夜を駆け抜けろ! Entry : ゴルフスクール3の⑧

« 抜釘と完美は…? | MainPage | ちょ… »


ゴルフスクール3の⑧

恒例一日ずらしのゴルフスクールですが、今回で第三期も糸冬了。
早いものですorz
先週は花粉症?のせいで一回飛ばしましたが、第三期の〆ということで、まんべんなく見てもらいました。

まぁぼちぼちいけるようにはなってきてます。
少しはまともに当たるようにはなりました。
アイアンは番手通りにちゃんと飛ぶ…事もあります^^^^^^;;;;;;
ワタクシの場合、6Iを基準で考えてます。
6I = 150Yでだいたいいけるのですが、恐ろしいことに各番手ごとに10Y刻みで飛んでくれます。
その他、1W~ウェッジまでの各飛距離は、およそ下のようになってます。

1W = 250~270Y
4W(ロフト18°) = 200~220Y
3I = 180Y
4I = 170Y
5I = 160Y
6I = 150Y
7I = 140Y
8I = 130Y
9I = 120Y
PW = 110Y
AW(ロフト52°) = 90~100Y
SW(ロフト56°) = 60~80Y
LW(ロフト60°) = 40~60Y
勿論、ウェッジはこの距離よりも短い範囲でのショットを想定してますが、最大かつ平均的な飛距離ということで…。

これはまぁ、クラブの性能でしょうね^^
決して自分の腕ではないです^^;
ああ、あと、『長いクラブほど意識してゆっくり振る』のが良いみたいです。
3Iを見てもらったときに、やはり振り急いでるとのことでした。
思ったよりもしっかりと『間』を取って振る、というのが、長得物のコツのようです。
ただ、クラブとその人のスイングによって、『間』は微妙に変わってくるので、それは各人が体で覚えていくべき事だそうです。
ほむほむ…。

しかし問題は、ood shotしたときとそうでないときに、差がありすぎることです。
例えば件の6Iですが、good shotしたときは180Yくらい飛んでるんですよね…。
これは困った。
こうなったら、全部good shotになるよう頑張るしかないか…!
あとは相変わらずドライバーがややスライスになることですが、これもちゃんと直していかないとね。
ドローをかけて、目指せ飛距離300Y!

…イケたらネ申。


≪Trackback≫

このエントリーのトラックバックURL:





コメントを投稿