夜を駆け抜けろ! Entry : 救急病院で24時間労働・初

« 台風ですな… | MainPage | 救急病院で24時間労働・続 »


救急病院で24時間労働・初

という訳で労働基準法違反キタコレ。
09:00~09:00なのですが、まるっきり法律違反ですなw
台風は大阪を華麗にスルーしたようですし(太平洋側在住の方々頑張って!)、まぁぼちぼち当直でもするかねぇ…。

で、朝からの症例報告を簡単にしてみますと、こんな感じになってます。
・右アキレス腱断裂
 →昨日の晩の怪我。ダッシュしようとしてブチッとなったとのこと。
  松葉杖と副木固定処置をして、火曜に手術について説明予定。
・右中指可能性関節炎
 →外来通院処置中で、創処置と抗生剤点滴で終了。
・左足痛風発作
 →近医で診てもらっているとのことで、取り敢えず消炎鎮痛剤処方。
・右下腿打撲裂創
 →昨日縫合されているので、創処置のみ。
  いわゆる弁慶の泣き所ですので、痛いでしょう…。
・両変形性膝関節症(QQ搬送)
 →関節水腫があったため、関節穿刺と関節注射をして、
  消炎鎮痛剤処方。
  平日になったら近所のかかりつけ医へ行くように説明しました。
・右中手骨骨折
 →昨夜机を殴ったらすぃ。ワカイッテイイワネ。
  副木固定を行い、火曜に手術について説明予定。
  自業自得というのはかわいそうかな。
・左石灰沈着性肩関節周囲炎
 →消炎鎮痛剤処方。急性発症の五十肩です。取り敢えず三角巾固定も。
  肩関節付近に石灰化があり、そこで強い炎症が起こっているよう
  でした。これはつらい…。
・左膝関節捻挫、内側側副靭帯損傷疑い
 →ハンドボールの着地時に膝を捻ったとのこと。
  直後から自力歩行不可でしたが、幸い骨折はなさそうでしたので、
  松葉杖貸し出しすれば帰れそうでした。
  ただ、家が遠いので、後日近医でMRI検査してもらえるように紹介状を
  書き、持参させるようにしました。
・左膝関節打撲
 →サッカーでぶつかったと来院。明らかな骨折はなさそうでしたが、
  打撲部の血腫もあり、消炎鎮痛剤を処方して経過観察になりました。
・右手関節刺創
 →大工さんで、木の板を止めるデカいホッチキスがどっすり。
  レントゲンで骨に刺さっていないことを確認の上、引っこ抜きました。
  もともと汚れのないモノが刺さっているので、内服の抗生剤を処方
  して、ご近所の病院宛に紹介状を書き書き。
・前胸部打撲
 →昨日の晩に喧嘩したそうな。
  北斗百裂拳を食らわなくて良かったッスね^^;
  湿布で様子見。

この時点で13時半。
昼ごはんは出前のCoCo壱番屋カレーだぜ!
…でも写真撮り忘れたよorz

気を取り直して再開。
・腰痛
 →日本語英語が全く通じない方で通訳もなく、とにかく注射をして欲しい
  とのこと。でも様々な病気の鑑別が出来る状態ではないため、
  ブロックは不可能で近医で処方された内服薬を飲んで安静にするよう
  説明しました。
  腰痛って、結構いろんな病気が隠れてるので、救急外来では安易な
  痛み止めの注射はしない方針なのです。まっこと申し訳ないですが…。
・腰痛
 →痛みの場所が偏ってたので、念のために内科Drにも診てもらいまし
  たが、問題なしとのことでした。
  ひとまずはギックリ腰として座薬で様子を見ることになりましたが、
  痛みがひどくなるようならCT撮影も考えないとアカンかなと。
  取り敢えず一旦帰宅となりました。
・右母指打撲挫創
 →車のドアに指を挟んだということで、念のためにレントゲン撮影。
  骨折はなさそうなので、そのまま様子見になりました。
・腰痛
 →この辺になるともうね(´・ω・`)という感じ。
  取り敢えず消炎鎮痛剤処方…。

この段階で18時を越えておりますが、まだまだ途切れません。

・右母指捻挫、骨折疑い
 →もしかしたら若木骨折かもしれない子供さん。
  取り敢えずは消炎鎮痛剤とアイシングで対応してもらいましょう。
  休み明けに近所の整形外科へ行くように、紹介状を書きました。
・左上腕骨顆上骨折
 →子供ちゃんの骨折でしたが、今回はほとんどずれておらず、徒手整復
  だけでいけそうでした。
  この子も家が遠いので、紹介状を書いて休み明けにギプスを巻き直し
  てもらえるようにしました。
・右小指中手骨骨折
 →車のドアで挟んであぼ~ん。
  でもズレはなかったので、そのままシーネ固定にしました。
・左膝打撲挫創
 →骨折はなかったのですが、皮膚周囲の炎症が強く、抗生剤を処方して
  以後の治療は近医でやってもらうよう紹介状…。
・左石灰沈着性肩関節周囲炎
 →消炎鎮痛剤。
・右橈骨遠位端骨折
 →これもズレがほとんど無かったのと、比較的高齢(80歳)だったので、
  ギプスで固定してしまいました。近医へ紹介状書き書き。
・腰部打撲
 →孫にぶつかられたばあちゃん。なんだかなぁ…。
・左肩関節周囲炎
 →同じのばっかり来てます。消炎鎮痛剤処方で終わり。
・右足関節外側側副靭帯損傷
 →シーネ固定の上、両松葉杖歩行させて近医へ紹介状。
  骨折がなかったのが幸いです。

さて…まだまだ21時でありますorz
勿論途切れる気配なんて、カケラもありません。

・左肩鎖関節脱臼
 →脱臼とは言っても、一番軽度のものでした。
  三角巾固定で経過観察で良いと考え、これも近医へ紹介状…。
・腰部捻挫
 →座っていて立つときにギクッとしたと言うからてっきりギックリ腰だと
  思ってたのに、蓋を開けてみれば普通に歩いてるしorz
  消炎鎮痛剤処方で様子見…。
・左肩関節脱臼骨折
 →酔っぱらって自転車で転けて受傷、救急搬送。
  点滴しつつ麻酔をかけて、えいやっと徒手整復しました。
  整復できているのを確認してからバンドで固定し、近医へ紹介状を一通
  書いて終了。
  麻酔をかけたため、結構時間を食いました。
・右肘内障
 →お子様が車のシートベルトで遊んでいて、腕に絡まって引っ張られた
  際に、橈骨頭(肘関節の一部分)にある輪状靭帯が亜脱臼したもの
  です。レントゲンで骨折がないことを確認してから、徒手整復。
  回復すれば放置プレイでおkなので、骨折さえなければ簡単です。
・右膝関節水腫
 →数日前に関節鏡手術を受けた患者さんが、気になるからということで
  救急搬送。…気になるくらいなら、自力で来いと思いましたが^^;
  当然レントゲンを撮っても何も出るはずはなく、お帰り願いました。
  術後だから腫れてるのは当たり前だのクラッカーです(古)。
  でもまぁ、分からんだろうから仕方ないなぁという気はあるけど…
  やっぱり救急車を使うのは納得いかんわ…。

この時点で日付が変わってしまっていました><
明日に続くぜよ。


≪Trackback≫

このエントリーのトラックバックURL:





コメントを投稿