夜を駆け抜けろ! Entry : 飛直之間

« 飛直之壱 | MainPage | 飛直之弐 »


飛直之間

当直の終わりに(AM6:30頃)、終末期の人が亡くなったので、死亡確認とお見送りをしてきました。

いつも思うのですが、人は死んだらどこへ行くんでしょう。

肉体は焼かれたり埋められたりして、分子に還元してしまいますし、精神活動の結果も文章などで残ります。

では精神そのものは?

「自分」という存在はいったいどこから来て、どこへ行くのか?

誰かの死を見るたびに、自分もいずれは向こうへ行くんだけど、

どこへ行くことになるのか?という不安におそわれます。

…まぁ何れにしても、こんな罰当たりな仕事をしてる身では、どうなっても文句は言えませんが^^;

せめて向こうへ先に行った人々に、「まぁようやったな、ゆっくりし~や」と言われるように、

今を一生懸命生きて行けたらいいな、と思います。


≪Trackback≫

このエントリーのトラックバックURL:





コメントを投稿