夜を駆け抜けろ! Entry : まだまだ手術日

« ゴルフスクール3の② | MainPage | ちょwwwおまwww »


まだまだ手術日

とはいっても、たくさんではなくこってりの方でして^^;
1.膝関節内骨折(脛骨、大腿骨両方)→TKA(全人工膝関節置換術)
2.橈骨遠位端骨折→創外固定+ORIF

しかも本日は久々の木曜当直です。
術後さえ安定していれば夜中は安泰なハズ…。
(´ー`)y~~~ フゥー
ようやく落ち着いたような希ガス。
とは言っても、これからさらに病棟を見てから、横になれるかどうかってトコかな。
…晩ご飯は当然の如く抜きなので、横になっても寝られるかどうか^^^^^^;;;;;;

1.膝関節内骨折
・術前Xp
左膝関節内骨折術前正側面

これを人工関節にしてしまうには、いくつか理由があります。
もともとリウマチの方で、比較的骨の状態が良くないこと。
関節面の骨折の影響が脛骨の内側コンパートメント(プラトー部)だけではなく、大腿骨側にまで及んでいること。
これは上Xpの矢印の部分で、脛骨側内側関節面と大腿骨側関節面の両方に陥没が見られるため、単純な骨折の手術では対応できないこと。
そもそも骨折してから3ヵ月以上経っていること。
年齢的(82歳)に人工関節にしても大丈夫と考えられること。
このようなことにより、TKAとなりました。

・術中写真
術中写真モザイク
モザイクというよりスリガラスですが、関節面を生でよく見たいという奇特な方は、写真をクリックすればモノホン画像を見ることが出来ます。
ただし、グロに弱い方はお気を付けあそばせ。
気分が悪くなっても、当方は責任を持てませんので…。
ちなみに術中写真では、大腿骨側の関節面が、かなり陥没している様子をうかがうことが出来ます。
この状態で、かなり痛いはずなのに…我慢してたんだねぇ…。

・術後Xp
左膝全人工膝関節置換術術後正側面
今回はリウマチ患者さんのため、大腿骨側と脛骨側の両方共に骨セメントを使い、人工関節を強固に固定しました。
きっちり入って満足満足。
これだと来週には歩く練習を始められそうです^^


2.橈骨遠位端骨折
・術前Xp
右橈骨遠位端骨折術前正側面

粉砕の程度も強く、Volar Barton骨折ではありますが、背側の骨皮質も割れており、基本的には単純にプレート固定しただけでは安定しません。
このため、創外固定を併用することが多いのですが…

・術後Xp
右橈骨遠位端骨折術後正側面
意外と素直に整復位に戻った&Capandi法(背側からK-wireで骨片を固定する方法の一種)により骨片が比較的安定したため、創外固定は無しになりました。
尺骨茎状突起は、年齢的にもまぁそのままでいいでしょうということで、そのまま安定することを期待。
術後はギプスを巻いて終了…。

創外固定は来週01/30までお預けになりますた(´・ω・`)
来週は手関節三連発だ!
しかも全て全身麻酔だ!
今から疲れるZEEEEEEEEEEEE!
orz


≪Trackback≫

このエントリーのトラックバックURL:





コメントを投稿