夜を駆け抜けろ! Entry : お疲れ様な話~医療崩壊中~

« 本日も手関節でした | MainPage | 早春の一日 »


お疲れ様な話~医療崩壊中~

昨日、当直中にニュースなどで話題になってたので、取り上げてみましょう。
久々に真面目なネタですが、ご容赦を。

記事ですが、リンク切れたら嫌なので、まるっとコピペしますた。
産経新聞が元ネタで、禿ニュースのモノをコピペしてます。
赤字や字のサイズはワタクシが改変しております。
ただし本文はそのまんまです。

ICU医師全員退職へ

国循センター 執刀との分業困難


3月1日8時0分配信 産経新聞

 国立循環器病センター(大阪府吹田市)で、外科系集中治療室(ICU)の専属医師5人全員が、3月末で同時退職することが28日、分かった。同センターは国内で実施された心臓移植の半数を手掛けるなど循環器病治療の国内最高峰で、ICUは心臓血管外科手術後の患者の術後管理・集中治療を受け持ち、診療成績を下支えしてきた。同センターはICU態勢の見直しを検討している。

 同センターによると、ICUには5人の専門医が所属。所属長の医長を含む2人のベテラン医師が辞職を表明したのをきっかけに、指導を仰げなくなる部下の3人の医師も辞職を決めたという。

 ベテラン医師2人は辞職の理由を「心身ともに疲れ切った」と説明しているという。

 同センターのICUが対象とするのは、先天性心疾患や冠動脈・弁疾患、心臓移植、大血管疾患などさまざまな心臓血管外科系の難病患者。成人だけでなく小児も対象とし、外科手術後の患者の最も危険な時期の全身管理や集中治療を24時間態勢で行ってきた。

 ICUの入院病床は20床で、年間1100症例を超える重篤な患者を受け入れ、常に患者の容体の急変に備え、緊張を強いられる環境にあった。

 同センターは、5人に残るよう慰留を続けているが、辞職の決意は固いという。

 このため4月以降は、他部署からICUの専属要員を確保するものの、ICUでの患者の超急性期管理・集中治療は、執刀した外科チームが責任を持って行う態勢にすることを検討している。

 同センター運営局は「特にベテラン2人に代わる人材はおらず、これまでのように執刀チームとICUの分業ができなくなる。しかし、手術件数を減らしたりICUでの管理が不十分になるなど患者に影響を与えるようなことはない」と話している。
こちらは東京新聞の記事より抜粋。
ICUの医師集団で退職

 国立循環器病センター


 大阪府吹田市の国立循環器病センターで、集中治療室(ICU)の専属医師7人のうち5人が3月末に退職することが1日、分かった。

 センターによると、ICUは20床。心臓移植など心臓血管外科手術を受けた患者の術後管理などを担当している。4月以降は専属医師を補充せず、執刀した外科チームが術後管理も担当するなどして対応する。センターは退職の理由を明らかにしていない。

 佃龍庶務課長は「診療機能の低下はなく、患者への影響はない」と話している。

 センターによると、所属長の医長を含む30-40代の男女5人が退職を表明。センター側は慰留を続けたが意志が固く受け入れたという。

 国立循環器病センターは1977年に設立。心臓移植など循環器病治療の先進病院で、ICUでは重篤な患者を年間1000人以上受け入れている。
(共同)

( ゚д゚)ポカーン
ツッコミどころ満載ですが…。
産科小児科が崩壊した今、いよいよ内科外科にまで完全崩壊がきましたね。
まぁ…だいぶ前から崩壊は進んできたので、関係者にとっては「ああ、そう」って状態ですけどね…。

では、記事に関してちょっといじってみましょう。

見どころ・ツッコミどころ

1.ICU所属の医師5人全員が辞職って…
指導医二人が「疲れた」ということですが、これは当然でしょう。
24時間管理の必要な重症例を、年間1100例以上診ていたとのことですし、それら全てに対する最終的な責任を、管理者は負っているわけです。
単純計算で、5人で1000例=年間200例/人です。
重症患者でも、一日でICUから出られると仮定しても、年間200日はほぼ泊まり込み状態ですよ。
しかもそれで何かあったら(自分が手術してなくても)、管理してる人の責任=即訴訟という状態に怯えながら…。
また下っ端の3人も、「指導を受けられなくなる」と言って辞めるのは当然でしょう。
ヘタに残って全責任と、人数減した分の管理を任されるとなると、先手を打たねば自分の身がヤバイですし。
5人が3人に減ったとして、これも単純計算で、200例/人 × 5/3 ≒ 333例/人。

