夜を駆け抜けろ! 2007年10月 Archives

« 2007年09月 | Main Page | 2007年11月 »

2007年10月31日

自治会コンペキタ━(゚∀゚)━!!

三回目の参加となりますが、さてさて。
場所は泉佐野CC
コースの感想としては、まぁ普通かな?でもちょっとフェアウェイが広くってOBが少なくて(・∀・)/イイ!ですね。
スタート前
本日はお天気も良く(in大阪)、まさに秋晴れじゃこれでもかこれでもかといわんばかりの状況下で、コンペは行われました。
今日はドライバーの調子が良く、比較的真っ直ぐ飛び、飛距離も平均すれば260~280Y位はいってました。
練習の成果が、と言いたいところでしたが、パッティングが全然だめぽ(´・ω・`)。
ラウンド中
前半のパッティングが最悪で、3パット↑が出まくりでしたorz
まぁ後半は持ち直して2~3パットで何とか抑えられましたが…。
結果的に前半がどうしようもない点数で、後半が何とか50台(58orz)。
これはあまりにもイケテナサスなので、もうちょっとラウンドをやり込まないとあきまへんと思った一日でした。
…まぁ先に試験勉強をせにゃイカンのですが…。
関空が見えるよ…
最終ラウンドには、遠くに関空も見えていて、ほんとにお天気に恵まれた一日でした。

しかし、昨日までの連直+遅くまで手術の疲労が溜まって、最後の方は足回りがやばかったッス^^;
根本から鍛え直さねば…。


その前に試験勉強汁!

2007年10月30日

大腿骨と足の指と肘の骨折

という訳で、一件目は外来手術、あとの二つはそれぞれ入院・局麻、入院・全麻の手術です。
一件目は…鋼線刺入だけなのでパス。
比較的あっさりと終了でございますm(_ _)m

二件目は日曜の当直の時に院内でこけたじいちゃんの骨折です。
見事に骨折してましたが、高齢ということと心臓に難ありということで腰椎麻酔は内科の先生からストップがかかっておりまして、局所麻酔でネジを打ち込むことになりました。
ふぅ…。
で、術前術後のXpはこちらの如く↓
右大腿骨頚部骨折術前術後正面
ま、こんなもんでしょう。
腰椎麻酔も出来ないのに、局所麻酔でよく頑張った!感動した!(AA略
…もちろん、おじいちゃんが頑張った訳ですが。

三件目は肘。
肘と言っても上腕骨の遠位部ですが、こちらの術前Xpはこんな感じですた。
右肘通顆骨折術前正側面
ギプスを巻いたままレントゲン撮影を行っているので、ぶっちゃけよく分かりません。
一応矢印のところで折れていますが、ややねじれている状態です。
この部位の骨折は、基本的に手術で固定しないと、ねじれの変形が起こってちゃんとくっつきません。

CTだとさらによく分かります。
画像は前額断(前から見たスライス画像)です。
術前CT前額断面
…よく分かりませんって?まぁそうでしょうね…orz

ととととととと取り敢えず全身麻酔で手術しますたが、結果は如何に…。

術後Xpドン。

右肘通顆骨折術後正側面
橈側(親指側)はプレート固定、尺側(小指側)は鋼線締結法で、なんとかしっかり固定できました。
しかし…疲れました…。
この時点で22時過ぎとんのかよorz
今日も午前様だネ!(ハァト

2007年10月29日

そして二連直目

いやはや、昨日の当直は…まぁ…自分とこなので救急はないけど…ねぇ…。
ぶっちゃけ、

いいお天気だったのが悔しい

です。
orz

今日は朝からどんより曇ってましたin大阪。
なので外出気分も無くなるわ~とか思ってるとソッコー晴れて来やがったり^^^^^^;;;;;;
どないやっちゅうねん。

そして朝の外来には深刻な状態の患者さんは来るわ、昼前には昨日の当直中に病棟でこけたおじいちゃんの骨折が判明して明日の手術予定を急に変更して無理矢理手術予定を突っ込むわ、夕方になっても遠足でソリに乗っていてころんだお子様の骨折が来るわ(即座に徒手整復してギプス固定でいけましたが)、夜診では新患が次から次へと来るわ、もう何とか汁wwwwwwwwwwwww

ワタクシの当直中は病院に来ちゃ行けないぞ?
オジサンとの約束だぞ。
破ったら針千本で済むと思うなよ…。
ハリセンボン飲ましちゃるwwwwwwwww

2007年10月28日

病院から医者がいなくなる?

