821Xa12編② »


委員会でいいんかい

え~、先月は手術のために出席できなかった、Clinical Path委員会へ出席しました。
何せ本日は学会期間で上司が不在で(ホカイドーなる所へ行ったらしい)手術が無かったもので…。
その代わり外来は微妙な症状の方々が多くて、これまた微妙に忙しかったのですが^^;

「Clinical Path」とは、医療現場での煩雑な指示系統を一本化し、「この治療にはこの方法」といった具合に、治療に関して一定の方式を採用してそれを進めてゆく方法の一つ、とでも言えばいいでしょうか。
無駄を省き、かつ医療ミスを無くすために行っております。
他の用語では「Critical Path」とも言いますが、Criticalという言葉には、「臨界状態」という意味の他に、「致命的」とか「批判的」というnegativeな意味もあるので、医療系では「Clinical Path」と言われることが多いようです。

整形外科もようやくそのClinical Pathを作ることになったのですが、これは単にワタクシが常勤に昇格したため、役職がない→Clinical Path委員会でもさせておけ、という思惑が働いたのかどうかは知りません。
が、とにかく自分も煩雑な支持体系から脱却したいと思っていたので、渡りに船であります。

さて、整形外科でのClinical Pathは、曜日で火曜手術・木曜手術の二つの場合に分けられ、また術式によってTKA(人工膝関節置換術)、THA(人工股関節置換術)、BFR(人工骨頭置換術)の三つに分けようかなと思っています。この三つは、おおよそやることが一定しているので、Clinical Pathにしやすいのです。

…っておい、6通りも作るのかよ…。
手間だ…orz

こういうのは世間ではExcelを使って作ることになっているようですが、ワタクシはケチなので、高価なMicrosoft Office製品は買えません。
PC一台に一セットずつ買わなあかんってどんだけ~。

という訳で、ワタクシの使っているのはOpen Officeというフリーソフトであります。
これは、Microsoft Officeと「ほぼ」互換性を有するソフトで、フリーなのが(・∀・)/イイ!
操作感覚はおよそOfficeXpに類似しており、まぁ困難なものではないです。
Microsoft Office製品を使っていて、バージョンアップのたびにお財布が苦しいそこのあなた、この機会に乗り換えちまったらどうでしょう?
|∀・)ニヨニヨ


≪Trackback≫

このエントリーのトラックバックURL:





コメントを投稿