絶対無理w

こんな数をICU管理してたら、先に医者が参ってしまうし、何より患者さんがかわいそうですわ。
医療ミスを誘発するようなもんです。

これを受けた某巨大掲示板では、以下のようなご意見が続々と出ております。

109 名前: U-名無しさん [sage] 投稿日: 2007/03/01(木) 20:19:36 ID:PPmHdKhH0
なんか、もう「がんばらなくていいんだよ…パトラッシュ」って感じだなあ
orz

110 名前: 卵の名無しさん 投稿日: 2007/03/01(木) 20:22:38 ID:wHBRqyp90
お前ら、一言いわせてくれ。

わが生涯に一片の悔い無し。

111 名前: 卵の名無しさん [sage] 投稿日: 2007/03/01(木) 20:27:00 ID:PyUUJ+jp0
5人て
コンビニ以下だな

もはや涙無くしては語れまい…。・゚・(ノД`)・゚・。

2.病院側の対応は…
庶務課長曰く、「診療機能の低下はなく、患者への影響はない」って…。
24時間ICUで術後管理をしてた人間が5人も辞めて、病院機能に影響はないのか…すごいね。

まぁ、病院も良かったじゃないの、要らぬ人件費が削れて。
手術をした心臓血管外科も良かったじゃないの、術後も自分たちできっちりと対応できるようになって。
辞めた人々も良かったじゃないの、熱心でまともな仕事に対して正当な報酬のもらえるところに行ける希望が見えて。
みんな丸く収まって(・∀・)/イイネ!

…人が少なくなったことで影響がないということですから、きっと人手不足による事故なんて、全く起こらない病院なんでしょうね~。
素晴らしい病院です!
さすが国立病院!
ウチみたいなボロい病院とはひと味違うぜ!
時代の最先端を逝っている!
人手が少なくても病院機能には問題なし!
事故もまず起こらないということでしょう!
ミミ彡  ゚̄ ̄' 〈 ゚̄ ̄ .|ミミ彡  正直、感動した!

…医療は受ける方にも選択の権利がありますので、みなさんも心してくだされ。

3.結局のところ…
145 名前: なじゃあちょっと改変して、こんな感じか? [sage] 投稿日: 2007/03/01(木) 23:44:46 ID:GPCgJeih0
以下はあくまでも一般論を想定したフィクションです。現実の出来事とは何の関係もありません。

センター機関と言う恵まれた環境とブランド盲信者のおかげで完全な売り手市場
おかげで執刀医や手術をする連中は、マスコミやコネのある有力者にいいたい放題。ウマー放題。

手術ジャンキーは緊急でも何でもどんどん受けて症例数増やせば、とにかくハッピー
手術結果が多少アレでもブランド力で家族も納得だからチャレンジケースでも無問題。
やるだけやったら、 「後はヨロシク」で シャワーにビール。

サージャン様は心地よい疲労と達成感でまどろみのころ、ICUでは不眠不休の術後管理。
不整脈、出血(ちゃんと止血してから帰って来いよ!PC入れてもFFP入れても止まんねーよぉ)
遷延する心不全との闘い。PCPS LVAD IABP  除細動だ、ペーシングだ、HDだ。 
移植手技なんかは動脈心房縫えりゃ研修医でもできる。問題は術後管理、免疫管理。
またも不眠不休の管理管理管理管理。

ムンテラで 「手術 は 成功しました。」ってか?バカヤロー!

いくらがんばったって、LowOutput、大量輸血下のMOF、感染なんて後からコントロール
にも限度がある。 勝負はオペ室であらかた決まってんだ。術後管理のせいじゃねえよ。
早く抜管してICU退室させなきゃ次のオペができねえってか? ならお前が抜け!抜けるようなオペしろ!

助かったら、手柄感謝はサージャンのもの。 
死んだら「生かして渡したのにお前らが殺した」となじられ、
ICUは所詮パラメディもどきの麻酔屋の仕事と、口には出さねど目が語る。
         /\
        ../  ./| ふざけんなぁぁぬあぁぁぁぁ!!!!!
      ∴\/./
     _, ,_゚∵ |/   サージャンだけでできるもんならやって見やがれ!
   (ノ゚Д゚)ノ    
  /  /        俺らは奴隷じゃねーぞ!

って気になったりするんじゃないかな? などと妄想をたくましくしてみる。

146 名前: 卵の名無しさん 投稿日: 2007/03/01(木) 23:51:14 ID:nHc2cygA0
>145
もらい泣き。リアルすぎ。

。・゚・(ノД`)・゚・。
まぁ国循の心外がどうやったか知らんけど、これに似たような状況ではあるんやろなと思います。
とにかくは、もはや医療崩壊は止められないということ。
それだけは真実です。
あと数年~数十年で、日本での医療は、金持ち限定の贅沢品になるかもしれませんよ。
厚労省に某柳沢みたいな人間がいてる限り、この傾向は改善されないかと…。


≪Trackback≫

このエントリーのトラックバックURL:





コメントを投稿