みなさんのご近所で、診療科が無くなるとかいう話を聞いたことはありませんか?
例えば、「××病院の内科が無くなる」とか、そういう話です。
この原因には色々あるのですが、まぁひとことで言うと、「医者不足」ですね。
厳密には、「勤務医不足」となります。

この不足には二つの意味があります。
一つは、医者の数の不足で、これは厚労省が原因です。
研修医制度なるものが改められて、大学医局の人員分配制度を破壊し、各病院に研修医が直接就職することになったのですが、これそのものは一般企業と同じ形式で、問題がないように思えます。
ところが、今までン十年も医局制度のもと、医者を各病院にバランス良く配置するということを急にぶっ壊してしまったため、研修医の配分に極端な偏りがでてしまいました。
A総合病院では研修医が10人いてるのに、F市民病院では一番下っ端が10年目の医者とか、そんな感じです。
基本的に研修医の時(=若くて体力のある時)にがしがし働いて経験を積むものなのですが、その研修医が自分の病院以外には働きに行けない、すなわちバイトの当直に行けない、という状態がここに加わってきたため、下っ端が10年目のF市民病院ではもともと高齢化(部長クラスだと60歳なんてざら)が進んでいるため、下っ端が当直しまくるということになります。
ここで言う当直とはいわゆる夜勤と同義ですが、問題はその勤務時間です。
医者が、「今日は当直でして…」と言った場合、その勤務時間は、「当日昼間+当日夜間+翌日昼間」ということになり、最小で32時間(24時間+8時間)になります。
勿論、病院によって仮眠を出来る所はありますが、「仮眠?なにそれ?食えるの?」という感じの救急病院もあり、場合によっては㌧でもない時間を不眠で働かねばならないこともあります。
こんな状態が続けば、いくらリゲイン(R)を飲んでも24時間働けないようになるわけでして。
…そもそもリゲインを飲んでも24時間までしか働けないようになってるのでは?というツッコミはさておき、そうやって疲弊していくといずれかの時点で、「医療事故→訴訟キタコレ」になるか、「もう疲れたよパトラッシュ」になるか、どちらかになるのは明白です。
当直明けで医療をさせるということは、徹夜で車の運転をさせてその後昼間も運転させるということに等しいのです。最近ようやく、運転手さんの方はこの問題に対して光が当てられるようになりましたが、医者は相変わらず放置プレイ続行中です。
現厚労相の舛添要一氏が「なんとかする」とおっしゃっていますが、まぁ厚労省の官僚どもは、自分が病気になっても市井病院には入院しないもんですから、お構いなしですね。早く改善して欲しいものです。

もう一つは患者側の問題です。
ぶっちゃけ夜中に意味なく来るとか多すぎです。
何ヶ月も前から痛みがあって変わらないのに、夜中の二時に救急車で来て入院させろとか…どうなんでしょうかね。勿論、何らかの医学的治療の必要があれば入院してもらうのですが、そういう人はごく少数です。
ひどいのになると、「夕方酒に酔って転んでから手が痛い、救急車で行く」と夜中の三時に問い合わせがあったり。しかも来てみたらべろんべろんに酔っていて、かつ痛いという手首は腫れてもおらず、良く動かしているという有様。救急車を使ってる時点で犯罪ですわ。
実際、言い方は悪いですが、急いで病院に行かなくてもいい人が救急車を呼んだために、熱性痙攣で呼吸が出来なくなった子供さんの所へ救急車が行けなかったために処置が遅れ、障害が残ってしまったケース等がありますが、殆どマスゴミは取り上げない状態です。人権に差は無いとはいえ、「(救急車を呼ぶなんて)これはひどい」というケースは、個人的な体感では夜間救急のうち約3割ほどを占めます。
救急車を呼ばなくても、夜中に病院まで来て、「数日前からダルいんですが」「ずっと前から痛かったんですが」とか言うケースが続々です。そんなに前からなら何故ちゃんとした時間内に受診できないのか、と思いますね。

そもそも「救急医療」と「時間外医療」は全く別物です。
「時間外医療」は病院の善意(だけではないですが)でやってるわけでして、検査等が完全に出来るわけではありません。そこで完璧に治療しろとか言われても、どだい無理な話です。中にはカルテを見ると、時間外にしかこない人もいます。これは残念ながら、「患者本人に治す気がない」と判断せざるを得ません。治す気がなければ、治るわけがないのです。これは科が違っても共通して言えることです。医療はあくまで、「専門的サービス業」ですので、患者本人に適切なサービスを受けようという意志がなければ、どないしようもございません。
例えば、レストランで食事をしようとするときには、何を食べたいのかどれだけ食べたいのかで、また価格や見た目で、お店を選びますよね。それと同じようにする必要があるのです。何でもいいから病院に行けば治るという考えは大間違いも甚だしいです。患者の側も、適切な医療を受けようとする意志を持ち、病院が自分と合わなければ、納得のいく医療の出来るところを探すようにする必要があります。

とこのように、患者としても色々考えていただかねばならないのですが、その前提として医者看護師がしっかりしとかんとアカンわけです。ところが厚労省のおかげで医者の人数分配に不均衡が生じ、かつその人数あわせをするのに医学部の定員を増やせば良かろうという安直な考えのおかげで、医療水準は下がるばかり。
医者もしっかりせんとアカンとは言うものの、そもそも「入学できるから医学部に…」というたわけた人間が来る段階で、日本の医療界レベルは推して知るべし、です。

【結論】
病気にならない怪我をしない。
それが今の日本でできる最大の自己防衛です。
不幸にして病気や怪我をした場合は、諦めましょう信用できる病院・医者を見つけましょう。
また普段から評判のいい病院をチェックしておくのは重要です。健康なときに保険をかけますよね?アレと同じように、健康なときに評判のいい病院を調べておくようにしましょう。
また、近所の開業医でも腕のいい医者はいてますので、病院・医院の大小に関わらず調べるのが吉です。

…たまに社会的なことを書くと疲れるのは中の人の仕様です。
そういう高級なことに脳を使えなくなってきているという…もうだめぽorz

そして本日明日と当直ですが…やっぱ過剰労働ですよねぇ…。
日曜朝9時から火曜夕方19時頃まで、およそ56~58時間くらいか。

(;゚д゚) …。

2007年10月27日

EVE Onlineの紹介記事など

という訳で、広めてみるテスツ。
ハードなSF好きなら、多分ハマるはず。
具体的に言うと、TRPGで「トラベラー」やったことのある人なんか…(・∀・)/イイ!かと思われ。

10/17のGameWatchの記事

年末にDirectX10対応のクライアントが出るのですが、今からGeForce8000番台に乗り換えておくかどうか、激しく悩んでおります…。
それでなくてもメインPCの調子が微妙に悪いので(3DゲームとSkypeの相性が悪すぎ)、勇気が出ませぬ…。
まぁ換えるとしたらGeForce8600GTX↑にはなりますが。
…あとは資金繰りか…orz

それにしてもEVEの方は、最近まとまった時間がないので、何にも伸展しておりません。
まぁスキルは黙ってても成長しますので、微妙な感じではありますが…。

EVE Online 公式サイト

2007年10月26日

まぁ見ろマジオヌヌメ

Flashの作品です。

ぶきようだけど

約30分程あるので、おひまな時に見て下さい。

このFlashの制作元のサイト様です。

MACOPISM

美しい画像など、色々クリックしてるだけで和みます。
感謝!
というか、久々に泣いた…。

2007年10月25日

小さな手術と関節鏡

さて、本日は…午前中の外来は取り敢えずスルー…というか新患が殆ど来ないという惨状でしたので…昼からはちっこい粉瘤の切除と、久々の膝関節鏡です。
午前中には巻き爪の抜爪もやってたはずですが、それも参加してないのでスルー。

で、問題の関節鏡ですが、今回は変形性膝関節症の方の、痛みの原因がどこにあるかを確認するために行いました。
…画像は編集に時間がかかる(この時代にVHSで保存しているため(゚д゚;))、割愛。
結局は大腿骨側の内顆荷重部の軟骨が強く損耗していたのと、内側半月も変性断裂でぼろぼろだったのとが原因でした。
もうちょっと変性が進んできたら、TKA(全人工膝関節置換術)かなぁ。
年齢的には一期的にTKAしても良さそうでしたが、Xp上の変化が少ないため、手術適応がないんですよね。
さてどうしたものか…。

2007年10月24日

なんででつかね…

なんか知らんが、ものごっつい疲労感です。
もうちょっと仕事はあるのですが、本日は…おとなしく寝ます…。
何故なんか分かりませんが、ものすごいダルい…というか、力が入らんというか…。

やっぱあっちの方かなぁ。
薬の調整してもらいに行くかなぁ。
ふぅ…。

そうそう、今日のお仕事は結構忙しかったッス。
昼から救急外来をサボって手術場で人工骨頭の手伝いをしたり、それが終わると天罰てきめんで、頚部骨折とか腰痛とか救急搬送が立て続けに来たり、もう何とか汁wwwwww

2007年10月23日

足関節の骨折とか当直とか

先日足関節の抜釘をしたと思ったら、またもや足関節の骨折が^^;
昨日入院された方ですが、こんな感じで内側も外側も骨折しております。
左足関節両顆骨折術前正面
外側はプレートで、内側はワイヤーで固定します。
まずは外側から手術を行いますが、これは外側にある腓骨を先に整復した方が、内側の整復を行いやすいためで、このあたりの骨折では特別な理由がない限り腓骨から先に固定を行います。

で、術後ですが…

左足関節両顆骨折術後正面
外顆の方は思ったより安定していたのと、プレートだと、遠位(足の先端に近い方)の骨片にネジが二本以上入らないおそれがあることと、二つの理由で、上の写真のようにワイヤーで串刺しの仕儀と相成りました。
内顆の方は予定通り鋼線締結法で終了です。
術後はギプスを巻きましたが、さて荷重(体重をかけていくこと)をどの時期にどの程度にするのかが、悩みどころです。

それはそうと、昨日の当直はこれまたひどかったです^^;

・0時に指を切ったと高校生
→料理をしていたのは分かるが、何で0時に&どうみてもバンドエイド(R)で十分ですほんとうに(ry
…時間外受診って、結構高くつくと思うんだが、それでも来たい訳なんやなぁ…。

・2時半に、バイクで事故ったと高校生の救急搬送依頼
→親に連絡が取れないとのことで、ウチでは診ない方針に。
未成年に対して親の同意無く治療した日にゃ、医療訴訟になりかねませんから、これは致し方なしです。
そもそも高校生が夜中にバイクを乗り回している時点で如何なものかという感じですが、そこは華麗にスルー…せなアカンのかねぇ…。やな世の中ですな。

・5時半に、昨日の朝から足が痛いと救急搬送
→え~と、昨日から痛いのに何で今頃救急搬送?とか言わない。
黙って痛み止め一回分だけ出して、午前中にもう一回来なさいと説明しました。
痛みの原因は痛風だそうで、自分で分かってるなら少なくとも夕方に来りゃいいのに…と思いましたがそこは華麗にスr(ry

なんで救急車の基本有料化をしないんですかねぇ。
勿論、本当に重症の方は診察の後で無料化の証明を病院がすればいいわけですし、簡単なことやと思いますけどねぇ。
どないやっちゅうねんorz

2007年10月22日

そして通常業務

ブルーマンデーとは良く言ったものですが、ワタクシの場合ブルーでない日があまりなかったりする訳で^^;
まぁ仕事してる人なら一週間ずーっと真っ青っていう方もいらっしゃるでしょう。

…ワタクシだけですかそうですかorz

しかし通常業務とは言ったものの、全然通常ではありませんでした。
緊急入院二人、そのうち一人を緊急手術しましたよ^^;
ま、厳密には手術ではなく、全身麻酔下での骨折整復術ですが。
もう一人は明日、手術と相成りました。

本日処置させていただきましたのは、4歳のお子様。
すべり台から落っこちたとのことで来院されました。
左前腕骨折術前後
ぼっきりいっちゃってますが、全身麻酔をかけたあとで上手く整復されたので、そのままギプス固定としました。
明日には退院できそうで、ええこっちゃ^^
…ちなみにこの子、ワタクシとちょうど30最違いでした。

オサーンに なったもんだと 感慨し ただ空を見る 秋の夕暮れ (字余り)

(;゜〇゜)一句デケタ。

…このエントリを書いてるのは夜ですが何か?

2007年10月21日

久々ショートコース

しかしダブルボギーペースなのは仕様ですorz
パットの方向性ががががががががが…何とかしないと…。
って、試験勉強もあるしΣ(゜Д゜;≡;゜д゜)どないすんねんな。

まぁ…試験勉強…せんとアカンのですが、そこはそれ。
一応頑張ってはいるのですが、いかんせん当直が…。
でも今週は、取り敢えず月曜に当直で、その次は日曜と月曜…って連直かよ(;゚д゚)ォィ

2007年10月20日

(( ;゚д゚))アワワワワな出来事

昨日の夜、近所で猫が鳴いてたんですよ。
やたらと近いから、車庫あたりで鳴いてるんかいな~とは思っていましたが、まぁそれ程気にすることはなく寝てしまいました。
で、本日。
普通に朝ご飯をいただいて、さて出勤。
車を運転しているとどこからとなく

にゃ~…

はて、空耳かはたまた近所の猫か。
取り敢えず窓を開けてみ…

にゃ~

って…窓を開けても閉めても聞こえるし、そもそも車が走ってるのに聞こえるって…まさか…

にゃ~!

ちょ、恐ろしいんですが!

ついにこの車に何かの呪いが(;゚д゚)?!

かなりオソロシスな状況でしたが、鳴き声はどうも運転席から見て左前方、助手席の前あたりから聞こえてくる様子。
あまりの恐ろしさにちびりそうになったため一旦路肩に車を止め、おそるおそるボンネットを開けてみることに。

にゃ~…

確かにボンネットの中から聞こえております。
ちなみに車の下には、特に何かが滴っているというような、恐ろしい状況はありませんでした。

思い切ってボンネットおぺん。
ガシャ。

うにゃ~

…そこで見たものとは!(火曜サスペンス劇場のテーマでもかけておいて下さい。)

なななんと、

ちっこい三毛猫一匹。


言うとくけどメッチャびびりますた。
もしエンジンの駆動部に巻き込まれてたりしたら…それでなくてもエンジンルームから落ちたら、どえらいことに…(((;゚д゚)))ガクガクブルブル
まぁ何事もなく(?)、いっちょ前に「フーッ」とか言って背中の毛を逆立ててましたが、そんなもんは知りません。
ソッコーつまみageて、車を停めた場所の近くにあった小学校の敷地内に、えいやっとばかりに押し込んできましたサーセンwwwwww
…病院に連れて行くわけにもいかんしね^^;

あまりの衝撃に写真を撮り忘れましたが仕様ですm(_ _)m

2007年10月19日

う~ん…

さすがに、先週からの一連の当直…木・土・月・木と一週間で四回…は、とてもダルすぎで、まだ昼なのに、はや帰りたい気分でいっぱいでごわすwwwww

はぁ…orz

Tu-Ka、朝から雨ってどうよ?
じめじめして鬱陶しいことこの上ないでホンマ。
当直は当直で、夜は二時まで起きてたけど朝四時に起こされて訳の分からんツッコミを入れさせられたし、もうね(´・ω・`)
…貧血の患者さんがいてまして、何やら耳の奥で砂が流れてるような音がするんですけど、耳鳴りとは絶対違うんです!とか曰っていると、看護師さんから疲れた声で電話がありました。
そら疲れる罠。
仕方ないから病室に行って患者さんにひとこと。
「人はそれを耳鳴りと呼ぶのです」で、糸冬 了..._〆(゚▽゚*)
なんやねんwwwwwww
疲れますわwwwwwww

orz

2007年10月18日

バネ指バネ指THA

とはいっても午前中のバネ指二件はスルーです。
ワタクシ外来ですので…。
で、昼からのTHAは、いつものように…。
右変形性股関節症術前正面
関節の隙間が無くなって、直接骨と骨が接触して、ごりごりしている状態です。
そんでもって人工関節ドン。
THA術後両股正面
上手くいきました^^

そしてお約束の当直orz
今日は…取り敢えず回復のために寝てやる…。

呼ばれなければ、ですが^^;

どっちみち、当直室なんぞでは熟睡は出来ませんがね…。
一時間毎に目が覚めてしまいます。
二時間連続で寝られたら御の字ですなぁ…。
まぁ熟睡してて起きないのも問題はありますが^^^^^^;;;;;;

2007年10月17日

フォントサイズ

字が小さくて見づらかったので気にはなっておりましたが、この度フォントを大きくしますた(`・ω・´)!

…cssファイルをいじっただけですが…orz
B型肝炎ワクチンのせいで、ダルくてこれくらいしかできませんでしたorz
ほんとはもうちょっと色々いじりたい気持ちはあるのですが…
orz
 orz
  orz
   orz
    orz

2007年10月16日

抜釘と指の骨折

約半年前に手術した方の抜釘が、午前中に入ってました。
足関節の針金を、ちょいちょいと…。
術前はこんな感じで、しっかりくっついております。
左足関節抜釘術前正面
これを
左足関節抜釘術後正面
さくっと。

昼からは指の骨折です。
右小指中手骨酷寒部骨折術前後正面
こんな感じで、鋼線を骨髄内に通して固定しました。
結構バラバラの状態だったのですが、上手くまとまりました。
本日はこれにて糸冬 了..._〆(゚▽゚*)
ただし、二件目の指の骨折が、意外と長くかかったのは内緒。

…話は変わりますが、昨日のB型肝炎ワクチンのせいで、ものごっついダルいんですが^^^^^^;;;;;;
何とか汁^^^^^;;;;;;

2007年10月15日

三飛び直最終日

え~、飛び石当直(略して飛び直)の最終日…。
まぁ…木曜も当直ですけどね…。
ふぅ…。
しかし、微妙に弱ってるこの状況に、とどめを刺すような出来事が!

…B型肝炎ワクチンの予防注射…。

①筋肉注射というだけでも痛いのに
②注射後数日間、すさまじい倦怠感がががががががorz
免疫反応で抗体が作られるためには仕方がないとはいえ、あまりにも酷い仕打ちでござりまするがな。
これで当直もしろとか、もうね(´・ω・`)。

鏡を見たら、目の下に

(・(ェ)・)クマー

が出来てて、びびりますた。
あ、写真は見苦しいのでパスね。

(゚∀゚;)アヒャ

2007年10月14日

当直明けましたが明日も当直orz

「寝るわ」と昨日書いたものの、寝られるわけもなくorz
21:00頃から立て続けに、患者さんの下血が止まらんので輸血の注文といざという時の説明を家族にしていたのに加え、血糖値が下がりすぎの患者さんも出たので、大わらわ。
…なんか当直日誌状態ですが^^;

最近ゲームもあまりやってないし、勉強もせなあかんし、内容の無いような記事ばっかりで…orz
こうやって、見ろゴミのようなデータが増えていくぞオオオォォォォォォォ状態なのですね(意味不明)。

2007年10月13日

今日も当直

そ~なんです。
今日も当直なんです。
そして月曜も当直なのは内緒。

orz

そしてすっかり忘れてましたが、今日は病院の電気設備の法定点検の日。
病院中停電で、すっかり真っ暗ですwwwwww
こんなんで仕事しろとwwwww
ヒドスwwwwwww
…まぁ15:00~16:30の間だけでしたが。

疲れたので寝るわノ

2007年10月12日

貯血!貯血!

え~本日は人工関節向けに、自己血貯血を二件ばかり。

貯血~貯血~たっぷ~り~貯血~♪

と、キューピーのたらこの歌?に合わせて血を採ります。
リンク先は音が出ます。スピーカやヘッドフォンのボリュームに注意して下さい。

貯血~貯血たっぷり貯血がや~ってく~る~♪

…いや、別に血は来ないんですけどね。

その前に、昨日の当直は…夜中の二時、五時、七時と、中途半端に起こされまくって(;゚д゚)ヴァー…。
頭が痛くて吐きそうです…。
何とか汁!

2007年10月11日

雨の木曜当直

とかナメた事書いてると、メッチャ晴れるわけで。
本日はお日柄も良く、手術も…一件しかないorz
しかも腱鞘切開だけってorz
外科系の人間なのに手術をしないのは、給料泥棒と言われても仕方な…あ、公立病院だからええんか^^;
まぁこんな病院はさっさと潰れるべきでして(ぁ
ちゃんと民間資本経営にして、金勘定のできる病院にしないと、今でこそ黒字ですがそのうち真っ赤っかになって…勿論退職金はもらいますが…倒産しちゃうぞ(ハァト

で、本日も当直ですが、なんで当直室の換えのシーツが無いねん…orz
今日はソファでおやすみですかそうですかorz

32時間労働させる割には、ひどい待遇であります…orz
何とかしてくれ…orz

オマケ

お持ち帰りできます
   /ハ
  ヘ⌒ヽフ
  (  ・ω・)
 {  U Ul
  ヾ.,____,ノ

ワタクシも病院からお持ち帰りして下さいorz

2007年10月10日

特に変わりなし…のハズ

昨日はゴルフスクールは自主休講…って、単に期間の更新申し込みをしなかっただけですが^^;
まぁちくと忙しくなりそうだし、取り敢えずお休みすっか…。
という訳で、本日はノーマルネタで。

朝から外来ですし、昼からも何もない、変哲のない一日だ…と思ってたら、午前中に来ましたよ。
煙が。
「何この煙?どっかでバーベキューs(ry」

火事ですが何か?

…正確にはぼやでしたが。

どこぞのヴォケが、トイレでタバコを吸っていて、その吸い殻を何と床に捨てたらしい。
便器に捨てられても困るのですが、ナイロンのフローリングだったので、火がついて燃え上がったらしいです。
幸い煙が殆どで、大きな炎も上がらず、あまり大騒ぎにならずに済んでたみたいですが…ねぇ^^;
…結局、騒ぎがあってもずっと外来してたけどね…。
逃げ遅れたらどうすんだよwwwwww
という訳で、煙が立ちこめてましたが、院内BBQではないことが分かって一安心してました。

何故安心かって?
そりゃもちろん、

BBQやってるのなら食いに行かねばなるまい。

BBQでもなく、外来も一時前までやってたおかげで、売店には既に何もない状態でした。
昼ごはんは、栗饅頭一個…。

昼飯\(^o^)/オワタ

orz

2007年10月09日

本日は大腿骨頚部骨折でした

本日は、先週の金曜に入院されたの方の手術でした。
両股正面術前
右大腿骨頚部骨折なのですが、来院時のXpではあまりはっきりしません。
まぁ一応この写真で診断はつけられるのですが、万人に分かりやすいように念のためCTも撮影しました。

右股3DCT
こうするとよく分かりますね。
ぱかんと割れていますが、それ程大きくはずれていない様子。
これを例の如く、プレートとスクリューを使って骨接合します。

両股正面術後

がっちり固定できました。

ヽ(´ー`)ノ

…え~と、オチはないです…。

2007年10月08日

ぼうっとしてみる

ええ、今日もお休みですね。
でも今月は臨時に当直が入ったので、思ったより週末が忙しくなりそうです。
なんたるちあ…orz

取り敢えず、明日の手術のイメトレしときます。
目標は40分で…!

2007年10月07日

寿司を食べに行く

といっても、回転寿司ですが。
海鮮三崎港阿倍野ルシアス店(リンクはぐるなび)です。
相方と行ったのですが、取り敢えず美味かったッス^^
ネタもデカく、満腹感が大きすぎです。

という訳で、本日はおやすみなさい…Zzzzzzz

2007年10月06日

穏やかな日(ウソ)

朝の外来は、ゆったりと(ウソ)。
昼からは手術の説明はしっかりと(ホント)。
晩はまったりと(ホント)。
明日の朝からはまたゆったりと(ウソ)。

…あ~ネタがない…orz
こんなにネタがないと、思わずEVE Onlineの課金しちゃうかもしれん…orz

取り敢えず昼ごはん食べてきます(ホント)。
昼ごはんは勿論、豪華な中華料理満貫全席(ウソ)。

…なんか医局にあった、キットカットのちっこいヤツを一袋(ホント)。

2007年10月05日

ヤバイ愚痴

先週一週間お休みでしたので、週二回当直のパターンは、結構キツいよorz

以下愚痴なので、特に読まなくてもいいッスよ^^;
って言うか特定されそうですが…。
特定したらコメント記述ヨロ。

やっぱ、36時間労働とかやめて欲しいよね…まぁちょこっと仮眠は出来るけどさ。
救急病院なら文字通り不眠不休の事もあるからなぁ。
これで事故を起こすなっちゅうほうが無理やねん。連続で36時間起きて車運転しててみ?
普通、事故るでしかし(横山や○し)。
それでも事故無く仕事せぇちゅうんやから、もうほんま無茶苦茶やわ。
休まんと働かせるんやったら事故してもOKにするか、休ませるかどっちかにしろと。

それと○○○市役所、給料上げれ。人外の労働させといて、手取り30万↓は無いやろう…。
市長も市長や。建て替えせんとか言うてるけど、地震で病院潰れたらどないしてくれんねん。築50年経ってるんやでこの建物。ふざけんなっちゅうねん。
このボロい状態を維持するんやっちゅうんなら、オノレが病気になったときに絶対ここの病院に入院しろよ市長。
絶対だぞ?おじちゃんと約束だぞ(#゚Д゚) ゴルァ!!
骨折でもしたら、ちゃ~んと治してやっからねwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

2007年10月04日

手術中盛り

本日は午前中に足関節の剥離骨折が一件。
これはワタクシが外来中ですので、レントゲンはスルーで。
午後からは腰椎の狭窄症に対して、開窓+椎弓切除ですが、これのレントゲンはわかりにくいためスルー。
麻酔と助手はしっかりやりましたよ?

あとは当直中に変なことが起こらないことを祈るばかり。
ふぅ…。

2007年10月03日

そういえばネトゲ

改めて気がつきましたが、RO2のopenβって、終わってたんやなぁ…。
全然やってなかったよw
そろそろ正式サービスで暴れてる厨房もいてるんやろかいなと、公式HP見てみると…
新生ラグナロク~
とか調子のいいこと書いてんねんけど、その横の方に…
延期ってw

正式サービス延期wwww

これはwwwww
さすがにぼったくりの癌呆でも、あの出来で課金をさせることに躊躇しましたかwwwww
βテスターを始め、ゲーム紹介誌等でもクソゲーの名前をほしいままにしましたからなぁ…。
あれほど期待させておいて(制作四年、購入費60億円だそうだ)、あの出来ですからwwwww
取り敢えずopenβの段階で、クエすらバグで進められんというのはどうしようもないレベルですよwwwww
closedβから全然変わってないッスwwwwww
まぁ当然ですなwwwwwwwwwwwwwwwwwww

と必死になって芝生をはやしてしまいましたが、もう一つデカいネタが来ましたよ。
三國志オンラインもプレオープンとかやってるのですが、これがまたぼったくりでして…。

初回費用:4500円
次から1500円/月

勿論、金額に見合う質があれば、決して高くはないと思うのです。
だが!取り敢えずopenβやってみましたが、あのもっさり感は筆舌に尽くしがたいですwwwwww
完美でいうと、ゴールデンタイムの祖龍西、ROでいうと最盛期のプロ十字路付近&Gv砦内といった感じのもっさり感が、初期村から過疎地区まで全ての地域で見られます。
どれだけ重いグラやねんwwwwww
空は完美やRO2の方がええ感じやでwwwwwww
あれでクライアント代まで取るのは、マジぼったくりでございますほんとうにありがとうございました。

そういやEVE Onlineも、初期費用は19.95㌦で、次から14.95㌦だったような気がしますが、あのクライアントには金を出してもいいでしょう。
グラもヨシ、比較的低スペックのPCでもグリグリ動くし。
GeForce7000台なら、ストレスフリーですもの。
しかも長期課金者のために、一年課金とかあるし(月額で3㌦ほどお得)、何かこう、ユーザーの魂をがっちりととらえて放さない、そういった姿勢が見て取れます。
勿論、不正の噂もちらほら聞こえてきますが、癌呆ほどではないしなぁ…。

…勉強もあるし、EVE Onlineの課金、マジで悩んでますorz

2007年10月02日

手術大盛り?

え~、ワタクシのお休み中、全然手術をしていなかったそうなので、何やらてんこ盛りとはいかないまでも、三件も入っております。

orz

その1:左足関節内顆骨折
左足関節内顆骨折術前正面
正面から見ても分かりにくい骨折ですが、斜位で見るとあら不思議。
左足関節内顆骨折術前斜位
はっきりと折れちゃってます。
これを鋼線で締結する方法で…。
左足関節内顆骨折術後正面
こんな感じで。

午前中はひとまずこれで一段落です。

その2:左膝全人工膝関節置換術(TKA)
左変形性膝関節症術前正側面
おなじみ人工関節シリーズ。
こちらは執刀医ではありませんが、いつものように硬膜外麻酔→全身麻酔。
左TKA術後正側面
かなりsmoothに手術が進みました^^
部長曰く、100点の出来だそうです。
これくらいばっちり手術できるようになれたらいい出すなぁ…頑張ろう><

その3:左橈骨骨幹部骨折
交通事故の高校生。
ノーヘルでバイク、って言うたら悪いけど自業自得…ってつっこんだらあかんのか…。
左橈骨骨幹部骨折術前正側面
これを金属のプレートとネジで固定します。
左橈骨骨幹部骨折術後正側面
こんな感じ。
きちっと戻ってよろしかろう。

ちなみにこやつ、入院初日に女を病室のベッドに連れ込んでいたという輩。
やることやってたらしばくとこですが…。

一件目と三件目が執刀、三件とも麻酔医がワタクシ…。
疲れるわorz

2007年10月01日

通常業務再開

何だか色々あったお休み期間でしたが、無論ごたごたは続いてるわけでして。
それでも通常業務はやってきますorz

…宝くじの一等前後賞でも当たらんもんかなぁ…買ってないけど…。

と、虫のいいことを考えても全然解決にならないので仕事仕事、と。
そういや知らん間に10月になってるし、まぁ早いもんですわ…。

などと思っていると、足をねんざしたという人が一時間後に来ますと。

…一時間後????
なんで????
今すぐでなくてもいいのなら、明日の朝来りゃええのに…。
救急診療と時間外診療を区別してもらわなあかんねんけど、厚生労働省の教育が全く行われていないためか、大阪南部は無法地帯でございます。
もうだめぽorz